三宅 淳詞(みやけ あつし、1999年3月17日 - )は、三重県伊勢市出身のレーシングドライバー。 

三宅淳詞
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-03-17) 1999年3月17日(24歳)
出身地 三重県伊勢市
SUPER GTでの経歴
デビュー 2020
所属 Max Racing
車番 244
出走回数 25
優勝回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
シリーズ最高順位 5位 (2021年)
過去参加シリーズ
2018
2019
2021
2022
スーパーFJ
FIA-F4選手権(日本)
スーパーフォーミュラ・ライツ
スーパーフォーミュラ

経歴 編集

3歳の時に父親と全日本GT選手権のレースを観戦したことをきっかけで、4歳からカートを始めた。2015年に鈴鹿選手権のX30クラスでタイトルを獲るなど活躍の後、2018年に鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラを首席で卒業し、スカラシップを獲得。この年はスーパーFJ鈴鹿クラブマンでチャンピオンを獲得となり、その後のスーパーFJ日本一決定戦でも優勝を手にする。2019年にはHFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)の一員としてFIA-F4選手権に参戦して1勝を挙げ、表彰台フィニッシュ8回を記録してルーキー最上位のランキング2位を獲得した。[1]。しかし、同年限りでホンダの育成枠から外されてしまった。

2020年からSUPER GTのGT300クラスにMax Racingのレクサス・RC F GT3で初参戦。自身のホームコース鈴鹿での第3戦では、予選Q1のB組2位タイムを記録して見せた。2021年はトヨタ・GR スープラ GTにスイッチしたMax RacingでのSUPER GT参戦2年目、第3戦鈴鹿で初優勝[2]全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権にもルーニースポーツから参戦し、2勝を挙げてランキング4位となった。

2022年は引き続きSUPER GTにMax Racingから参戦し[3]、新たにTEAM GOHからスーパーフォーミュラにステップアップし[4]、第4戦のオートポリスではファステストラップを記録し、3位表彰台を獲得。しかし、ランキングは14位となり1年限りでスーパーフォーミュラのシートをと失ってしまった。

2023年も引き続きSUPER GTにMax Racingから参戦。開幕戦の岡山国際サーキットでは予選12位からのスタートとなったものの、ピット戦略で順位を上げ3位表彰台を獲得した。しかし第4戦の富士スピードウェイでマシンが炎上し、Max Racingはシーズン中のマシン修復を断念し、シーズン途中での撤退を発表した。

2024年のSUPER GTはGT300クラスからステップアップし、日産の3号車「NISMO NDDP」で高星明誠とタッグを組む[5]。また、スーパーフォーミュラにリザーブドライバーとして一年間チームに帯同していたThreeBond Racingから2年ぶりにレースドライバーとして起用される[6]

レース戦績 編集

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2018 FIA-F4選手権 Eagle Sports 2 0 0 0 0 0 24位
2019 FIA-F4選手権 Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト 14 1 3 1 8 147 2位
2020 SUPER GT - GT300 Max Racing 8 0 0 0 0 0 NC
スーパー耐久 - ST-3 5 0 0 1 2 72.5‡ 4位‡
2021 スーパーフォーミュラ・ライツ Rn-sports 17 2 0 1 5 57 4位
SUPER GT - GT300 Max Racing 8 1 0 1 1 44 5位
スーパー耐久 - ST-3 4 0 0 0 3 104‡ 2位‡
2022 SUPER GT - GT300 Max Racing 7 0 0 0 0 1 35位
スーパーフォーミュラ TEAM GOH 10 0 0 1 1 21 14位
2023 SUPER GT - GT300 Max Racing 4 0 0 0 1 11 19位
GTワールドチャレンジ・アジア - GT3 CREF Motor Sport 2 0 0 0 0 0 NC
スーパー耐久 - ST-3 OKABEJIDOSHA motorsport 1 0 0 0 0 113‡ 4位‡
2024 SUPER GT - GT500 NISMO NDDP * 位*
スーパーフォーミュラ ThreeBond Racing * 位*

* 現在進行中のシーズン。

‡ チームランキング

  • 2018年
    • SRS-F スカラシップ獲得
    • 鈴鹿クラブマン スーパーFJクラス(シリーズチャンピオン)
    • S-FJ 日本一決定戦優勝
  • 2019年 - FIA-F4選手権(ランキング2位)
  • 2020年
  • 2021年
    • 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(ランキング4位)
    • SUPER GT GT300クラス(ランキング5位)
    • スーパー耐久 ST-3クラス
  • 2022年
    • 全日本スーパーフォーミュラ選手権(ランキング14位)
    • SUPER GT GT300クラス(ランキング35位)

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2021年 Rn-sports SPIESS FSW
1

6
FSW
2

5
FSW
3

1
SUZ
1

4
SUZ
2

6
SUZ
3

4
AUT
1

1
AUT
2

6
SUG
1

5
SUG
2

5
SUG
3

4
TRM
1

6
TRM
2

3
TRM
3

5
TRM
1

3
TRM
2

6
TRM
3

2
4位 59.5

スーパーフォーミュラ 編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2022年 TEAM GOH ダラーラ・SF19 ホンダ FSW
10
FSW
5
SUZ
Ret
AUT
3
SUG
18
FSW
Ret
MOT
Ret
MOT
15
SUZ
12
SUZ
8
14位 21

SUPER GT 編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2020年 Max Racing レクサス・RC F GT3 GT300 FSW
16
FSW
13
SUZ
20
TRM
26
FSW
19
SUZ TRM
15
FSW
24
NC 0
2021年 トヨタ・GR スープラ GT GT300 OKA
5
FSW
11
SUZ
1
TRM
5
SUG
9
AUT
17
TRM
7
FSW
7
5位 44
2022年 GT300 OKA
WD
FSW
19
SUZ
22
FSW
DNS
SUZ
Ret
SUG
14
AUT
10
MOT
17
35位 1
2023年 GT300 OKA
3
FSW
16
SUZ
16
FSW
Ret
SUZ SUG AUT MOT 19位 11
2024年 NISMO NDDP 日産・Z NISMO GT500 GT500 OKA
FSW
SUZ
FSW
SUZ
SUG
AUT
MOT
位* *

エピソード 編集

  • 2021年のSUPER GT最終戦(富士)にてレーシングアクシデントを起こしたARTA NSX(55号車)の佐藤蓮に対し、グランドフィナーレでSRS時代より親交のあった三宅は、ずっと寄り添い背中を叩くなどの行為により優しさを見せていた。また、公式中継映像のカメラに佐藤が撮られそうになった際に、さりげなくカメラに背中を向け 遮るといった優しさも見せている。そんな2人が翌年(2022年)チームメイトとしてSFにエントリーした。
  • 2021年に参戦していたSFライツでは、「雨の三宅」と言われるほど雨のレースに強さを見せていた。(とは言え、晴れのレースでも常に表彰台争いに加わるほどの実力は見せていた。)年間2勝を飾った2レースは共に雨のレースであった。
  • 2022年シーズン開幕前のバーチャルSUPER GTでは、解説の脇阪寿一氏が三宅淳詞選手を大絶賛。万が一HONDA系のシートが無くなった場合、TOYOTA系のシートを用意されるのではないか?と思わせるほどの絶賛ぶりであった。

脚注 編集

  1. ^ 三宅 淳詞 | ドライバー情報 | モータースポーツ活動TOYOTA GAZOO Racing、2022.02.11閲覧
  2. ^ Rd.3 決勝GT300:たかのこの湯 GR Supra GTが見事な逆転劇で嬉しい初勝利!SUPER GT OFFICIAL WEBSITE(2021.08.22)2022.02.11閲覧
  3. ^ Max Racingが2022年のスーパーGT参戦体制を発表。佐藤公哉と三宅淳詞のコンビにautosport web(2022.02.05)02.07閲覧
  4. ^ TEAM GOH、三宅淳詞のスーパーフォーミュラ起用を発表。国際レースで活躍できる若手ドライバー育成を目指すautosport web(2022.02.07)同日閲覧
  5. ^ ニッサン/NMC、2024年のGT500ラインアップを発表。タイヤ、ドライバーとも変革の年にauto sport web(2024年1月18日)
  6. ^ ThreeBond Racingがスーパーフォーミュラ参戦体制を発表。三宅淳詞を起用し表彰台目指すauto sport web(2024年1月16日)

外部リンク 編集