メインメニューを開く

万里小路家(までのこうじけ)は、名家家格を有する公家藤原北家勧修寺流の支流。参議吉田資経の四男資通を家祖とし、鎌倉時代中期に始まる。家祖資通がその邸宅地を冠して万里小路と称されてから、子孫代々これを家名とした。

万里小路家
家紋
たけにすずめ
竹に雀
本姓 藤原北家勧修寺流支流
家祖 万里小路資通
種別 公家名家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 万里小路宣房
万里小路藤房
万里小路時房
万里小路栄子
万里小路充房
万里小路博房
支流、分家 万里小路家(分家)
(華族(男爵))
凡例 / Category:日本の氏族


目次


概要編集

家業は儒学・文筆・有職故実江戸時代家禄は3909斗余。旧家・内々。近衛家家礼明治維新後は伯爵。菩提所は伏見松林院

家祖資通建長2年(1250年)父資経から所領・記録類を分与されたが、これは資通が「器量者」であったためといい、一家を興した事情が知られる。その子宣房後醍醐天皇親政下で重用され、吉田定房北畠親房とともに「後の三房」と称された。藤房季房兄弟も後醍醐に仕え、藤房は建武政権の要職に就いたが、親政の乱脈ぶりに失望して出家したため、季房の子仲房家督を継ぐ。その子嗣房は初め甘露寺家より豊房を迎えて嗣子とするも、時房が生まれると家督をこれに譲らせた。時房は内大臣まで昇り、日記建内記』を残している。その子冬房准大臣に進んだが程なく出家し、嗣子春房もにわかに出家して、万里小路家は一旦断絶した。

ここに同流諸家の公卿が協議し、勧修寺家より賢房を迎えて遺跡を相続させる。賢房は密通が露見して暫く解官され、その間は勧修寺経郷名代として家督を継いだが、賢房が勅免を得て出仕すると、以後2代にわたって天皇と縁戚関係を結び、家運は隆盛を極めた。賢房の女栄子後奈良天皇後宮に入って正親町天皇を生み、同様に秀房の女房子正親町天皇後宮に入って誠仁親王(陽光院)を生んだ。代々武家伝奏議奏などとして朝幕間の調停に努めた者が多く、江戸時代後期の政房尊号一件で伝奏を免職され、幕末正房条約勅許将軍継嗣問題に奔走。博房尊攘派公家として活躍し、その子通房戊辰戦争の軍功によって賞典禄100石を永世下賜され、やがて侍従貴族院議員などを歴任した。明治17年(1884年)7月通房が伯爵を授けられた他、正房の八男正秀分家して男爵を授けられている。

歴代当主編集

  1. 万里小路資通(1225年 - 1306年)
  2. 万里小路宣房(1258年 - 1348年?)
  3. 万里小路藤房(1296年 - ?)
  4. 万里小路季房(? - 1333年)
  5. 万里小路仲房(1323年 - 1388年)
  6. 万里小路嗣房(1341年 - 1401年)
  7. 万里小路時房(1394年 - 1457年)
  8. 万里小路冬房(1423年 - 1475年)
  9. 万里小路賢房(1466年 - 1507年)
  10. 万里小路秀房(1492年 - 1563年)
  11. 万里小路惟房(1513年 - 1573年)
  12. 万里小路輔房(1542年 - 1573年)
  13. 万里小路充房(1562年 - 1626年)
  14. 万里小路孝房(1592年 - 1617年)
  15. 万里小路綱房(1612年 - 1641年)
  16. 万里小路雅房(1634年 - 1679年)
  17. 万里小路淳房(1653年 - 1709年)
  18. 万里小路晴房(1683年 - 1696年)
  19. 万里小路尚房(1682年 - 1724年)
  20. 万里小路稙房(1705年 - 1764年)
  21. 万里小路政房(1729年 - 1801年)
  22. 万里小路文房(1759年 - 1783年)
  23. 万里小路建房(1780年 - 1846年)
  24. 万里小路正房(1802年 - 1859年)
  25. 万里小路博房(1824年 - 1884年)
  26. 万里小路通房(1848年 - 1932年)
  27. 万里小路芳房(1903年 - 1980年)
  28. 万里小路忠房(1930年 - )

系譜編集

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の万里小路家領は以下の通り。(6村・390石9斗7升)

  • 山城国愛宕郡一乗寺村のうち - 50石
  • 山城国葛野郡朱雀村のうち - 30石
  • 山城国乙訓郡下植野村のうち - 50石
  • 山城国乙訓郡今里村のうち - 90石
  • 山城国乙訓郡粟生村のうち - 166石9斗
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 4石7升

参考文献編集

関連項目編集