メインメニューを開く

三十九枚の年賀状』(さんじゅうきゅうまいのねんがじょう)は、2008年(公開は2009年6月20日)の日本映画

三十九枚の年賀状
監督 図師三千男
脚本 図師三千男
出演者 夏未エレナ
颯太
風間トオル
麻生祐未
音楽 櫻井順
主題歌 川口真「三十九枚の年賀状」
撮影 恒田嘉弘
編集 斉藤和彦
製作会社 「三十九枚の年賀状」製作委員会
配給 スリー・ジー・コミュニケーションズ
公開 日本の旗 2009年6月20日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

九州電力宮崎支店と宮崎日日新聞共催による「お茶の間エッセー」で、第20回(平成16年度)特選に選ばれた松浦百合子(宮崎県西都市)の手記「三十九枚の年賀状」を原作とする。
CMディレクターで、松浦の実弟でもある図師三千男が監督を務めた。尚、映画監督としては初の作品。
夏未エレナ、颯太にとっては本作品が映画初出演であり、夏未にとっては初出演作品でもある。

あらすじ編集

終戦を数日後に控えたある夜、宮崎の山間の町で鍼灸院を営む星一家のもとに急病人を抱えた兵隊の一行が助けを求める。このことをきっかけに知己となったユリ枝と彰は、その後手紙や年賀状を交わし、以後数十年にわたって二人のやりとりが続いていく。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督 - 図師三千男
  • 原作 - 松浦百合子(宮崎日日新聞・九州電力宮崎支店主催「お茶の間エッセイ」公募作品)
  • 製作 - 「三十九枚の年賀状」製作委員会
  • 脚本 - 図師三千男
  • 撮影 - 恒田嘉弘
  • 美術 - 黒木究
  • 編集 - 斉藤和彦
  • 音楽 - 櫻井順
  • 主題歌 - 「三十九枚の年賀状」川口真
  • 配給 - スリー・ジー・コミュニケーションズ

脚注編集

外部リンク編集