三国村(みくにそん)は、岡山県和気郡にあった

みくにそん
三国村
廃止日 1954年3月1日
廃止理由 新設合併
和気郡吉永町、神根村、三国村吉永町
現在の自治体 備前市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
和気郡
隣接自治体 和気郡和気町、神根村
英田郡作東町河会村
兵庫県赤穂郡船坂村
佐用郡久崎町
三国村役場
所在地 岡山県和気郡三国村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の備前市吉永町加賀美、吉永町笹目、吉永町多麻、吉永町都留岐に当たる。美作播磨地域に接する備前地域の村であった。

沿革編集

  • 1888年7月23日 - 三国村初代村長に竹内大八郎が選ばれた 。
  • 1889年6月1日 - 町村制施行に伴い、和気郡加賀美村、笹目村、多麻村、都留岐村が合併し、三国村となる。
  • 1954年3月1日 - 吉永町神根村三国村合併義決を行った(藤本均26代村長)。
  • 1954年3月1日 - 和気郡吉永町、神根村と合併、新たに吉永町となる(昭和25年国勢調査276世帯1498人)。

参考事項編集

  • 1878年7月22日 - 都留岐に戸長役場を設けた。
  • 1879年2月 - 第7回岡山県議選挙に三村久吾が当選した。
  • 1872年11月23日 - 滝谷小学校を創設。生徒数23人。
  • 1874年 - 大藤村に小学校出張所を設けた。
  • 1875年 - 大藤小学校出張所を大藤小学校。牛中に牛中小学校。飯掛に飯掛小学校を設置した。
  • 1905年 - 無限責任三国信用組合を設けた。
  • 1914年11月10日 - 大股火打坂間の道路改修計画を決定(四年度着手、工費10380円)他に飯掛成林万能池間(1000円)尻山田屋間 (3900円)村長藤本房吉 村長長尾見鶴。

参考文献編集

  • 和泉橋警察署 『新旧対照市町村一覧』第2冊(東京 : 加藤孫次郎、1889(明22))
  • 地名編纂委員会 『角川日本地名大辞典33 岡山県』(角川学芸出版、1989、ISBN 4040013301

関連項目編集