三幸製菓

日本の新潟県新潟市にある菓子メーカー

三幸製菓株式会社(さんこうせいか)は、新潟県新潟市北区に本社を置く米菓を主とする製菓会社。あられおかき煎餅かりんとうの製造と販売を行っている。

三幸製菓株式会社
Sanko-Seika Co.,Ltd.
白新線新崎駅北口駅前にある三幸製菓の本社ビル
白新線新崎駅北口駅前にある三幸製菓の本社ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
950-3195
新潟市北区新崎1丁目13番34号
設立 1962年昭和37年)8月20日
業種 食料品
法人番号 7110001007027 ウィキデータを編集
事業内容 米菓の販売
代表者
資本金 9000万円
売上高 558億円(2019年9月期)[1]
純利益 9億5353万7000円(2019年3月31日時点)[2]
総資産 223億1369万円(2019年3月31日時点)[2]
従業員数 1200名(2017年11月現在)
決算期 3月
主要株主 三幸製菓グループ㈱
関係する人物
  • 佐藤亀一郎
  • 佐藤富一郎
  • 佐藤裕紀
外部リンク https://www.sanko-seika.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

米菓を主力商品とする菓子製造会社で、日本国内における米菓市場においては亀田製菓に次いで二番手である[3]

最大手の亀田製菓、三番手の岩塚製菓と共に新潟県内に本社を置いている。

2022年2月11日に発生した荒川工場の火災により、これ以降は工場の稼働を全面的に停止している。

グループ会社編集

出荷販売している米菓は、グループ会社である株式会社三幸が製造を担当している。

株式会社三幸は三幸製菓と同じ新潟市北区の新崎工場内に本社を構えていたが、2020年に同社を存続会社として合併し、現在の三幸製菓となった[4]

これに併せて本社は新崎工場内から、隣接する新崎1丁目13番34号に移転している。

グループ会社として高級米菓を販売する株式会社みゆき堂本舗を持つ。

このほか、新潟県北蒲原郡聖籠町にある漬物珍味の食品製造会社「株式会社三幸」は資本関係こそないものの、企業そのものは創業者である佐藤富一郎の実家が経営している。

事業所編集

  • 本社 〒950-3134 新潟市北区新崎1丁目13番34号

生産拠点編集

  • 新崎工場(敷地1万3140平方メートル
  • 荒川工場(敷地7万7829平方メートル)
  • 新発田工場(敷地6万986平方メートル)

営業所・出張所編集

  • 札幌・盛岡・仙台・新潟・長野・宇都宮・千葉・東京・横浜・名古屋・金沢・大阪・広島・高松・福岡

主な製品編集

米菓編集

  • 雪の宿
  • チーズアーモンド
  • 粒より小餅
  • ぱりんこ
  • 丸大豆せんべい
  • 新潟仕込み
  • 三幸の柿の種
  • おかき餅
  • チーズ気分
  • 越後樽焼
  • ミニサラダ

など

かりんとう編集

  • ミックスかりんとう
  • 雪の宿ミルクかりんとう

など

その他編集

  • かりかりツイスト

など

歴史編集

  • 1962年(昭和37年):会社設立[5]
  • 1963年(昭和38年):新崎第一工場を設置。
  • 1965年(昭和40年):東京営業所を設置。
  • 1968年(昭和43年):大阪出張所を設置。
  • 1971年(昭和46年):新崎第二工場を設置、海苔製品の開発に参入。
  • 1974年(昭和49年):学校跡に豊栄工場を設置。
  • 1975年(昭和50年):「ぱりんこ」を発売。製造事業所として新崎第三工場を設置。新潟県知事より産業振興功労賞受賞。
  • 1976年(昭和51年):名古屋営業所を設置。(1988年4月中部統轄営業部に昇格)。
  • 1977年(昭和52年):「雪の宿」を発売。製造は新崎第二工場。
  • 1979年(昭和54年):会長に佐藤亀一郎、社長に佐藤富一郎が着任。
  • 1982年(昭和57年):「雪の宿」出荷増強として、荒川第一工場を設置。
  • 1985年(昭和60年):「チーズアーモンド」発売。
  • 1986年(昭和61年):荒川第二工場を設置。
  • 1988年4月:各営業所を関東、中部、西日本の統轄営業部に転換。
  • 1988年(昭和62年)4月8日:グループ会社として「みゆき堂本舗」を設立[6]
  • 1989年(平成元年):売上高100億円突破、EDPを大型化のうえ事務管理の他に生産管理部門に拡大。
  • 1992年(平成4年):荒川第二工場を2倍に増床、売上高120億円突破。
  • 1993年(平成5年):「粒ごま」発売。
  • 1994年(平成6年):本格的TVCM開始。粒ごまの売り上げ倍増し、フル生産を続ける荒川第三工場操業開始。「おかき餅」を主力商品として生産。
  • 1995年(平成7年):粒ごまのテレビCM、ACC賞を受賞。
  • 1997年(平成9年):荒川第三工場を設置。
  • 1999年(平成11年):営業社員向け「営業支援システム」設置。荒川第四工場を新設。「おかきめぐり」発売。
  • 2000年(平成12年):売上高150億円突破。
  • 2002年(平成14年):創業40周年[5]
  • 2003年(平成15年):荒川工場、最終工事終了。
  • 2004年(平成16年):売上高200億円突破。
  • 2005年(平成17年):研究・開発の拠点「Vステーション」完成。
  • 2006年(平成18年):新潟県経済振興賞受賞。
  • 2007年(平成19年):会長に佐藤富一郎、社長に佐藤裕紀が着任。売上高300億円を突破[5]
  • 2009年(平成21年):新発田第一工場を設置。売上高400億円突破。
  • 2011年(平成23年):かりんとう製造工場として新発田第三工場を設置。
  • 2012年(平成24年):日本橋で雪の宿発売35周年記念イベント開催。創業50周年[5]
  • 2013年(平成25年):新崎第1工場、開設50周年。
  • 2014年(平成26年)8月10日:雪の宿公式キャラクタ「ホワミル」発表。
  • 2015年(平成27年):タイ進出、シンハーコーポレーションと業務提携、合弁会社として「シンハ―三幸」設立。
  • 2016年(平成28年)7月1日:社長に山下仁が着任[7]
  • 2018年(平成30年)9月:新発田市に物流センターを設置。
  • 2020年(令和2年):代表取締役CEOに佐藤元保、取締役社長COOに山下仁が着任[8]。製造会社の株式会社三幸と三幸製菓株式会社が前者を存続会社として合併、新会社として三幸製菓(株)発足。
  • 2022年(令和4年)2月11日深夜:村上市の荒川工場で火災発生、勤務中の従業員6人が殉職[9]
  • 2022年(令和4年)3月3日:厚生労働省新潟労働局が新潟県内で米菓を製造販売している企業に向け、安全確認と緊急点検の実施と結果の報告を要請。
  • 同年5月31日 火災事故調査報告と再発防止策策定の発表および佐藤元保CEOによる謝罪会見を実施。6月13日には新崎と新発田の製造工場の稼働の再開を遺族に報告した。火災のあった現場は敷地内に慰霊塔を建立し建物は解体する予定としている。

テレビCM編集

テレビCM新潟県および、関東広域圏近畿広域圏中京広域圏静岡県で放送されている(スポットCMが中心)。

三幸劇場〜三つの幸せ物語〜編集

三幸劇場〜三つの幸せ物語〜』(さんこうげきじょう みっつのしあわせものがたり)は、2010年(平成22年)1月から放映されている、井筒和幸監督によるドラマCM。予告編と本編全6話。

CM DATABANK/CM総合研究所/月刊CM INDEXの主催する「第19回 BRAND OF THE YEAR 2010」にて、1年間のオンエアCMの展開事例(2009年11月度から2010年10月度までの12か月間)の中から、一般消費者からのCMーBranding評価が高かったブランドとして受賞。

キャスト編集

2010年(平成22年) 三幸劇場〜三つの幸せ物語〜

2011年(平成23年) 三幸劇場〜エピソード2〜

  • 「大盤振る舞い」篇 他全篇 松平健(三幸則夫 役)
  • 「大盤振る舞い」篇 他全篇 原日出子(妻・三幸幸子 役)
  • 「癒されるわ〜」篇 石田純一(謎のエステシャン 役。癒しの粒よりセレクションプレゼントキャンペーン 2011年3月末まで)
  • 「見て! スカイツリーよ!!」篇 ジェロ(謎のホテルマン役。スカイツリー見放題キャンペーン 2011年6月末まで)
  • 「甘じょっぱ!」篇 はるな愛(謎の温泉美女役。雪の宿に泊まろうキャンペーン 2011年9月末まで)
  • 「おひねりほしぃ〜の」篇 ほしのあき(商店街のキャンペーンガール役。Wでほしぃ〜のキャンペーン 2011年12月末まで)

サブタイトル編集

2010年 三幸劇場〜三つの幸せ物語〜

  • 予告編
  • 第一話「婚約者」篇
  • 第二話「団らん」篇
  • 第三話「結納」篇
  • 第四話「古いアルバム」篇
  • 第五話「結婚前夜」篇
  • 第六話「結婚式のあと」篇

2011年 三幸劇場〜エピソード2〜

  • 第一話「大盤振る舞い」篇
  • 第二話「癒されるわ〜」篇
  • 第三話「見て! スカイツリーよ!」篇
  • 第四話「甘じょっば!」篇

三幸製菓 ブレイクスルー編集

株式会社電通クリエーティブXが広告発注元となり、イマジカデジタルスケープ(イメージワークス・スタジオ)が制作する高校を舞台としたテレビ/WEB アニメCM[10]

2020年10月31日に第1話「踏み出せ編」[10]、2021年5月中旬に第2話「あきらめない編」(ブレイクスルー感染が問題となっていたためプレス発表されなかった)、同年10月30日に第3話「やりきる篇」[11]、がそれぞれリリースされた[12]

スタッフ編集

キャスト編集

商品別のCM編集

  • 『新潟柿の種』
    • 笹野高史 - 「話の種」篇
    • 太鼓集団天邪鬼 - 「和太鼓」篇
    • 松平健 - 「極楽じゃ!!」篇(2010年7月 - )、「大盤振る舞い」篇(2011年1月 - )
  • 『粒ごま』
  • 『雪の宿』「いっこでもニコニコ三幸のあられおせんべ」篇
  • 『チーズアーモンド』
    • 松平健、相楽樹 - 「チーッス あっどーも」篇(2014年3月 - )
    • トリンドル玲奈 - 「フォトジェニック」篇(2016年9月 - )
    • 蒼井優
  • 『ぱりんこ』
    • 蒼井優

ほか

提供番組編集

(全て過去で、全国ネット番組において新潟のネット局で括弧書きされているものは新潟ローカルのCM枠に対しての提供)

脚注編集

外部リンク編集