メインメニューを開く

三八五流通株式会社(みやごりゅうつう)は、青森県八戸市に本社を置く運送会社である。運送業および関連事業の他、系列下に広範な事業を擁し、青森県南部地方の有力企業グループの一つとなっている。

三八五流通 株式会社
MiyagoRyutsu Co.,Ltd.
Miyago logo.jpg
MiyagoRyutsu Honsya.jpg
三八五流通 総本社(2007年12月撮影)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
039-1103
青森県八戸市
  大字長苗代上中坪35-1
設立 1947年6月26日
業種 陸運業
法人番号 8420001005741 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 泉山元
資本金 7億8000万円
外部リンク http://www.miyago.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

青森県下の三戸八戸および五戸などを地盤とする地場零細の運送業者多数は、1940年(昭和15年)(八戸地区での少数社への統合整理)と1942年(昭和17年)の二次にわたって戦時統制により統合され、1942年の統合で地域一帯を版図とする南部貨物自動車が成立した。

戦後の統制緩和で1947年(昭和22年)に南部貨物自動車は6ブロックに分割され、うち3ブロックは速やかに独立した企業となったが、残り3ブロックは当面独立採算の営業所として発足した。このうち、八戸市地域の営業所として三八五営業所が業務を開始し、同営業所は1949年に改めて独立した企業の三八五貨物自動車運送として発足した。

  • 1947年 南部貨物自動車株式会社三八五営業所として業務開始
  • 1949年 三八五貨物自動車運送株式会社として発足
  • 1951年 八戸〜大館路線を開設して、県外初の免許を所得する
  • 1955年 八戸〜東京路線の第一便を開始する
  • 1959年 八戸〜室蘭の陸・海一貫輸送が就航する
  • 1971年 航空貨物の取扱業務を開始する
  • 1983年 引越業務の本格開始、宅配業務を開始する。
  • 1987年 貨物追跡オンラインを始める
  • 1988年 東京本社を開設する
  • 1989年 通運事業を開始、栃木支店ターミナルを開設する
  • 1990年 単身引越用「シングルパック」を開発する
  • 1991年 仙台流通センターを開設する
  • 1992年 久喜支店ターミナルを開設する
  • 1993年 山形流通センターを開設する
  • 1994年 所沢流通センターを開設する
  • 1996年 三八五流通株式会社に商号変更
  • 1998年 ホストコンピュータを代替
  • 1999年 花北流通センターを開設、第二次商品追跡システムを導入、一般酒類小売業の免許を所得する
  • 2000年 オグラ物流センターを開設、秋田デイリー物流センターを開設
  • 2001年 秋田南流通センターを開設、本社・八戸三沢統括支店の引越部門の引越輸送サービスに置いてISO 9001認証を所得
  • 2002年 八戸冷蔵倉庫を開設、仙台南流通センターを開設、本社地区に置いてISO14001認証を所得
  • 2003年 営業エリアに対応した6社を分割して設立。新体制で営業を始める

地域別子会社編集

2003年に本体から営業エリア別に分社化して設立され、新体制で営業している。

  • 青森三八五流通
  • 秋田三八五流通
  • 岩手三八五流通
  • 東北三八五流通
  • 北海道三八五流通
  • 東京三八五流通

グループ会社編集

貨物運輸部門編集

  • 三八五通運
  • 三八五エクスプレス
  • 三八五ロジステックス
  • 三八五トラフィック
  • 三八五ライン
  • 三八五トランスポート

建設部門編集

  • 三八五建設
  • 八戸炭酸カルシウム工業
  • 日産石材工業

観光部門編集

生活関連部門編集

  • 三八五オートスクール八戸
  • 三八五オートスクール三戸

ホテル・食品部門編集

  • 八戸パークホテル
  • 三沢パークホテル
  • 二戸パークホテル
  • シティパークホテル八戸(三八五興業)
  • 三八五フーズ

三八五グループの事業編集

  • 六ヶ所保安サービス

車両・整備部門編集

  • 三八五整備工業
  • 東北山田車体工業

トラック編集

  • 一部を除く引越センターの電話番号の下4桁は「0385」で統一されており、トラックには各営業所の電話番号が掲載されている。このため、トラックを見ればどこの営業所の所属かがわかる。

コマーシャル編集

関連項目編集

  • 八戸公園 - 指定管理者であり、敷地内の「こども交流館」の命名権を取得し「三八五・こども館」という愛称がつけられている。

外部リンク編集