メインメニューを開く

三人娘(さんにんむすめ)とは、主に若手の同世代の女性歌手3人の総称、もしくはその3人によるユニット活動である。

解説編集

本来のグループ歌手(例えばキャンディーズ)のように当初からグループ活動を意図して結成されたものではなく、後から所属芸能事務所レコード会社マスコミなどにより付けられた「三人をグループ的に扱うためのキャッチコピー」としての意味合いが強い。

従って、結成時期(命名時期)は比較的はっきりしているが、「解散」などといった概念はグループ歌手と異なって無く、ユニットの解消は自然消滅のように起こる。芸能活動の性質としては、グループ歌手と比べて独立性が強いものから、ソロ活動よりユニットとしての活動が多かったものまで幅広い。また、同世代の同じジャンルの歌手で構成されているので、メンバー同士がお互いにライバルでもあり、世間から何かと比較もされやすい。ユニットが自然消滅した後でもしばしば比較される場合もある。中には、機会があるごとに再集結するユニットも存在する。

主な三人娘編集

  • NHK三人娘 - 馬渕晴子冨士眞奈美小林千登勢、(又は黒柳徹子)
    テレビ放送初期のころ、NHK専属の女優であった3人がドラマ『輪唱』をきっかけに人気を獲得し、こう評された。この3人のうち1人を黒柳徹子と入れ替えて紹介されている場合もある。
  • 七光り三人娘 - 朝丘雪路、水谷良重、東郷たまみ
    服部良一の下で歌を習っていた3人がそれぞれ、伊東深水(朝丘)、14代目守田勘弥初代水谷八重子(水谷)、東郷青児(東郷)、という大御所の愛娘であったことを逆手に取り、メンバーの水谷が自ら命名。1950年代半ばから後半にかけて共に共演し、名を売った。東郷は早くに芸能界を引退し、父同様に絵画の道へ進んだが、朝丘・水谷は女優としても第一線で活躍を続けた。
  • フジの三人娘 - 有賀さつき河野景子八木亜希子
    1988年に入社したフジテレビの女性アナウンサー(現在は全員退社。このうち有賀は2018年1月30日逝去[1])3人による俗称。「女子アナブーム」を築き上げ、女子アナウンサーをタレント及びアイドル化させた根源とも言われている。また、「女子アナ」という省略型の用語が定着したのも、この3人の頃からである。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 有賀さつきさんの父、娘の死について「まったくの予想外でございました」”. サンケイスポーツ (2018年2月5日). 2018年2月5日閲覧。