メインメニューを開く

三尾神社(みおじんじゃ)は、滋賀県大津市園城寺町にある神社。かつては上三尾社と呼ばれ、園城寺三井寺)南院の鎮守社であった。

三尾神社
所在地 滋賀県大津市園城寺町251
主祭神 伊弉諾尊
創建 貞観元年(859年
例祭 古例大祭・5月2日、渡御・5月3日
テンプレートを表示
本殿(重要文化財)
境内入口

目次

歴史編集

昔、長等山の山頂に腰に赤・白・黒の三つの帯を付けた伊弉諾尊が降臨し長等山の鎮守神となり、祀られた。また、腰に付けた三つの帯が尾に見えたためにこの神は三尾明神といわれるようになった。

ある時、その帯が赤尾神・白尾神・黒尾神になり、さらに赤尾神が本神として卯の年、卯の月、卯の日、卯の刻、卯の方より現れた。白尾神は大宝年間(701年704年)に、黒尾神は神護景雲3年(769年)3月14日(第2の卯の日)に出現した。

貞観元年(859年)卯の年に園城寺初代長吏に就任した円珍により、園城寺の鎮守として境内の西方にある琴緒谷に社殿が建立された。その後、園城寺の境内が整備されると北院の鎮守は新羅社(現・新羅善神堂)、南院の鎮守は上三尾社(現・三尾神社)となった。上三尾社の隣には三尾明神の本地仏である普賢菩薩本尊とする普賢堂が建てられ、上三尾社の預坊としてその神事を執り行った。

現在の本殿(重要文化財)は応永33年(1426年)に室町幕府の前将軍足利義持によって建立されたものである。文禄4年(1595年)、園城寺が豊臣秀吉の怒りに触れて寺領を没収された際、園城寺の建物はことごとく解体されてしまったが、新羅社本殿と上三尾社本殿は被害を免れた。慶長年間(1596年1615年)には秀吉によって社殿が修復されている。

明治時代に入り、神仏分離が行われると新羅社は新羅善神堂として園城寺に残ったのに対し、上三尾社は1876年(明治9年)5月12日に社地を園城寺の境内から現在地に移し、本殿なども移築して新たに三尾神社として独立した。

1881年(明治14年)に郷社となり、1910年(明治43年)に県社となっている。

創建時の物語からウサギは三尾明神の使いとされ、境内のあちらこちらにウサギの石造や彫刻が存在する。

祭神編集

境内編集

祭事編集

  • 古例大祭・5月2日
  • 渡御・5月3日

交通アクセス編集

参考文献編集

外部リンク編集