三宅 健(みやけ けん[1]1979年7月2日[1] - )は、日本タレント俳優歌手アイドル。男性アイドルグループ[3]V6、Coming Century(カミセン)およびKEN☆Tackeyのメンバー[1]

みやけ けん
三宅 健
生年月日 (1979-07-02) 1979年7月2日(39歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県[1]
身長 164cm[2]
血液型 O型[1]
職業 タレント俳優歌手
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 1993年 -
活動内容 1995年:V6、歌手デビュー
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品

テレビドラマ
『名探偵 保健室のオバさん』(1997年)
バーチャルガール』(2000年)
ネバーランド』(2001年)
ほっとけない魔女たち』(2014年)


映画
COSMIC RESCUE』(2003年)
Hard Luck Hero』(2003年)
ホールドアップダウン』(2005年)
親指さがし』(2006年)

舞台
『二万七千光年の旅 -世紀末の少年-』(2000年)
『卒業 -THE GRADUATE-』(2004年)
『第32進海丸』(2006年)
『殺人者』(2007年)
『第17捕虜収容所』(2008年)
『ULTRA PURE!』(2010年)

声の出演
サンダーバード』(2004年)
備考
V6、Coming Century、KEN☆Tackeyのメンバー

神奈川県出身[1]ジャニーズ事務所所属。

目次

来歴編集

  • 1993年に親戚の勧めでジャニーズ事務所へ履歴書を送り、2,3日後には社長のジャニー喜多川から直接電話を受け、SMAPのコンサートに誘われる[4]。当日は中居正広がバラードを披露した際に周りにたたずむ少年たちの役で出演し、その日のうちに私服でアイドル雑誌の撮影にも参加した[4]。また、ジャニーズJr.として活動し始めてからも、「YOUはビジュアルでいくから」と、最初のうちはダンスレッスンも免除されていたという[4]。その後、森田剛とともに「剛健コンビ」と呼ばれ人気を博す[5]
  • 1995年7月27日ジャニーズJr.としては初の単独コンサートである「夏だ!祭りだ!子どもカーニバル“ジャニーズJr.ミニライブ”」で森田とともにメインボーカルを務める[要出典]
  • 1995年9月4日バレーボールワールドカップ初の公式応援団として結成された6人組ダンス&ボーカルユニット・V6のメンバーに選ばれ(当時16歳)、同時に年少組3人のチーム・Coming Centuryとしても活動を始める。11月1日MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビュー。
  • 2000年 野田秀樹作の『二万七千光年の旅〜世紀末の少年〜』で初舞台初主演。
  • 2003年 映画『COSMIC RESCUE』にComing Centuryの3人で映画初主演。
  • 2005年 4月からラジオ番組『三宅健のラヂオ』がスタート、単独でパーソナリティを務める。
  • 2006年親指さがし』で映画単独初主演。
  • 2014年4月より NHKEテレにて「みんなの手話」ナビゲーターを担当。
  • 2016年から3年連続「滝沢歌舞伎」にゲスト参加。
  • 2016年夏季リオデジャネイロパラリンピックのNHKユニバーサル番組のメインパーソナリティーを担当。
  • 2018年冬季ピョンチャンオリンピック及びパラリンピックのNHKユニバーサル番組のメインパーソナリティを担当。
  • 同年、事務所の後輩・滝沢秀明と、アイドルデュオ・KEN☆Tackeyを結成。7月18日、「逆転ラバーズ」でデビュー予定。

人物編集

趣味・嗜好・特技編集

  • 手話を学び、現在では「みんなの手話」ナビゲーターなどの仕事に生かしている。2005年、V6デビュー10周年の握手会のとき、聴覚障害を持つ女性から手話で話しかけられたが何も答えられなかったのをきっかけに、手話を習い始めた。一時は挫折し手話から離れた時期もあったが、現在は地域の手話講習会に申し込み、週1回2時間の講習を受け続けている。[6]

V6における活動編集

  • 2000年に活動したV6の別ユニット6V(ロクボルト)の一員。この際に井ノ原快彦と2人で「6V 感電ビリビリRemix」という曲をレコーディングした(CD化はされていない)。
  • 2003年に行われたコンサートツアーのテーマ曲「LOVE&LIFE」(作曲・井ノ原)と、Coming Centuryの「WHAT'S COOL」(V6 7th Single「WAになっておどろう」カップリング)の作詞をした。
  • 携帯電話公式ホームページ「johnny's Web」で「にこにこ健゜」というコーナーを持ち、三宅独特の文章を配信している。各記事の主題は(トニセン・カミセン含む)V6の曲名を採用している。
  • 発案・提案が採用されることが多い。

その他・エピソード編集

  • 第65回NHK紅白歌合戦』で伍代夏子のバックダンサーを務めた際、歌唱前のトークで言葉を噛み、「伍代さんの後ろで踊らされてる…」と失言してしまった[8][9][10]。後日、三宅は伍代に詫びの年賀状を送り、また両者の交流も生まれたという[11]

出演編集

テレビドラマ・映画以外は個人での出演のみ記述。V6またはComing Centuryのメンバーとしての出演はV6 (グループ)#出演を参照。

テレビドラマ編集

バラエティー番組編集

その他のテレビ番組編集

  • NHKみんなの手話(2014年4月 - 、NHK Eテレ) - ナビゲーター
  • みんなで応援!リオパラリンピック(2016年9月9日-20日NHK Eテレ) - メインパーソナリティ [13]
  • みんなで応援!ピョンチャンオリンピック(2018年2月18日、25日)[NHK 総合] みんなで応援!ピョンチャンパラリンピック(2016年3月10日-19日)[NHK 総合] - メインパーソナリティ

映画編集

吹き替え編集

舞台編集

  • 二万七千光年の旅 -世紀末の少年-(2000年)- 主演・無名人 役
  • 卒業 -THE GRADUATE-(2004年) - 主演・ベンジャミン 役
  • 第32進海丸(2006年) - 主演・牧野サトル 役
  • 殺人者(2007年)- 主演・松田勝 役
  • 第17捕虜収容所(2008年) - 主演・セフトン 役
  • ULTRA PURE!(2010年) - 主演・沢田俊太郎 役
  • ラブリーベイベー - 主演・恋司 役(東京公演:2011年10月28日-11月13日、東京グローブ座 / 大阪公演:2011年11月17日-20日、シアター・ドラマシティ
  • Some Girl(s) - 主演・男 役(東京公演:2013年10月25日-11月10日、東京グローブ座 / 大阪公演:2013年11月14-17日、シアター・ドラマシティ)
  • 炎立つ - イエヒラ 役(東京公演:2014年8月9日-8月31日、シアターコクーン / 愛知公演:2014年9月3日-4日、刈谷市総合文化センター / 広島公演:2014年9月6日-7日、上野学園ホール / 兵庫公演::2014年9月10日-15日、兵庫県立芸術文化センター / 岩手公演:2014年9月20日-21日、岩手県民会館
  • 滝沢歌舞伎 2016(2016年4月10日 - 5月15日、新橋演舞場[14]
  • 滝沢歌舞伎 2017(2017年4月6日 - 5月14日、新橋演舞場)

ラジオ番組編集

CM編集

書籍編集

写真集編集

  • 三宅健&今井翼 真夏の少年『ネバーランド』(2001年8月、集英社TVブック)

雑誌連載編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 三宅健のプロフィール”. ORICON STYLE. oricon ME. 2015年8月18日閲覧。
  2. ^ PROFILE(V6)-Johnny's web”. Johnny's web. 2016年9月閲覧。
  3. ^ https://www.asahi.com/articles/ASL5C65XGL5CUCVL037.html
  4. ^ a b c V6三宅健の"超エリート待遇入所"にTOKIO驚き「異例中の異例」”. マイナビニュース. マイナビ (2017年8月10日). 2018年7月1日閲覧。
  5. ^ 高橋梓 (2015年12月17日). “V6森田&三宅、NEWS手越&増田、セクゾ菊池&中島……“シンメ”の関係性にはどんな物語がある?”. Real Sound. 2018年7月1日閲覧。
  6. ^ a b "手話が話題のV6三宅健 リオパラリンピックで感じた“違和感”"女性自身、インタビュー記事(2016年10月6日)2017年2月5日閲覧
  7. ^ V6のニューシングル「Can’t Get Enough」、三宅健が認めた正式の愛称が決定!”. ジャニーズ研究会 (2017年3月20日). 2017年3月20日閲覧。
  8. ^ V6三宅が“大失言””. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2014年12月31日). 2016年2月14日閲覧。
  9. ^ 【紅白】V6三宅失言?「伍代さんの後ろで踊らされる…」,東スポWeb,2014年12月31日
  10. ^ 「紅白」司会V6井ノ原快彦、三宅健の“失言”を回顧「まずは謝罪から」 安定感抜群トークに「さすが」の声”. モデルプレス. ネットネイティブ (2015年11月27日). 2016年2月14日閲覧。
  11. ^ V6・三宅健、伍代夏子に“お詫び”年賀状! 「珍しいくらいしっかりしてる」と絶賛,サイゾーウーマン,2015年2月13日
  12. ^ まんたんウェブ (2014年7月13日). “<三宅健>10年ぶり連ドラ出演 「何もかもが新鮮」”. 2014年7月13日閲覧。
  13. ^ “V6三宅健、NHKパラリンピックのメインパーソナリティ就任 初のユニバーサル放送も決定”. ORICON STYLE. (2016年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2076176/full/ 2016年8月3日閲覧。 
  14. ^ 三宅健は滝沢秀明を抱く気持ちで熱演⁉︎”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2016年4月10日). 2016年4月22日閲覧。
  15. ^ 三宅健&滝沢秀明、ケンタッキーCMに! 互いに「ケン」「タッキー」呼びかけ”. マイナビニュース. マイナビ (2016年4月8日). 2016年4月22日閲覧。

外部リンク編集