メインメニューを開く

三ツ村 鐵治(みつむら かねはる、1945年 - )は、主に特撮テレビドラマ作品の元演出家愛知県出身。

目次

経歴編集

1968年日本大学藝術学部を卒業後、東映テレビプロダクションに入社。以後、一貫してテレビ映画の助監督を務める(その時のスタッフクレジットには「三村道治」と表記された)。『非情のライセンス』、『特別機動捜査隊』、『特捜最前線』といった一般ドラマ、『電子戦隊デンジマン 』、『太陽戦隊サンバルカン』などのキャラクターものの東映テレビプロ制作の作品に携わった。

1985年、『特捜最前線』で監督デビュー(同作品のシナリオは藤井邦夫)。同番組では誠直也の指名で、誠演じる吉野刑事の殉職編の演出を果たしている。同番組終了まで監督を務め上げた。

1987年より、東映・吉川進プロデューサーから招聘を受け、『超人機メタルダー』をはじめとするメタルヒーローシリーズで監督として頭角を現す(同作で最終回演出)。翌年の『世界忍者戦ジライヤ』では早くもメイン監督を任され、同番組のメインライター高久進からも「真面目に撮っている」と信頼を得ている。また、『メタルダー』以来の日笠淳プロデューサーとの縁で、『美少女仮面ポワトリン』をはじめとする不思議コメディーシリーズも多数演出した。

1997年1月の『ビーファイターカブト』45話「BF!! 歴史に挑戦」をもって、東映テレビプロ作品の演出からは離脱。以降は宮下隼一の紹介でフラグシップに合流し、同集団が手がけるゲームシナリオムービーの演出に関わった。

同集団解散後は演出業を引退。現在は東京を離れ、故郷の愛知県に居を構えている。

エピソード編集

  • 監督昇進は40歳になる手前だったが、それより数年前に『燃えろ!アタック』で監督昇進の打診を受けたことがあったという。しかしある先輩監督より「監督デビューは1時間もののドラマのほうがいい」というアドバイスを受けていたそうで、その話に関しては消極的であったという。その結果いつの間にかデビューの話は立ち消えになったという。
  • 監督に昇進した際、そのデビュー作品のシナリオに藤井邦夫を指名したのは三ツ村であった。藤井脚本を得て2作品を監督するが、2作目の演出で役者の怪我のせいでとある尾行のシーンが上手く撮れなかったという。高橋正樹プロデューサーより、「あの尾行はないだろう」と直々に叱責を受け、しばらく監督をさせて貰えなかったという。
  • 特捜最前線』で大滝秀治が最後の収録に臨んだとき,その回のチーフ助監督を務めていた三ツ村に「みっちゃん(三ツ村)はいつも時計をしてないからプレゼントするよ」と言って、腕時計をプレゼントして貰ったという。
  • 『特捜最前線』時代より、役者には厳格で怖い監督として有名で、また自身のファッションは黒っぽい格好が多かったことなどから異名「ダーク三ツ村」としても呼ばれていた。
  • 『特捜最前線』終了後は吉川進プロデューサーの誘いで(吉川は招聘にあたって『特捜』の三ツ村作品を全て見たという)、『超人機メタルダー』をはじめとするメタルヒーローシリーズに参加することになった。しかし、子供番組の現場経験はあまりなかったため、後輩である伊藤寿浩や大先輩の小西通雄の組(第9話〜第12話)で志願して助監督を務め、作品世界に慣れようとしたという。
  • 美少女仮面ポワトリン』は演出を2本しか手掛けていないが、前期のオープニング・エンディングは三ツ村が演出を手掛けている。
  • 1990年後半から1991年前半はシリーズのローテーションから外れているが、これは吉川プロデューサーの依頼で千葉真一の製作・監督する映画に監督補として参加していたせいであった。しかし結局企画自体がポシャってしまい、映画は陽の目を見ないことになった。
  • 近年雑誌インタビューにおいて、「僕が子供番組を撮ることで気をつけていたのは、たとえば主人公が子供を助けるといったシーンがあったとするなら、その子供が持っている人形も助ける――そういったシーンを分かりやすく見せたいと。それを常々念頭に置いてました」と語っている。『特救指令ソルブレイン』第8話において、ソルブレイバーが工場火災から少女を救出するシーンがあるが、少女の乗っていた三輪車も炎の中から同時に救い出していた。脚本で指定されていたかどうかは不明だが、三ツ村の拘りが感じ取れる仕上がりになっている。
  • 杉村升が急逝したとき、仕事仲間だった三ツ村は葬儀の際に宮下隼一と抱き合って号泣したという。
  • メタルヒーローシリーズの監督本数は歴代1位の141本である。2位は小西通雄の135本、3位は小笠原猛の116本。第6作『超人機メタルダー』から第15作『ビーファイターカブト』まで監督をした。

作品編集

テレビドラマ(監督)編集

ゲーム編集

関連人物編集