三国谷三四郎

三国谷 三四郎(みくにや さんしろう、1879年明治12年)4月8日[1] - 1947年昭和22年)12月24日[2])は、日本教育者

経歴編集

青森県出身。青森県師範学校を経て、東京高等師範学校本科地歴部を卒業[3]静岡県師範学校教諭、韓国官立漢城師範学校教授[4]京城高等普通学校教諭、平壌高等普通学校教諭[5]朝鮮総督府編修官などを務めた[3]。帰国後、京都帝国大学文学部哲学科に入り、1923年大正12年)に卒業した[6]。その後、奈良県師範学校校長、地方視学官兵庫県学務課長を歴任し、1932年(昭和7年)に京都府師範学校校長に就任した[1]1938年(昭和13年)に東京府青山師範学校校長に転じ[7]1943年(昭和18年)に退官した[8]。その後は京都府立女子専門学校校長を務めた[9]

著書編集

  • 『師魂を磨く』(清水書房、1944年)

脚注編集

参考文献編集

  • 教育週報社編『日本教育家録』教育週報社、1926年。
  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十二年版』日本官界情報社、1936年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版』帝国秘密探偵社、1937年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。
  • 山本晴雄「三国谷三四郎 : 師範昇格運動の先達」唐沢富太郎編著『図説 教育人物事典 : 日本教育史のなかの教育者群像』中巻、ぎょうせい、1984年。
公職
先代:
校長事務取扱
鷲尾竜潭
京都府立女子専門学校長
1943年 - 1946年
校長事務取扱
1943年
次代:
校長事務取扱
園正三
先代:
長谷川乙彦
東京府青山師範学校長
1938年 - 1943年
次代:
東京第一師範学校長
藤本万治
先代:
川面松衛
京都府師範学校長
1932年 - 1938年
次代:
立川伊三郎
先代:
古川正澄
奈良県師範学校長
1924年 - 1928年
次代:
渡辺周太郎