三ッ林裕巳

日本の政治家、医師 (1955-)

三ッ林 裕巳(みつばやし ひろみ、1955年昭和30年)9月7日 - )は、日本政治家医師自由民主党所属の衆議院議員(4期)。

三ッ林 裕巳
みつばやし ひろみ
公式肖像写真(2020年公表)
生年月日 (1955-09-07) 1955年9月7日(68歳)
出生地 埼玉県幸手市
出身校 日本大学医学部
前職 内科医
所属政党 自由民主党安倍派→無派閥)
称号 医学博士[1]
親族 祖父:三ッ林幸三(元衆議院議員、元幸手町長)
父:三ッ林弥太郎(元衆議院議員、元科学技術庁長官)
兄:三ッ林隆志(元衆議院議員)

選挙区 埼玉14区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月18日[2] - 現職
テンプレートを表示

内閣府副大臣菅義偉内閣)、厚生労働大臣政務官第3次安倍第1次改造内閣)、衆議院厚生労働委員長、自由民主党副幹事長を歴任。

経歴

編集

埼玉県幸手市生まれ(現住所は同市千塚[3])。三ッ林弥太郎の三男[4]。幸手市立幸手中学校、埼玉県立春日部高等学校を経て、1982年(昭和57年)3月、日本大学医学部卒業。同年6月、日本大学医学部附属板橋病院第2内科(腎臓循環器内科)勤務(1994年3月まで)。1983年(昭和58年)4月、春日部市立病院内科勤務(1984年3月まで)。1988年(昭和63年)4月、志木市立救急市民病院内科勤務(1989年5月まで)[5]

1995年(平成7年)4月、日本歯科大学内科学講座助教授。2008年(平成20年)、日本歯科大学附属病院内科科長。2009年(平成21年)、日本歯科大学附属病院副院長。2011年(平成23年)4月、日本歯科大学生命歯学部内科学講座教授・日本大学医学部臨床教授[5]

2012年(平成24年)12月、第46回衆議院議員総選挙自由民主党から埼玉14区に出馬し、初当選[6]2014年(平成26年)12月、第47回衆議院議員総選挙で再選[7]2015年10月、厚生労働大臣政務官[8]2017年(平成29年)10月、第48回衆議院議員総選挙で3選。2019年9月、自由民主党副幹事長。2020年9月、内閣府副大臣(拉致問題、地方創生、少子化対策、子ども・子育て支援、科学技術イノベーション政策、健康・医療戦略、消費者及び食品安全等を担当)。2021年2月12日より社会的な孤独・孤立の問題についての担務が追加される)。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で4選。同年11月、自由民主党国会対策副委員長に就任。

2022年10月3日、衆議院厚生労働委員長に就任。

2023年12月12日、自民党5派閥の政治資金パーティーの裏金問題をめぐり、三ッ林が直近5年間で1000万円超の裏金のキックバックを受けた疑いがあることが明らかとなった[9]

政策・主張

編集

内政

編集

経済

編集

健康

編集
  • HPVワクチンの積極的勧奨再開に前向きである[13]
  • 受動喫煙防止を目的に飲食店等の建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に反対。2017年2月15日の厚生労働部会において、「国際基準に進めば本当に正しいのか、日本基準も大事ではないか。あまり禁煙をすすめるのは良くないのではないか」と主張した[14]

部落問題

編集
  • 2013年6月14日に「自由民主党・大ホール」において開催された自由同和会関東ブロック・自由同和会東京都本部『平成25年度大会』に三ッ林は参加し、祝辞を述べた[15]

日本学術会議会員の任命問題

編集

2020年10月7日の衆議院内閣委員会閉会中審査において、日本学術会議の会員候補6名が任命されなかったことをめぐり、論戦が交わされた中、政府側から答弁に立った三ッ林は、「日本学術会議に総合的、俯瞰的観点からの活動を進めていただくため、任命権者である内閣総理大臣が日本学術会議法に基づいて今回の任命を行ったものであり、法律違反という指摘は当たらない。また、憲法第23条に定められた学問の自由は、広く全ての国民に保障されたものであり、特に大学における学問研究及びその成果の発表、教授が自由に行われることを保障したものであると認識している。任命の考え方が、会員等が個人として有している学問の自由への侵害になるとは考えておりません。」と述べた。

また、解釈変更がおこなわれたのではないかという指摘に対しても、「憲法第15条第一項の規定で明らかにされているとおり、公務員の選定、罷免権が国民固有の権利であるという考え方からすれば、任命権者たる内閣総理大臣が推薦のとおりに任命しなければならないというわけではない。日本学術会議会員が任命制になったときからこのような考え方を前提としており、考え方を変えたということではありません。」と回答している。

不祥事

編集

政治資金パーティー収入の裏金問題

編集

2023年12月1日、朝日新聞が、自民党5派閥が開いた政治資金パーティーをめぐる問題で、安倍派が、所属議員が販売ノルマを超えて集めた分の収入を裏金として議員側にキックバックする運用を組織的に続けてきた疑いがあるとスクープした[16]。安倍派は2018~2022年に毎年1回パーティーを開き、計6億5884万円の収入を政治資金収支報告書に記載している[17]。一方、収入・支出のいずれにも記載していない裏金の総額は直近5年間で1億円を超えるとされ(のちに5億円に修正[18])、共同通信は「実際のパーティー収入は少なくとも8億円前後に膨らむ可能性がある」と報じた[19]。清和政策研究会の政治資金収支報告書の記載内容は下記のとおり[注 1]

清和政策研究会
年月日 パーティー名 会場 収入 購入者数 出典
2018年5月22日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 2億802万円 7,021人 [25]
2019年5月21日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億5338万円 5,177人 [26]
2020年9月28日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億262万円 3,464人 [27]
2021年12月6日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 1億2万円 3,376人 [28]
2022年5月17日 清和政策研究会との懇親の集い 東京プリンスホテル 9480万円 3,200人 [20]
(合計) 6億5884万円

パーティー券は通常1枚2万円であるため、販売枚数が推計できるが、枚数に対する購入者の比率は2018年から2022年にかけてすべて「0.675」で統一されている。日本大学名誉教授の岩井奉信は「絶対にあり得ない」とし、安倍派は政治資金収支報告書に架空の購入者数を記入したとみられる[29][30]

同年12月12日、TBSが、三ッ林が1000万円を超えるキックバックを受け、収支報告書に記載していない疑惑があると報道した[9]。12月22日、安倍派においては、議員側の「中抜き」を含む3つのパターンで裏金づくりを行っていたことが関係者の証言により明らかとなった[31][注 2]

2024年4月4日、党は三ッ林を1年間の党役職停止とするなどの処分を決定した[34]

同年7月8日、東京地検特捜部は三ッ林を嫌疑不十分で不起訴処分とした[35][36]

2018年分の政治資金収支報告書の記載漏れ

編集

三ッ林の資金管理団体「新日本情勢調査会」は、2018年分の政治資金収支報告書に個人2人と4つの政治団体から受けた寄付金計651万円を記載することを怠った。所属する派閥「清和政策研究会」が150万円、日本医師連盟が100万円、日本歯科医師連盟が200万円、埼玉県医師連盟が100万円を寄付していたが、事務所側は作業上のミスだと弁明した[37]。同報告書は公表後の2019年12月3日に訂正された[38]

選択的夫婦別姓の反対を求める文書の送付

編集

2021年1月30日、三ッ林ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして三ッ林らを批判した[39][40][41][42][43]

人物

編集

旧統一教会との関わり

編集

2018年7月1日、旧統一教会(現在の名称は「世界平和統一家庭連合」)が、総裁の韓鶴子を主賓に迎えて「日本宣教60周年 2018神日本家庭連合 希望前進決意2万人大会」をさいたまスーパーアリーナで開催した。来賓として、三ッ林の他に工藤彰三柳本卓治神山佐市本村賢太郎宮島喜文の6人の国会議員が招かれた。

人柄

編集

家族

編集
三ッ林家

所属団体・議員連盟

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 2023年11月24日、総務省は2022年分の政治資金収支報告書を公表。自民党5派閥がそれぞれ同年に開催した政治資金パーティーの収入額もあわせて公表された。金額は清和政策研究会(安倍派)が9480万円、志帥会(二階派)が1億8845万円、平成研究会(茂木派)が1億8142万円、志公会(麻生派)が2億3331万円、宏池政策研究会(岸田派)が1億8328万円。安倍派はパーティ開催時で所属国会議員98人を有する最大派閥であるにもかかわず収入の金額が著しく低いことが明らかとなった[20][21][22][23][24]
  2. ^ 安倍派における裏金づくりの3つの手法の詳細は以下のとおり[31][32][33]
    (1)支援者は派閥の口座に直接代金を振り込み、派閥側はノルマ超過分を議員に還流(キックバック)する。
    (2)支援者は頼まれた議員の口座に代金を振り込み、議員は振り込まれたパーティー券代のうち、ノルマ分だけを派閥に納めて「中抜き」し、残った分は手元にプールし事実上の還流とする。
    (3)支援者は頼まれた議員の口座に代金を振り込み、議員はその全額を派閥に納め、派閥側はノルマ超過分を議員に還流する。

出典

編集
  1. ^ 国立国会図書館. “博士論文『意識下高血圧自然発症ラットにおける青斑核の血圧と行動への影響』”. 2023年4月1日閲覧。
  2. ^ 平成24年(2012年)12月18日埼玉県選管告示第96号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選した者の住所及び氏名並びに候補者届出政党の名称)
  3. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党埼玉県支部連合会(令和4年分定期公表)”. 埼玉県選挙管理委員会 (2023年11月29日). 2023年12月19日閲覧。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第25版 下』み36頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2023年12月13日閲覧。
  5. ^ a b 三ッ林ひろみ公式サイト|プロフィール
  6. ^ 三ッ林裕巳 衆院選2012”. 読売新聞. 2016年7月3日閲覧。
  7. ^ 三ッ林裕巳 衆院選2014”. 読売新聞. 2016年7月3日閲覧。
  8. ^ 第3次安倍改造内閣 大臣政務官名簿”. 首相官邸. 2016年7月3日閲覧。
  9. ^ a b 【本人直撃】三ッ林裕巳議員側も1000万円超キックバック不記載か 自民・安倍派のパーティー券問題 | TBS NEWS DIG (1ページ)”. TBS NEWS DIG (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  10. ^ a b c d e 2014年衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  12. ^ 吉良 英敏県議会議員と日本ケアラー連盟より要望を受けました。”. 自由民主党埼玉県第選挙区支部 支部長 衆議院議員三ッ林ひろみ (2021年2月25日). 2022年8月1日閲覧。
  13. ^ 2020年3月3日 第41回「日本の医療の未来を考える会」 リポート https://www.iryounomirai.com/news/study/3196/
  14. ^ 2017年2月15日の受動喫煙対策法の厚生労働部会の各議員の発言に突っ込んでみた”. 2018年4月22日閲覧。
  15. ^ 平成25年度 大会報告、自由同和会 東京都本部公式サイト。
  16. ^ 安倍派、1億円超の裏金か パー券ノルマ超えを還流 地検が立件視野”. 朝日新聞 (2023年12月1日). 2023年12月8日閲覧。
  17. ^ 松野博一官房長官を更迭へ パー券還流、裏金1000万円未記載疑惑”. 毎日新聞 (2023年12月9日). 2023年12月9日閲覧。
  18. ^ 安倍派の裏金、5億円か 所属議員の大半に還流 派閥側の立件不可避”. 朝日新聞 (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  19. ^ 安倍派、8億円前後収入か 裏金含め、記載は6億円超”. 共同通信(東京新聞) (2023年12月1日). 2023年12月9日閲覧。
  20. ^ a b 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  21. ^ 政治資金収支報告書 志帥会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  22. ^ 政治資金収支報告書 平成研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  23. ^ 政治資金収支報告書 志公会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  24. ^ 政治資金収支報告書 宏池政策研究会(令和4年分 定期公表)”. 総務省 (2023年11月24日). 2023年11月28日閲覧。
  25. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(平成30年分 定期公表)”. 総務省 (2019年11月29日). 2021年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月12日閲覧。
  26. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和元年分 定期公表)”. 総務省 (2020年11月27日). 2021年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月28日閲覧。
  27. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和2年分 定期公表)”. 総務省 (2021年11月26日). 2023年11月28日閲覧。
  28. ^ 政治資金収支報告書 清和政策研究会(令和3年分 定期公表)”. 総務省 (2022年11月25日). 2023年11月28日閲覧。
  29. ^ 浜崎陽介、三輪喜人 (2023年12月31日). “安倍派の「パー券購入者比率」は6年連続「0.675」 架空の数字を記入か 毎年同比率は二階派と2派閥のみ”. 東京新聞. 2024年1月4日閲覧。
  30. ^ パー券購入者数 捏造 疑惑の方程式「×0.675」 安倍派資金報告 二階派も 日曜版が特報”. しんぶん赤旗 (2023年12月25日). 2024年1月4日閲覧。
  31. ^ a b 安倍派、3パターンで裏金化 ノルマ超過分、議員側と調整か”. 共同通信(東京新聞) (2023年12月22日). 2023年12月23日閲覧。
  32. ^ <独自>安倍派複数議員「中抜き」 パーティー収入不記載拡大、10億円超か」『産経ニュース』2023年12月17日。2023年12月17日閲覧。
  33. ^ 小泉法務大臣の二階派退会は「何の役にも立たない」 元法務大臣が語る検察への「指揮権」とは 安倍派議員10人以上の“中抜き”も判明【news23】”. TBS (2023年12月21日). 2023年12月24日閲覧。
  34. ^ “自民裏金で処分の大塚氏反発「強く憤り覚える」 埼玉では柴山氏ら3議員も対象”. 東京新聞. (2024年4月5日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/319404 2024年4月14日閲覧。 
  35. ^ “国会議員ら16人を不起訴処分に 自民党派閥の裏金事件 東京地検”. 朝日新聞. (2024年7月8日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASS783PZRS78UTIL010M.html 2024年7月9日閲覧。 
  36. ^ “自民 政治資金問題 派閥幹部ら16人と会計責任者ら不起訴”. NHK. (2024年7月8日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240708/k10014505391000.html 2024年7月9日閲覧。 
  37. ^ “三ツ林衆院議員の資金管理団体、寄付651万円記載漏れ”. 読売新聞. (2019年12月1日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20191201-OYT1T50098/ 2019年12月5日閲覧。 
  38. ^ 新日本情勢調査会 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表)” (PDF). 総務省 (2019年11月29日). 2019年12月2日閲覧。
  39. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧”. 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  40. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  41. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  42. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  43. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “選択的夫婦別姓 自民議員が反対派に思うこと「理解不足と差別思想を感じた」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94526 2021年4月7日閲覧。 
  44. ^ 三ツ林ひろみプロフィール”. 自由民主党埼玉県第選挙区支部 支部長 衆議院議員三ッ林ひろみ. 2022年8月1日閲覧。
  45. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  46. ^ “2019年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/07/2019%E5%B9%B412%E6%9C%88_%EF%BC%92%E9%9D%A2.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  47. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

参考文献

編集
  • 人事興信所編『人事興信録 第25版 下』人事興信所、1969年。

外部リンク

編集
公職
先代
大塚拓
平将明
宮下一郎
寺田稔
亀岡偉民
松本洋平
御法川信英
石原宏高
山本朋広
  内閣府副大臣
赤沢亮正
藤井比早之
田野瀬太道丹羽秀樹
長坂康正
江島潔
堀内詔子
中山泰秀
岩井茂樹渡辺猛之と共同

2020年 - 2021年
次代
大野敬太郎
黄川田仁志
赤池誠章
小林史明
池田佳隆
山本博司
細田健一
石井正弘
渡辺猛之
務台俊介
鬼木誠
先代
髙階恵美子
橋本岳
  厚生労働大臣政務官
太田房江と共同

2015年 - 2016年
次代
堀内詔子
馬場成志
議会
先代
橋本岳
  衆議院厚生労働委員長
2022年 - 2023年
次代
田畑裕明