メインメニューを開く

三好豊一郎(みよし とよいちろう、1920年8月25日1992年12月12日)は、日本の詩人

東京出身。早稲田大学専門部卒。鮎川信夫らと交遊、戦時下に詩誌「故園」を発行。1947年『荒地』創刊に参加。1949年第一詩集『囚人』を刊行。1975年『三好豊一郎詩集』で無限賞、1984年『夏の淵』で第14回高見順賞受賞。

目次

著書編集

  • 『囚人 三好豊一郎詩集』岩谷書店 1949
  • 『現代日本詩集 第16 小さな証し』思潮社 1963
  • 『三好豊一郎詩集』思潮社 現代詩文庫 1970
  • 『Spellbound 三好豊一郎詩集』落合書店 天山文庫 1975
  • 『三好豊一郎詩集』サンリオ 1975
  • 『蜉蝣雑録』小沢書店 1976
  • 『林中感懐 詩集』小沢書店 1978
  • 『内部の錘 近代詩人論』小沢書店 1980
  • 『夏の淵 詩集』小沢書店 1983
  • 『寒蝉集 詩集』書肆山田 1989
  • 『三好豊一郎詩書画』三好阿佐子 2002

共編著編集

翻訳編集

参考編集