メインメニューを開く

三宅 尚斎(みやけ しょうさい、寛文2年1月4日1662年2月22日) - 元文6年1月29日1741年3月16日))は、江戸時代前期の儒学者。名は重固。小字は儀左衛門、後に丹治と改める。佐藤直方浅見絅斎と共に山崎闇斎門の三傑と称せられる。

目次

生涯編集

丹波篠山藩家臣・平出重直の第3子として播磨に生まれる。幼い頃は平出家に養子として入った父の意向に従い医術を学ぶ。17歳の頃に父を失い、19歳に山崎闇斎の門に入り、儒学を修める。姓を「三宅」に復したのはこの時である。元禄2年(1689年)に江戸に来て、翌年には武蔵忍藩阿部正武に仕える。10年間忠実に勤め、しばしば主君を諫めたが、その意見が聞かれないので病と称して3回致仕を願い出る。

宝永4年(1707年)に忍城に幽閉される。友人である三輪執斎細井広沢が赦免を請うが許されず、3年後に5代将軍徳川綱吉の逝去による大赦にあい放免された。宝永7年(1710年)、京都に行き儒学を教え始める。享保18年(1733年)、中国の小学・大学にならい、培根堂・達支堂を設ける。諸侯に頼まれて講説することも多く、特に土佐藩には世子の賓師として迎えられた。

門下に久米訂斎井沢灌園石王塞軒多田東渓留守希斎蘆野東山蟹養斎玉田黙斎菅野兼山山宮雪楼など。

学問編集

尚斎の学問は朱子学の遵守にあり、それほど独創性はない。同門の三輪執斎が王陽明三宅石庵陸象山玉木葦斎が神道に影響されていたのを批判したが、交友を絶たず温厚の長者として重んじられた。しかし尚斎は易にもとづく占筮を得意とし、独自の神秘説を持っていたことがうかがえる。

著作編集

  • 『狼疐録(ろうちろく)』3巻
  • 『默識録』
  • 『氏族弁証附録』
  • 『同姓為後称呼説』
  • 『尚斎語録』

参考文献編集