三岐鉄道ED45形電気機関車

三岐鉄道ED45形電気機関車(さんぎてつどうED45がたでんききかんしゃ)は、三岐鉄道が所有する直流電気機関車である。ED451 - 459の9両が在籍する。

ED45形機関車重連による貨物列車。先頭ED451、次位ED456。 (2006年8月、保々駅にて。)

概要編集

三岐鉄道特有の右運転台で、列車無線、2燈式シールドビームの他、ATSが装備されている。重連総括制御装置が取り付けられていて、重連で三岐線東藤原駅 - 富田駅間のセメント輸送用貨物列車を牽引している。

ED451 - 453・456
電化に伴い、1953年(昭和28年)に東洋電機製造東洋工機が製造。車体は相鉄ED10形電気機関車と同じ丸みのあるデッキ付箱型であるが、製造年によって側面通風口や前面・側面窓の大きさに違いがあるなど外見に若干の差が見られる。
ED454・455
ダム建設工事の際の小野田セメントの製品輸送用として1957年(昭和32年)にED451〜ED453と同仕様で富山地方鉄道に入線したもの。当初はデキ19040形19041・19042の車両番号であったが、工事の完了した1960年に三岐鉄道に異動した。
当初はデキ450tの表示がなされていたが、正式な型番はあくまでも「ED45」であった。

ED457

電気部品を東洋電機製造が、車体を西武所沢車両工場が製造。
ED458
1950年に東京芝浦電機が製造した東武鉄道(東武)ED5000形電気機関車5001が前身で、1978年に入線し長らくED5001のまま運用されたが、1993年に改番されてED458となった。
ED459
1963年に東芝で製造された東武ED5060形電気機関車5070で、1991年に同形のED5069と同時に譲り受けたが、貨物需要の伸び悩みにより改造工事が中断し、5069は部品取りをされた上で解体された。5070は長らく保管されたままだったが、2000年中部国際空港の埋立用土砂運搬に際して改造が再開されED459となった。

主要諸元編集

ED451 - 453の諸元を示す。

  • 全長:12,800 mm
  • 全幅:2,640 mm
  • 全高:3,985 mm
  • 運転整備重量:45.1 t
  • 電源方式:直流1,500 V(架空電車線方式
  • 軸配置:B-B
  • 台車形式:DTH57
  • 主電動機:MT40B(142 kW)×4基
    • 歯車比:16:73=1:4.56
    • 1時間定格出力:568 kW
    • 1時間定格引張力:5,440 kgf
    • 1時間定格速度:35.0 km/h
  • 動力伝達方式:歯車1段減速、吊り掛け駆動方式
  • 制御方式:重連総括制御、抵抗制御、2段組み合わせ制御
  • 制御装置:電磁空気単位スイッチ式
  • ブレーキ方式:EL14A空気ブレーキ発電ブレーキ(使用停止中)、手ブレーキ