丈部善理

丈部 善理(はせつかべ の ぜんり、生年不詳 - 延暦8年(789年))は、平安時代前期の武将はなし。位階従七位下外従五位下

経歴編集

陸奥国磐城郡の人[1]。延暦8年(789年)に発生した巣伏の戦いにおいて、別将(小部隊の隊長)として中・後軍を率い衣川を渡河。官軍がアテルイ(阿弖流為)率いる蝦夷の巧みな戦法により不利に陥ってからも果敢に戦うが、敗れ戦死する[2]

延暦10年(791年)には巣伏の戦いにおける功労により、外従五位下の位階を追贈されている[1]

脚注編集

  1. ^ a b 『続日本紀』延暦10年2月5日条
  2. ^ 『続日本紀』延暦8年6月3日条

参考文献編集