メインメニューを開く

三原川(みはらがわ)は、兵庫県淡路島南部の三原平野を流れる二級水系本川である。

三原川
River Miharagawa 1.jpg
三原川の中流域
水系 二級水系 三原川
種別 二級河川
延長 10.58 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 123.7 km²
水源 諭鶴羽山(兵庫県)
水源の標高 607.9 m
河口・合流先 播磨灘(兵庫県)
流域 兵庫県南あわじ市
テンプレートを表示

目次

概要編集

南あわじ市にある淡路島最高峰の諭鶴羽山北東麓に源を発し、諭鶴羽川としてほぼ北西流。南あわじ市神代社家で上田川を合流して三原川となり、三原平野で成相川を合流。河口近くで倭文川(しとおりがわ)、大日川などを合流して、播磨灘に注ぐ。河川法による幹川延長は約15.3km。水系全域が南あわじ市(旧三原郡)に属する[1]

下流の三原低地と呼ばれる一帯はその地形上、古来、氾濫を繰り返したきた場所で、1918年大正7年)の洪水では旧松帆村一帯が洪水に見舞われている。その後、1979年昭和54年)9月の台風16号による洪水被害を機に、激甚災害対策特別緊急事業により河川改修を行い、上流には5か所のダムが完成した[1]2004年台風23号では下流部(旧西淡町)の広い範囲で浸水被害に襲われた。

主な支流編集

延長の長い順に記載

  • 大日川
  • 成相川
  • 倭文川
  • 牛内川
  • 山路川

ダム編集

流域の観光地編集

  • 叶堂城(南あわじ市松帆古津路、感応寺)
  • 慶野松原(南あわじ市松帆慶野、河口北部の海岸)
  • 自凝島神社(南あわじ市榎列)

脚注編集

  1. ^ a b 三原川水系河川整備基本方針”. 兵庫県 (2009年3月). 2010年12月6日閲覧。 (PDF, 1.57MiB)

外部リンク編集