三和グループ

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

三和グループ(さんわグループ)は旧鴻池財閥と旧山口財閥が戦後財閥解体により再編し出来た企業グループである。

目次

概要編集

財閥系企業は戦後企業集団という新しい形で再結集した[1]。旧財閥のうち戦前の財閥時代から金融・産業両部門において殆どあらゆる分野に傘下企業を持っていた三井三菱住友の三大財閥はほぼそのままの形で企業集団として再結集した[注釈 1][2]。だが三大財閥以外に金融部門を中心とした財閥や特定の産業部門を中心とした財閥も多数存在し[2]、総合財閥でないこれらの財閥は銀行を中心とした金融系列に基づく企業集団を形成した[3]。これらの融資系列を母体として登場した企業グループが芙蓉グループ第一勧銀グループと本項目で述べる三和グループである[4]。中核企業の三和銀行は鴻池財閥の中核企業である鴻池銀行・山口財閥の中核企業である山口銀行・第三十四国立銀行の流れを汲む三十四銀行が合併して誕生した銀行であり、三和グループは三和銀行を中心として結成されたグループである三水会の加盟企業・みどり会の加盟企業・クローバー会の加盟企業から構成される企業グループである。三水会は三和グループの社長会であったが[5]、三和銀行が東海銀行と合併してUFJ銀行が設立されたのに伴い旧東海銀行の親密先4社が加入して水曜会に改組された[5]。クローバー会は三和グループの実働部隊であったがUFJ銀行の設立に伴い解散[5]。一方みどり会は法人化され今も活動しており、実質的に三和グループの活動主体となっている。

三和グループ主要各社編集

この節では水曜会・みどり会に加盟している企業を挙げる。 

社名 水曜会 みどり会 備考
アートコーポレーション -
あいおいニッセイ同和損害保険 -
朝日ウッドテック -
旭屋書店 -
天辻鋼球製作所 -
新家工業 -
ECC -
一冨士フードサービス -
伊藤ハム米久ホールディングス -
イトキン -
岩崎通信機
岩谷産業
上村工業 -
宇部興産
エクセディ -
江崎グリコ -
SBSホールディングス -
エヌオーイー -
NTN
OSJBホールディングス -
オークラヤ住宅 -
大阪ガス - 大輪会グループでもある[6]
大阪ソーダ -
オートバックスセブン -
大西 -
大林組 大輪会グループでもある[6]
大林道路 -
奥村組土木興業 -
オリックス
カサタニ -
関西ペイント 最勝会グループでもある[7]
KISCO -
牛乳石鹸共進社 -
京セラ
クリナップ -
栗原工業 -
グリーンスタンプ -
くろがね工作所 -
京成電鉄 -
建設技術研究所 -
神戸製鋼所 第一勧銀グループでもある[8]
国際興業 -
コスモエネルギーホールディングス
コニカミノルタ -
コニシ -
小林クリエイト -
小林製薬 -
堺化学工業 -
サクラクレパス -
ザ・パック -
三桜工業 -
サンスター -
サンセイテクノス -
サントリーホールディングス
J.フロント リテイリング - 旧東海銀行の親密先である[5]
ジェーシービー -
CBC -
島精機製作所 -
島田商事 -
シマノ - 大輪会グループでもある[6]
シュナイダーエレクトリックホールディングス -
商船三井 - 三井グループでもある[8]
昭和丸筒 -
新関西製鐵 -
神鋼環境ソリューション -
新明和工業
スズケン - 旧東海銀行の親密先である[5]
鈴乃屋 -
積水化学工業
積水化成品工業 -
積水樹脂 -
積水ハウス 大輪会グループでもある[6]
錢高組
錢屋アルミニウム製作所 -
センコー -
全日警 -
双日 第一勧銀グループ[8]・大輪会グループ[6]・最勝会グループ[7]でもある。
象印マホービン -
損害保険ジャパン日本興亜 - 第一勧銀グループ[8]古河グループ[9]・芙蓉グループ[8]でもある。
大栄電気 -
大王製紙 -
大京 -
大光電機 -
大正銀行 -
大末建設 -
ダイダン - 大輪会グループでもある[6]
大同生命保険 -
大日本除虫菊 -
ダイハツ工業 トヨタグループでもある[注釈 2][10]
ダイハツディーゼル -
太陽生命保険 -
ダイワボウホールディングス -
高島屋
タキロンシーアイ -
辰馬本家酒造 -
田辺三菱製薬 三菱グループでもある[注釈 3]
田村駒 -
中央自動車工業 -
月島機械 -
TIS -
TOA -
帝人
トーア紡コーポレーション - 最勝会グループでもある[7]
東海旅客鉄道 - 旧東海銀行の親密先である[5]
東畑建築事務所 -
東宝 -
東洋カーマックス -
東洋建設
東洋ゴム工業
東洋紙業 -
東洋電機製造 -
東リ -
トクヤマ 最勝会グループでもある[7]
中山製鋼所
ナブテスコ -
名村造船所 -
南海電気鉄道 -
ニチイ学館 -
日新 -
日新製鋼 最勝会グループでもある[7]
日東電工
日本瓦斯 -
日本コンクリート工業 -
日本通運 - 第一勧銀グループでもある[8]
日本生命保険 -
野村ホールディングス -
ノーリツ鋼機 -
パイロットコーポレーション -
ハウス食品 -
原田産業 -
パレスホテル - 芙蓉グループでもある。
阪急電鉄 -
阪急阪神百貨店 -
阪急阪神ホテルズ -
阪急阪神ホールディングス -
阪急不動産 -
阪九フェリー -
ビジネスコンサルタント -
日立化成 -
日立金属
日立コンシューマ・マーケティング -
日立製作所 第一勧銀グループ[8]・芙蓉グループ[8]でもある。
日立造船
非破壊検査 - 大輪会グループでもある[6]
藤田観光 -
フランスベッド -
ぺんてる -
HOYA
松本油脂製薬 -
丸善石油化学 -
味覚糖 -
三菱東京UFJ銀行 三菱グループでもある[11][12]
三菱UFJ信託銀行 - 三菱グループでもある[11][12]
三菱UFJニコス - 三菱グループでもある[12]
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 - 三菱グループでもある[注釈 4]
三菱UFJリサーチ&コンサルティング - 三菱グループでもある[注釈 5]
三菱UFJリース - 三菱グループでもある[12]
三菱ロジスネクスト - 三菱グループでもある[注釈 6]
三ツ星ベルト -
モリ工業 -
森下仁丹 -
ヤマトインターナショナル -
UCC上島珈琲 -
ユニオン -
ユニチカ
ユニ・チャーム -
ユニー・ファミリーマートホールディングス - 旧東海銀行の親密先である[5]
寄神建設 -
ロックペイント -
六甲バター -
ロッテ -
ワキタ -

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 但し戦前の財閥と異なりピラミッド型のコンツェルンではない。
  2. ^ 1967年トヨタ自動車と業務提携。1998年8月にはトヨタ自動車がダイハツ工業株の過半数を取得し同社の連結子会社となり、トヨタグループの一員となる。そして2016年8月1日、トヨタ自動車の完全子会社となる。なお、親会社のトヨタ自動車は過去の経緯から三井グループに属しているが、後に三和銀行の合併相手となる旧東海銀行とも親密である。
  3. ^ 但し三菱金曜会と三菱広報委員会に加盟しているのは親会社の三菱ケミカルホールディングスであり[11][12]、田辺三菱製薬は三菱金曜会と三菱広報委員会のどちらにも加盟していない。。
  4. ^ 但し三菱金曜会と三菱広報委員会に加盟しているのは親会社の三菱UFJ証券ホールディングスであり[11][12]、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は三菱金曜会と三菱広報委員会のどちらにも加盟していない。
  5. ^ 但し三菱金曜会と三菱広報委員会のどちらにも加盟していない。
  6. ^ 但し三菱金曜会と三菱広報委員会に加盟しているのは実質的な親会社の三菱重工業であり(正確には三菱ロジスネクストの親会社は三菱重工の完全子会社である三菱重工フォークリフト&エンジン・ターボホールディングスである)[11][12]、三菱ロジスネクストは三菱金曜会と三菱広報委員会のどちらにも加盟していない。</ref>

出典編集

  1. ^ 『講和から高度成長へ』、91頁。
  2. ^ a b 『講和から高度成長へ』、93頁。
  3. ^ 『講和から高度成長へ』、93-94頁。
  4. ^ 『講和から高度成長へ』、94頁。
  5. ^ a b c d e f g 「三和 三菱の軍門に下った野武士」『週刊ダイヤモンド』2017年7月29日号、56-57頁
  6. ^ a b c d e f g 大輪会(だいりんかい)とは - 泉佐野丘陵緑地公式サイト内のページ。
  7. ^ a b c d e 長岡禅塾
  8. ^ a b c d e f g h 「六大社長会の加盟企業 秘2017年版バージョン」『週刊ダイヤモンド』2017年7月29日号、32-33頁
  9. ^ 古河グループ(古河三水会)
  10. ^ トヨタ|トヨタグループ
  11. ^ a b c d e 三菱金曜会 会員会社紹介
  12. ^ a b c d e f g 三菱広報委員会 会員会社紹介