メインメニューを開く

三宅 諒(みやけ りょう、1990年12月24日 - )は、日本のフェンシング選手(種目はフルーレ)。千葉県市川市出身。慶應義塾大学文学部卒。ロンドンオリンピック男子団体の銀メダリスト、2014年アジア大会男子団体の金メダリスト。所属事務所は株式会社コモンズ2。

三宅 諒
Ryo Miyake 2013 Fencing WCH FMS-IN t084856.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1990-12-24) 1990年12月24日(28歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県市川市
身長 178cm
体重 72kg
 
獲得メダル
フェンシング
日本の旗 日本
オリンピック
2012 ロンドン 男子フルーレ団体
アジア選手権
2019 千葉 男子フルーレ団体
オリンピック凱旋パレード(2012年8月19日撮影)

人物編集

幼い頃から棒きれを振り回すのが好きで、保育園在園中になかなか上達しなかった水泳をやめ、フェンシングを始める。競技経験のない父が独自に研究した指導法により指導を受け、小学校6年の時には全国大会で優勝するまで上達する[1]。2007年、慶應義塾高等学校在学中に17歳以下の世界ジュニア・カデ選手権のフルーレ個人で優勝[2]。2012年、アジア選手権大会で3位[3]。ロンドンオリンピックではフルーレ個人、団体の日本代表に選ばれ、個人では初戦敗退したが[4]、団体では太田雄貴千田健太淡路卓とともに準優勝し、銀メダルを獲得した[5]。2013年、アジア選手権大会で個人、団体共に準優勝し、全日本大会でも準優勝。2014年、アジア大会の団体戦において五連覇を狙う中国を接戦で下し金メダルを獲得した。

脚注編集

外部リンク編集