メインメニューを開く
読売新聞社『家庭よみうり』358号(1953年)より阿部(三宅)艶子

三宅 艶子(みやけ つやこ、1912年11月23日 - 1994年1月17日)は、日本の作家評論家

昆虫学者・三宅恒方と作家・三宅やす子の娘として東京府に生まれ、文化学院に学ぶ。阿部金剛と結婚後は阿部 艶子を名乗るが、1958年以後は旧姓の三宅を使用した。おしゃれ、男女関係、女性の生き方などについて文筆活動を行い、テレビにもよく出演し、人生相談の回答などをした。1960年代には、アジア・アフリカ作家会議日本評議会の事務長代理もつとめた。

家族・交友編集

娘の三宅菊子は母と同じく作家となり、広津和郎松川事件取材に同行し、被告の一人と結婚した。息子は彫刻家の阿部鷲丸(母の代から宇野千代と親しかった)。

著書編集

  • 母子童話集 三宅安子共著 実業之日本社 1923
  • 朝餐 随筆集 阿部艶子 スタイル社出版部 1940
  • 比島日記 / 阿部艶子 東邦社 1944
  • 白鳥の舞 / 阿部艶子 東方社 1950
  • 亭主教育 / 阿部艶子 三笠書房 1952
  • きづな 阿部艶子創作集 学風書院 1954
  • 亭主教育 / 阿部艶子 学風書院 1954
  • 午前二時 私だけの時間/ 阿部艶子 学風書院 1955
  • 愛情について / 阿部艶子 北辰堂 1955
  • 密会 阿部艶子 鱒書房 1955 (コバルト新書)
  • 若いいのち / 阿部艶子 東都書房 1957
  • 男のこころ 池田書店 1957
  • 男性飼育法 東都書房 1958
  • 結婚なんて 人文書院 1958
  • 娘の意見(編)春陽堂書店 1958
  • 愛とつき合い 青春新書 1959
  • 愛すること愛されること 実業之日本社 1959
  • 良妻・悪妻 東都書房 1959
  • トイレッタ 中央公論社 1960
  • 異性交際法 青春新書 1960
  • 男性料理法 産経新聞出版局 1960
  • 若き日の読書 東都書房 1962
  • 男の気持女の気持 自分を選ばせる 青春新書 1963
  • 生きてゆくことの愛 ただひとりの存在のために 大和書房 1969 (銀河選書)
  • 女として考えること ひとは愛に何を求めるか 大和書房 1972
  • 食いしんぼうの絵本 お料理魔術の勉強ア・ラ・カルト じゃこめてい出版 1979.4
  • ハイカラ食いしんぼう記 じゃこめてい出版 1980.8 のち中公文庫

復刊

  • 比島日記 ゆまに書房 2002 (文化人の見た近代アジア)