三國志 ゲームボーイ版

三國志 ゲームボーイ版』(さんごくし げーむぼーいばん)は、1992年9月30日に日本の光栄から発売されたゲームボーイ歴史シミュレーションゲーム

三國志 ゲームボーイ版
ジャンル 歴史シミュレーション
対応機種 ゲームボーイ (GB)
開発元 光栄
発売元 光栄
プロデューサー シブサワ・コウ
音楽 向谷実
シリーズ 三國志シリーズ
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット
発売日 日本 199209301992年9月30日
その他 型式:DMG-ISJ
テンプレートを表示

同社による『三國志シリーズ』のゲームボーイ用ソフト第1作目。本作は他機種からの移植ではなく、ゲームボーイ用に製作されたオリジナル作品。シナリオは「董卓の横暴」と「劉備の雌伏」を収録している。

1999年に本作の移植作となるワンダースワン用ソフト『三國志 for WonderSwan』が発売された。また後に続編として『三國志 ゲームボーイ版2』(1999年)が発売されたが、こちらは『三國志II』(1989年)の移植作品である。

ゲーム内容編集

本作は『初代』(1985年)と『三國志II』をミックスさせた感じになっているが、顔グラフィックは『三國志III』(1992年)の顔を、BGMは『三國志II』のものを使用している。登場武将総数は198人。

新君主のプレイはなく、容量の関係でプレイできる群雄も限られている。

シナリオは「董卓の横暴」(190年)と「劉備の雌伏」(200年)の2つ。の三国鼎立のシナリオはなく、後漢志な状態である。

特徴として、同盟国に限り、隣接する複数国を巻き込んだ戦争が起こせる点がある。そのため、複数国を一気に攻め落としたり、逆に攻め落とされる可能性もある。しかし、隣接する同盟国が戦争を起こすと、否応なくプレイヤーも巻き込まる。『信長の野望・天翔記』に近いシステムだが、ゲームバランスの関係からか、同時に同盟を結べる君主は1つのみという制限も付いている。

なお、本作では唯一存在する歴史イベント「関羽千里行」がある。シナリオ2で曹操でプレイし、配下の関羽をつれて自ら総大将となって劉備の本拠地に攻めると発生する。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 三國志 for WonderSwan   199904011999年4月1日
ワンダースワン コーエー コーエー ロムカセット SWJ-KEX002

基本的にはゲームボーイ版と同じだが、『三國志 for WonderSwan』では、顔グラフィックが『三國志V』(1995年)のものに変更されている。また、通信機能により対戦も可能になっている。

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通22/40点 (GB)[1][2]
24/40点 (WS)[3]
ファミリーコンピュータMagazine20.2/30点 (GB)[4]
ゲームボーイ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では5、6、6、5の22点(満40点)[1][2]。レビュアーはGBになったことで国の数が減少したのは多少物足りないが戦闘も簡略化されシンプルモードはテンポがよくGB用に作られたタイニー版三國志で、文字は読みやすく、入門用としてプレイできそうな完成度は決して低くないとし、三國志に興味がないと面白くないとした[1]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.5 3.4 3.0 3.2 3.7 3.3 20.2
ワンダースワン版

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ファミコン通信 No.199 1992年10月9日号 38ページ
  2. ^ a b 三國志 ゲームボーイ版 まとめ [ゲームボーイ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年11月15日閲覧。
  3. ^ a b 三國志 for ワンダースワン まとめ [ワンダースワン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年11月15日閲覧。
  4. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『PlayStation Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 480頁、 ASIN B00J16900U

外部リンク編集