三十四丁目の奇蹟

三十四丁目の奇蹟』(さんじゅうよんちょうめのきせき、Miracle on 34th Street)は、1947年アメリカ合衆国[注 1]のクリスマス映画。監督はジョージ・シートン、出演はモーリン・オハラエドマンド・グウェンなど。『34丁目の奇蹟』『三十四丁目の奇跡』のタイトルでビデオ発売されたことがある[1]。後に4回リメイクされている(「リメイク」の項を参照)。

三十四丁目の奇蹟
Miracle on 34th Street
Miracle on 34th Street (1947 film poster).jpg
ポスター(1947)
監督 ジョージ・シートン
脚本 ジョージ・シートン
原案 ヴァレンタイン・デイヴィス英語版
製作 ウィリアム・パールバーグ英語版
出演者 モーリン・オハラ
ジョン・ペイン
エドマンド・グウェン
音楽 シリル・モックリッジ
アルフレッド・ニューマン(音楽監督)
撮影 チャールズ・クラーク
ロイド・エイハーン
編集 ロバート・L・シンプソン英語版
製作会社 20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 セントラル映画社[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 1947年5月2日
日本の旗 1948年11月30日[1]
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $630,000
興行収入 $2,650,000[2]
テンプレートを表示

本作はモノクロ映画だが2006年に『三十四丁目の奇蹟 スペシャル・カラー・バージョン』としてカラーライズ化された。20世紀フォックス正規盤DVDにはモノクロのオリジナル版とカラーライズ化されたカラー版の2種類が収録されている。

ストーリー編集

舞台はニューヨーク。マンハッタン34丁目のスクェアに実在するメイシーズの旗艦店。クリスマス商戦の開始を告げる仮装パレードの準備中に酔いつぶれたサンタ役を叱りつけた老人(エドマンド・グウェン)は人事係のドリス(モーリン・オハラ)の判断で代役をつとめる。パレードは成功、ユーモアと思いやりを備えて芸達者な彼はおもちゃ売り場で子どもたちの人気者になりデパートもクリス人気に便乗する。

しかし、ドリスとの面接の際にサンタクロースの別名クリス・クリングルを名乗り自分を本当にサンタだとする彼は妄想癖があるとみなされてしまう。そこでメイシーズ専属の医師のソーヤー(ポーター・ホール)に彼の診察をさせた結果、異常はなかったが、ソーヤーは妻と不仲でそのことを診察中に彼に指摘され苛立ち、彼に異常があると偽りの報告をし、今すぐに精神病棟に入れたほうがいいと進言した。だが、クリスが入所している老人ホームの医師のピアースは彼には異常がないとして精神病棟に入れる必要はないという。その直後にメイシーズで働いている若い従業員のアルフレッドが子供たちに親切すぎることを理由に、ソーヤーがアルフレッドに精神障害であると発言したことをクリスは知り、憤った彼はソーヤーを非難して杖でソーヤーの頭を叩いてしまう。そして、ソーヤーの企みで彼は精神病棟に閉じ込められる。過去の痛みからサンタクロースを信じられないドリスと、彼女の心を知る健気な娘スーザンナタリー・ウッド)は老人が二人にとってかけがえのない存在だったことを知る。クリスにとってもスーザンがサンタクロースを信じてくれることが何よりの望みだった。

ドリスの隣人で弁護士のフレッド(ジョン・ペイン)はクリスの弁護を買って出て裁判が開かれる。事件はクリスが精神的に正常かどうかで争われる。正直な老人を助けたいニューヨークの人達は街角の店先やアパートのベランダで「私はサンタクロースを信じます」というオピニオンボードを掲げ始めるが、裁判は不利なまま進行する。法を曲げられない判事のハーパー(ジーン・ロックハート)は「奇蹟が起こらない限り」老人を助けられないだろうと密かにフレッドに伝える。そして結審の日を迎える。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版 PDDVD ?版
ドリス・ウォーカー モーリン・オハラ 武藤礼子 斎藤恵理 佐原妙子
フレッド・ゲーリー ジョン・ペイン 吉水慶 大塚智則 青野武
クリス・クリングル エドマンド・グウェン 川久保潔 宝亀克寿
ヘンリー・ハーパー判事  ジーン・ロックハート 石井敏郎 三浦潤也
スーザン・ウォーカー ナタリー・ウッド 皆口裕子 深森らえる
ジュリアン・シェルハマー フィリップ・タング英語版 仲木隆司 ヤスヒロ
R・H・メイシー社長 ハリー・アントリム英語版 山野史人 村松康雄
チャーリー・ハロラン ウィリアム・フローリー英語版 亀井三郎 間宮康弘
アルフレッド アルヴィン・グリーンマン 大倉正章 奈良徹
トーマス・マーラ検事 ジェローム・コーワン 仲木隆司 小浅和大
グランヴィル・ソーヤー先生 ポーター・ホール英語版 梁田清之 竹房敦司
ピアース先生 ジェームズ・シーイ英語版 石井敏郎 青山穣
  • テレビ版:20世紀フォックスの正規盤DVD・Blu-ray Discに収録されている。
    • 演出:長野武二郎、翻訳:宇津木道子、制作:ムービーテレビジョン

映画賞受賞・ノミネート編集

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
助演男優賞 エドマンド・グウェン 受賞
脚色賞 ジョージ・シートン
原案賞 ヴァレンタイン・デイヴィス英語版
ゴールデングローブ賞 脚本賞 ジョージ・シートン 受賞
助演男優賞 エドマンド・グウェン

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、47件の評論のうち、96%にあたる45件が高く評価しており、平均して10点満点中8.31点を得ている[3]Metacriticによれば、10件の評論の全てが高く評価しており、平均して100点満点中88点を得ている[4]

リメイク編集

アメリカでは本作の後に4回リメイクされ、1955年にトーマス・ミッチェル主演、1959年にエド・ウィン主演でテレビドラマとして放映された。また、1973年にデヴィッド・ハートマンロディ・マクドウォール、セバスチャン・キャボット、ジェームズ・グレゴリーらが出演したテレビ映画が放映された。

そして1994年ジョン・ヒューズ製作・脚本、 リチャード・アッテンボロー主演で映画としてリメイクされた。 日本では『34丁目の奇跡』というタイトルで公開された。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 戦後まもない日本で公開されたが、「きらびやかなデパートの飾り付けやパレードはもちろん、女性の役割や家族観の違いも当時の日本人には驚きだったようだ」(「余録」毎日新聞2014年11月24日)。

出典編集

  1. ^ a b c 映画 三十四丁目の奇蹟 (1947)について”. allcinema. 2020年4月12日閲覧。
  2. ^ “Top Grossers of 1947” (英語). Variety: p. 63. (1948年1月7日). https://archive.org/stream/variety169-1948-01#page/n61/mode/1up 2020年4月12日閲覧。 
  3. ^ Miracle on 34th Street (1947)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年4月12日閲覧。
  4. ^ Miracle on 34th Street Reviews” (英語). Metacritic. 2020年4月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集