メインメニューを開く

三十九夜』(さんじゅうきゅうや、The 39 Steps)は、ジョン・バカンの小説『三十九階段』を原作としたアルフレッド・ヒッチコック監督による1935年イギリスサスペンス映画ロバート・ドーナット主演。

三十九夜
The 39 Steps
The 39 Steps (1935) - poster.jpg
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 チャールズ・ベネット英語版
アルマ・レヴィル
イアン・ヘイ(セリフ)
原作 ジョン・バカン
三十九階段
製作 マイケル・バルコン英語版
イヴォール・モンタギュー[1]
出演者 ロバート・ドーナット
マデリーン・キャロル
音楽 ルイス・レヴィ英語版(音楽監督)
ハバート・バス[1]
ジャック・ビーヴァー[1]
チャールズ・ウィリアムズ[1]
撮影 バーナード・ノウルズ英語版
編集 D・N・トゥイスト英語版
製作会社 ゴーモン・ブリティッシュ
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ゴーモン・ブリティッシュ
日本の旗 東和商事
日本の旗 日本ヘラルド(リバイバル)
公開 イギリスの旗 1935年6月6日
アメリカ合衆国の旗 1935年8月1日
日本の旗 1936年3月5日
日本の旗 1996年5月18日(リバイバル)
上映時間 88分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

同原作の映像化作品の中では最も有名で、英国映画協会が1999年にアンケート調査した20世紀の英国映画トップ100 (BFI Top 100 British filmsでは4位にランクされている[2]

ストーリー編集

ミュージックホールの「ミスター・メモリー」という記憶力の卓越した男の芸を見ていたハネイは、銃声で騒動になったホールから、謎の女性とともに自分のアパートに戻る。彼女は軍の重要な機密が奪われそうになっていると語るが、未明にスコットランドの「アル・ナ・シェラ」という場所に印がついた地図を持って刺し殺される。見張りの男たちをまいて汽車に乗り込んだハネイは、新聞で自分が殺人犯になっていることを知り、警察をフォート橋でかわして目的地に向かう。その土地に住む農夫の妻の手助けで「ジョーダン教授」と名乗る地元の名士のところに行くが、実は教授が陰謀の黒幕で、ハネイは銃で撃たれるものの、農夫の妻が貸し与えたコートの胸の聖書に弾が当たって助かる。ロンドンの警察に報告するハネイだったが、警察は彼の話を信じてくれず、教授と知り合いという署長と警察に見切りをつけ、殺された女性が残した「39階段」の言葉の意味を知るために、教授の陰謀を自分で暴こうとする。演説会場で演説者のフリをするが教授の手先につかまり、汽車で乗り合わせた女性パメラと一緒に手錠で繋がれる。なんとか抜けだした二人は宿で一夜を明かし(その間に手錠をパメラは外す)、教授の目的がミスター・メモリーであることを知ると、ホールでミスター・メモリーに「39階段とは何か」と質問する。「それはとあるスパイ組織の名前で」と語ろうとした彼は教授に撃たれ、軍事機密は書類などではなくミスター・メモリーの頭の中に隠されていたことをハネイたちは知る。

その他のスタッフ編集

  • 美術: オットー・ヴェルンドルフ、アルベルト・ユリオン
  • 録音: アルバート・バーチ
  • 衣装: J・ストラスナー

キャスト編集

ヒッチコックの登場シーン編集

開始7分ほどのロバート・ドーナットルーシー・マンハイムが劇場から駆け出すシーンでゴミを放っている[3]

参考文献編集

  1. ^ a b c d クレジットなし。The 39 Steps (1935) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年5月21日閲覧。
  2. ^ The bfi 100: 1-10” (英語). 英国映画協会. 2012年5月21日閲覧。
  3. ^ The 39 Steps (1935)”. hitchcock.tv. 2012年5月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集