メインメニューを開く
三宅磐

三宅 磐(みやけ いわお、1876年明治9年)6月8日 - 1935年昭和10年)5月23日[1])は、日本の衆議院議員立憲民政党)。

目次

経歴編集

岡山市出身。東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科卒業。大阪朝日新聞記者、東京日日新聞記者を経て、1911年(明治43年)に横浜貿易新報社の社長に就任した。

横浜市会議員、神奈川県会議員を経て、1927年(昭和2年)の衆議院補欠選挙に出馬し、当選。以後、4回の当選回数を数えた。

著作編集

  • 『都市?』京華堂、1906年。
  • 『都市の研究』実業之日本社、1908年。
  • 『国民を盗む:金再禁止の非違』横浜貿易新報社、1932年。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第2521号、昭和6年8月6日

参考文献編集

  • 大石末吉『普選の勝者 代議士月旦』東京平和新報社出版部、1928年。