メインメニューを開く

三姉妹』(さんしまい)は、1967年1月1日 - 12月24日NHKで放送された5作目の大河ドラマ

三姉妹
ジャンル ドラマ
原作 大佛次郎逢魔の辻」「その人」「薔薇の騎士」他
脚本 鈴木尚之
演出 清水満 他
出演者 岡田茉莉子
山崎努
藤村志保
栗原小巻
芦田伸介
丹阿弥谷津子
志村喬
中村嘉津雄
井上孝雄
勝部演之
山口崇
御木本伸介
米倉斉加年
内藤武敏
中村敦夫
鈴木瑞穂
佐藤慶
瑳峨三智子
中村玉緒
西村晃
滝沢修
オープニング 佐藤勝
製作総指揮 硲光臣
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1967年1月1日 - 12月24日
放送時間 日曜20:15-21:00
放送枠 大河ドラマ
放送分 45分
回数 全52
テンプレートを表示

概要編集

幕末の動乱から明治維新を迎えるまでを、旗本の三姉妹の視点から描く。大河ドラマ初の女性主役作品で、時代の波に翻弄される三姉妹の流転の物語である。

1967年は明治維新より100年に当たり、翌68年『竜馬がゆく』と併せ幕末が舞台となった。NHKは100年を何らかの形で題名に入れるべく大佛次郎に打診したが、断られた模様で、代わりに大佛自身の幕末を舞台とした作品(『逢魔の辻』『その人』『薔薇の騎士』など)を元に脚本を書くことを提案し本作が執筆された。ちなみに、オープニングクレジットでは「大佛次郎原作 より」と書かれている。一応、大河ドラマ初のオリジナル企画と見ることも出来るが、原作は存在する[1]。また翌68年11月には国立劇場にて、明治百年記念芸術祭特別公演『三姉妹』が上演された。

事実上の主人公もしくは狂言回しに相当するのは青江金五郎で、倒幕の志士と深い関わりを持つことになる青江を巡って歴史上の様々な事件が展開する上、彼がほとんど登場しない話では、新撰組に加入した毛谷右京や、彼を慕い追いかけ非業の死を遂げるお勇など、数人の副主人公ともいうべき人物らの物語が綴られ、ドラマは幕末から維新へと進行していく。また、架空人物を主人公としたことも、大河ドラマ史上初であった。栗原小巻の出世作でもあり「コマキスト」と呼ばれるファン層を作り出した。

本編にはサブタイトルが設定されていない。本編にサブタイトルがない作品は珍しく、本作以外では1968年『竜馬がゆく』、1972年『新・平家物語』、2016年『真田丸』(最終話のみ、詳細はこちら)のケースが該当する。

平均視聴率は19.1%、最高視聴率は27.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]

キャスト編集

太字は現存する第19話の出演者

主人公とその周辺編集

維新志士とその周辺編集

幕府側人物編集

その他(実在人物)編集

その他(架空人物)編集

スタッフ編集

放送編集

特記が無い限りNHKクロニクルのNHK番組表ヒストリーで確認。

通常放送時間編集

  • NHK総合テレビジョン:毎週日曜 20時15分 - 21時00分
  • (再放送)NHK総合テレビジョン:毎週土曜 13時25分 - 14時10分[3]

放送日程編集

総集編編集

  • 総集編1:1967年12月30日 19時20分から20時59分
  • 総集編2:1967年12月31日 19時30分から20時50分

映像の現存状況編集

NHKには第19話と総集編前編の一部のみが現存し、他の話数は現存してないとされている。NHKアーカイブスで公開されている。

2019年3月に、現存する第19話(43分)、総集編前編の一部(21分)、制作風景(音声なし8分)を収録したDVDが発売された。

脚注編集

  1. ^ 鈴木尚之・童門冬二『三姉妹』(光風社書店(上下)、1967年)で出版
  2. ^ ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  3. ^ 一部放送日時の変更あり

外部リンク編集