メインメニューを開く

三井 脩(みつい おさむ、1923年大正12年)3月15日 - 1992年平成4年)8月11日[1])は、日本の内務警察官僚警察庁長官、(財) 日本道路交通情報センター理事長

経歴編集

熊本県出身[1]1943年12月、佐世保第二海兵団(相浦)に入団[2]1944年東京帝国大学法学部を卒業[1]短期現役海軍主計科士官(11期)を志願。同年2月、海軍経理学校に入学し同年9月に卒業。海軍対潜学校に配属。同年12月、海軍主計少尉に任官。1945年、突撃隊(伏龍部隊)に移り終戦を迎えた。同年9月、海軍主計中尉に昇進して復員した[1][3]

1946年内務省に入省し神奈川県に配属。以後、宮崎県総務部地方課勤務、熊本県経済部農務課勤務、国家地方警察徳島県本部警備部長、国家地方警察長崎県本部警備部長、国家地方警察本部警備部警備第一課長補佐、警察庁警備部警備第一課長補佐、警視庁第一方面本部長、山梨県警察本部長、防衛庁防衛局第二課長、警察庁警備局公安第一課長、警視庁公安部長、警視庁警務部長、同副総監、警察庁警備局長、警察庁次長などを歴任[4]

1981年6月、警察庁長官に就任し1984年9月まで在任した[5]

この間、60年安保闘争大学闘争土田・日石・ピース缶爆弾事件金大中事件連続企業爆破事件[6]成田空港反対闘争など、戦後公安史の重要な局面で捜査を指揮した。その節を曲げない強硬な態度から“公安のロベスピエール”の異名をとった[7]

退官後、日本道路交通情報センター理事長を務めた[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『現代物故者事典 1991~1993』574頁。
  2. ^ 『海軍主計科士官物語〈短現総覧〉』755頁。
  3. ^ 『海軍主計科士官物語〈短現総覧〉』54、755頁。
  4. ^ a b 『日本警察官僚総合名鑑』94頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』484頁。
  6. ^ 【狼の牙を折れ】三菱重工爆破事件の内幕実名証言”. NEWSポストセブン (2013年11月3日). 2018年1月22日閲覧。
  7. ^ 三井脩”. コトバンク. 2018年1月22日閲覧。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 小山善一郎・石丸陽編『日本警察官僚総合名鑑』新時代社、2005年。
  • 『現代物故者事典 1991~1993』日外アソシエーツ、1994年。
  • 『海軍主計科士官物語〈短現総覧〉』浴恩出版会、1968年。