メインメニューを開く

三宅 健(みやけ けん[1]1979年7月2日[1] - )は、日本タレント俳優歌手アイドル。男性アイドルグループ・V6、Coming Century(カミセン)、KEN☆Tackeyのメンバー[1]

みやけ けん
三宅 健
生年月日 (1979-07-02) 1979年7月2日(39歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県[1]
身長 164cm[2]
血液型 O型[1]
職業 タレント俳優歌手
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 1993年 -
活動内容 1995年:V6、歌手デビュー
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品

テレビドラマ
『名探偵 保健室のオバさん』(1997年)
バーチャルガール』(2000年)
ネバーランド』(2001年)
ほっとけない魔女たち』(2014年)


映画
COSMIC RESCUE』(2003年)
Hard Luck Hero』(2003年)
ホールドアップダウン』(2005年)
親指さがし』(2006年)

舞台
『二万七千光年の旅 -世紀末の少年-』(2000年)
『卒業 -THE GRADUATE-』(2004年)
『第32進海丸』(2006年)
『殺人者』(2007年)
『第17捕虜収容所』(2008年)
『ULTRA PURE!』(2010年)

声の出演
サンダーバード』(2004年)
備考
V6、Coming Century、KEN☆Tackeyのメンバー

神奈川県出身[1]ジャニーズ事務所所属。

目次

来歴編集

人物編集

  • 2005年、V6デビュー10周年の握手会のとき、聴覚障害を持つ女性から手話で話しかけられたが何も答えられなかったのをきっかけに、手話を習い始め、『みんなの手話』ナビゲーターなどの仕事に生かしている。一時は挫折し手話から離れた時期もあったが、地域の手話講習会に申し込み、週1回2時間の講習を受けるようになった。またライブDVD『V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995〜FOREVER-』に日本語字幕をつけることを提案した[12]
  • 第65回NHK紅白歌合戦』で伍代夏子のバックダンサーを務めた際、歌唱前のトークで言葉を噛み、「伍代さんの後ろで踊らされてる…」と失言してしまった[13][14]。後日、三宅は伍代に詫びの年賀状を送り、それに対して伍代が焼酎を贈るといった交流もあったという[15]
  • King & Princeに注目していることを公言しており、デビュー曲の『シンデレラガール』を絶賛したり、音楽番組の舞台裏でメンバーにアドバイスを送ったことをラジオ番組で明かしている[16]

出演編集

テレビドラマ・映画以外は個人での出演のみ記述。V6またはComing Centuryのメンバーとしての出演はV6 (グループ)#出演を参照。

テレビドラマ編集

バラエティー番組編集

その他のテレビ番組編集

  • NHKみんなの手話(2014年4月 - 、NHK Eテレ) - ナビゲーター[8]
  • みんなで応援!リオパラリンピック(2016年9月9日 - 20日NHK Eテレ) - メインパーソナリティ[9]
  • みんなで応援!ピョンチャンオリンピック(2018年2月18日、25日)[NHK 総合] みんなで応援!ピョンチャンパラリンピック(2016年3月10日 - 19日)[NHK 総合] - メインパーソナリティ[10]

映画編集

吹き替え編集

舞台編集

ラジオ番組編集

CM編集

書籍編集

写真集編集

  • 三宅健&今井翼 真夏の少年『ネバーランド』(2001年8月、集英社TVブック)
  • 映画『親指さがし』オフィシャル・ビジュアルブック(2006年8月、学習研究社)[46]

雑誌連載編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 三宅健のプロフィール”. ORICON STYLE. oricon ME (2018年3月30日). 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ PROFILE(V6)-Johnny's web”. Johnny's web. 2016年9月閲覧。
  3. ^ a b c V6三宅健の"超エリート待遇入所"にTOKIO驚き「異例中の異例」”. マイナビニュース. マイナビ (2017年8月10日). 2018年7月1日閲覧。
  4. ^ 高橋梓 (2015年12月17日). “V6森田&三宅、NEWS手越&増田、セクゾ菊池&中島……“シンメ”の関係性にはどんな物語がある?”. Real Sound. 2018年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e V6 Biography 2003”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  6. ^ a b V6 Biography 2005”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  7. ^ a b “V6三宅健の単独初主演映画は心の闇描く”. 日刊スポーツ. (2006年7月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20060711-58721.html 2018年8月18日閲覧。 
  8. ^ a b “三宅健が「みんなの手話」のナビゲーターに V6全員のNHKレギュラー出演を熱望”. エンタメOVO. (2014年3月17日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/481996 2018年8月18日閲覧。 
  9. ^ a b “V6三宅健、NHKパラリンピックのメインパーソナリティ就任 初のユニバーサル放送も決定”. ORICON STYLE. (2016年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2076176/full/ 2016年8月3日閲覧。 
  10. ^ a b “三宅健、ピョンチャンオリンピック・パラリンピックの魅力を手話で発信!”. ザテレビジョン. (2018年1月24日). https://thetv.jp/news/detail/134934/ 2018年8月18日閲覧。 
  11. ^ “【オリコン】三宅健と滝沢秀明の新ユニット・KEN☆Tackey、デビュー作が初登場首位”. ORICON NEWS. (2018年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2116095/full/ 2018年8月11日閲覧。 
  12. ^ "手話が話題のV6三宅健 リオパラリンピックで感じた“違和感”"女性自身、インタビュー記事(2016年10月6日)2017年2月5日閲覧。
  13. ^ V6三宅が“大失言””. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2014年12月31日). 2016年2月14日閲覧。
  14. ^ 「紅白」司会V6井ノ原快彦、三宅健の“失言”を回顧「まずは謝罪から」 安定感抜群トークに「さすが」の声”. モデルプレス. ネットネイティブ (2015年11月27日). 2016年2月14日閲覧。
  15. ^ 伍代夏子がV6三宅健との交流明かす 「今時の若い人には珍しい、キッチリしてる人」”. music.jpニュース. エムティーアイ (2015年2月16日). 2018年7月19日閲覧。
  16. ^ V6三宅健、“後輩”King & Princeに親心 テージ本番直前エピソードにファン感動「キンプリ愛を感じた」「平野くんのお顔をべた褒め」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年7月31日). 2018年9月25日閲覧。
  17. ^ V6 Biography 1994”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  18. ^ a b c d V6 Biography 1995”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  19. ^ a b c V6 Biography 1996”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  20. ^ V6 Biography 1997”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  21. ^ V6 Biography 1998”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  22. ^ V6 Biography 1999”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  23. ^ a b V6 Biography 2000”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  24. ^ a b V6 Biography 2001”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  25. ^ a b V6 Biography 2002”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  26. ^ a b c d V6 Biography 2004”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  27. ^ a b “V6三宅健、10年ぶり連ドラ出演「初心に帰る」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年7月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2039763/full/ 2018年8月18日閲覧。 
  28. ^ 三宅健、『トットちゃん!』出演で黒柳徹子に恋!「TVの底力を伝えたい」”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2017年10月23日). 2017年11月12日閲覧。
  29. ^ “V6三宅 伊東四朗の影響で礼儀大切に”. デイリースポーツonline. (2015年8月16日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/16/0008310790.shtml 2018年8月18日閲覧。 
  30. ^ a b V6 Biography 2010”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  31. ^ “雨上がり司会『その顔が見てみたい』、放送開始から1年未満で“ゴールデン”昇格!”. ORICON NEWS. (2011年6月9日). https://www.oricon.co.jp/news/88625/full/ 2018年8月18日閲覧。 
  32. ^ “劇場公開映画初主演! V6、10周年の集大成!!”. SANSPO.COM. (2005年3月31日). オリジナル2005年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050406032817/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200503/gt2005033102.html 
  33. ^ “三宅健、土佐の漁師…「第32進海丸」初日”. スポーツ報知. (2006年6月20日). オリジナル2006年6月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060622015311/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060620-OHT1T00055.htm 
  34. ^ V6 Biography 2007”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  35. ^ “V6三宅「スパイするなら長野君」 1年半ぶり主演舞台 『第17捕虜収容所』開幕”. 東京中日スポーツ. (2008年5月20日). オリジナル2008年5月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080521050558/http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/entertainment/news/CK2008052002012777.html 
  36. ^ “30歳V6三宅が童貞!?「新鮮な気持ち」”. デイリースポーツonline. (2010年1月22日). オリジナル2010年1月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100125161625/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/01/22/0002658263.shtml 
  37. ^ “V6三宅 菅原永二とのキスにハマった!?”. デイリースポーツonline. (2011年10月29日). オリジナル2011年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111107072400/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/10/29/0004582195.shtml 2018年7月19日閲覧。 
  38. ^ “三宅健「可愛く生まれてすみません!」2年ぶりの主演舞台で"モテ男"役”. マイナビニュース. (2013年10月26日). https://news.mynavi.jp/article/20131026-a035/ 2018年8月18日閲覧。 
  39. ^ “V6三宅健、平幹二朗から「いじめがいがある」と怪しい微笑み!?”. クランクイン!. (2014年8月9日). https://www.crank-in.net/news/32230/1 2018年8月18日閲覧。 
  40. ^ 三宅健は滝沢秀明を抱く気持ちで熱演⁉︎”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2016年4月10日). 2018年8月18日閲覧。
  41. ^ “まもなく上演600回!「滝沢歌舞伎2017」にV6・三宅健、Snow Manら”. ステージナタリー. (2017年1月17日). http://natalie.mu/stage/news/217205 2017年1月18日閲覧。 
  42. ^ “滝沢秀明:「滝沢歌舞伎」名古屋初上演に「いつも以上に気合」御園座ならではの演出も?”. MANTANWEB. (2018年3月2日). https://mantan-web.jp/article/20180302dog00m200015000c.html 2018年4月7日閲覧。 
  43. ^ “V6三宅健×鈴木裕美が10年ぶりのタッグ「二十日鼠と人間」共演に花乃まりあ”. ステージナタリー. (2018年6月21日). https://natalie.mu/stage/news/287688 2018年8月18日閲覧。 
  44. ^ 市川海老蔵×三宅健、歌舞伎版『羅生門』に挑戦! 六本木歌舞伎第3弾”. マイナビニュース. マイナビ (2018年9月17日). 2018年9月25日閲覧。
  45. ^ 三宅健&滝沢秀明、ケンタッキーCMに! 互いに「ケン」「タッキー」呼びかけ”. マイナビニュース. マイナビ (2016年4月8日). 2016年4月22日閲覧。
  46. ^ V6 Biography 2006”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。
  47. ^ V6 Biography 2013”. Johnny's net (n.d.). 2018年8月18日閲覧。

外部リンク編集