メインメニューを開く

三井 雅弘(みつい まさひろ、1958年3月26日 - )はミュージシャン、ラジオDJデザイナー兵庫県神戸市生まれ。1980年頃に京都で結成された「ITACHI」のヴォーカル。東京にて「TOPS」としてビクター音楽産業(当時)よりデビュー。1989年頃TOPSを脱退後、マネージメント業に専念。 1994年 関西に戻り1997年にMAN-NyA-WAZを京都で結成。その間にラグタイムブルース・グループ三井ぱんと大村はんも結成し2015年まで活動。アルバムも何枚かリリースする。 現在は、マンニャワズはじめ [ITACHI] ブルース&ファンクバンド 「TAMATEYA」等々で活動中。三笑堂所属。

目次

来歴・人物編集

1977年頃に音楽活動をスタート。

1979年朝日放送の番組『ヤングプラザ』の企画において、『いたちごっこ』というレコードをインディーズレーベル(朝日放送内のレーベル)で発売。但し、『関西の協力レコード店に一定期間置いてもらい、ノルマを達成したらメジャー流通に乗せるが、達成出来ないと廃盤』(原盤を観客の前で叩き折る)という過酷な条件付きであった。

1980年頃 TOPSの前身である ソウル・ロックバンド、ITACHIを結成。 [数年の内に関西のライブハウスで最も客を動員できるバンドの一つとして注目を集め、本格的な音楽活動に入る。

ライブハウスで共演した際に知り合った嘉門達夫と意気投合して友誼を結ぶ。この事が後にITACHIの東京進出と事務所移籍に繋がる。

1983年 KBS京都ラジオレギュラー番組『びっくらラ・イブ』パーソナリティーを嘉門達夫と共に2年間務める。

1985年頃に上京。

1986年 若干のメンバーチェンジを行った後、ビクター音楽産業(現エンタテインメント)より、三井と女性ヴォーカル二人を据えたブラスファンクロックバンド「TOPS」としてデビュー(1987年Chaseの「Get It On」の日本語版「黒い炎」、1988年に「タイムマシンにおねがい」のカバーがスマッシュヒット。この時期フジテレビ夜のヒットスタジオ』、テレビ朝日『ミュージックステーション』等に出演する。TOPS項参照)。

1989年 メンバーだったバーベQ和佐田爆風スランプへ移籍加入し、それに伴う大幅なメンバーチェンジを機にTOPSを脱退。

代官山プロダクション・スタッフとして爆風スランプ等のマネージメントスタッフの一員として宣伝・制作部門を担当し、音楽活動を休業する。

1994年 代官山プロダクションを退職。関西に戻り一時休止していた音楽活動を再開する。

1997年 京都を活動の拠点とするバンドMAN-NyA-WAZ結成。

2000年、爆風スランプのファンキー末吉プロデュースにより、ラグタイム・ブルース・ユニット『三井はんと大村はん』として再びデビュー。(※後にユニット名を三井ぱんと大村はんと改名)デビューアルバム『どないやねん』発売(X.Y.Z RECORD)2000.11/21)

2001年、2ndアルバム『ほんまかいな』をリリース。 関西ライブ音楽シーンで「ブルース歌謡」「ブルース・エンタテインメント」を展開。4月よりKBS京都ラジオ『k-town house』パーソナリティとして、関西インディーズシーン及び関西音楽中心に紹介する。(〜'04.3終了)

2002年、「三井ぱんと大村はん」で日中国交回復三十周年記念コンサート(於:北京)に出演。

2004年4月よりα-STATION・FM京都にて『GARYU'S BAR』のメインパーソナリティ。CMソング/「ABCハウジング」('04~'06頃までOA)「ブルボン・サワーズ」('07)

2010年10月『三井ぱんと大村はん』3rdアルバムCD『Luck & Sun』をリリース。

2011年、ファンキー末吉プロデュースの爆風スランプトリビュートアルバム『We Love Bakufu Slump』に参加。

2015年 三井ぱんと大村はん 活動休止。

この間、毎年2月に京都・都雅都雅に於いて開催される「和佐田プレゼンツ 京都Party」にて「ITACHI」が再結集する。 現在(2018年)も続けられている。

2017年12月 マンニャワズ 結成20周年記念ライブ。

2018年 西野やすし(G,Vo). 堀尾哲二(Dr) 和佐田達彦(Ba) らと Blues & Funk Band「TAMATEYA(タマテヤ)」結成。

ディスコグラフィー編集

TOPS時代編集

三井雅弘時代編集

三井ぱんと大村はん時代編集

外部リンク編集