メインメニューを開く

三上 良二(みかみ りょうじ、1904年8月25日 - 没年不詳)は、日本の映画監督脚本家である。本名熊谷 了二(くまがい りょうじ)。優秀な助監督から早期に監督に昇進、佳作を生み出し、牧野省三亡きあとのマキノ・プロダクションを支えた。

目次

来歴・人物編集

1904年(明治37年)8月25日東京都に生まれる。1919年(大正8年)3月、旧制荏原中学校(現在の日体荏原高等学校)4年修了、1923年(大正12年)7月、法政大学本科を1年次で中退し、関東大震災後の1924年(大正13年)、京都日活関西撮影所現代劇部の監督部に入社した[1]

三枝源次郎に師事、助監督をつとめていたが、1928年(昭和3年)4月で日活を退社、同年5月に南光明根岸東一郎とともにマキノ・プロダクション御室撮影所に入社した。同社では4歳下のマキノ正博の助監督をつとめ、わずか数か月で監督に昇進[1]、24歳のとき、自らのオリジナル脚本による『新聞』で監督としてデビュー、同作は同年9月21日に公開された。

1929年(昭和4年)、5本目の監督作『勝鬨の唄』が公開になった直後の7月25日、同社の代表・牧野省三が亡くなり、牧野の長男・正博を中心とした新体制が9月に発表になる。監督部の末席・瀧澤憲(のちの滝沢英輔)の次にその名がつらねられた[2]。翌1930年(昭和5年)はまさに同社の戦力となり、8本を監督したが、同年末には、同社の賃金の未払い問題からストライキが起こった。

年が明けて1931年(昭和6年)1月15日には、金森万象稲葉蛟児滝沢英輔久保為義とともに三上も名をつらねた、同社の若手監督5名の共同監督作品『真田十勇士』が公開される。しかし、同社はあえなく解散の方向へと散った。三上は1932年(昭和7年)、マキノ正博プロデュースのもと、柏木一雄との共同監督作品『武士の妻』を手がけるが、このマキノ商会は続かなかった。

1933年(昭和8年)、木下トーキープロダクション村田実脚本を得て、『ホロリ涙の一ト雫』というトーキーを撮るが、その後、日活東京撮影所に入社、1936年(昭和11年)3月には山根啓司の下で製作部に所属していた。その7年後、つまり1942年(昭和17年)1月の日活の大映への合併後の1943年(昭和18年)には、朝日映画社でアニメーション映画『ニッポンバンザイ』の構成をしたという記録が残っているが、その後の消息はわからない[1]

フィルモグラフィ編集

日活大将軍撮影所新劇部編集

1926年 助監督

マキノ・プロダクション御室撮影所編集

1928年 監督
1929年
1930年
1931年

マキノ以降編集

編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集