メインメニューを開く

三愛水着イメージガール

三愛水着イメージガール(さんあいみずぎイメージガール)は、大手水着販売店を経営する婦人服販売会社の株式会社三愛が毎年選出・起用している水着キャンペーンガール

三愛水着イメージガール
日本の旗 日本
授与者 株式会社Ai
初回 2002年平成14年)
最新回 2018年(平成30年)
最新受賞者 黒木麗奈
公式サイト http://www.san-ai.com/rakuen/

2016年より名称を「三愛水着楽園イメージガール」に[1]、2019年より「サンアイリゾートアンバサダー(San-ai Resort ambassador)」[2]に変更。

概説編集

2002年に初代イメージガールを発表。それまではカタログ、ポスター、ショーとその都度オーディションを行ってモデルを決定していた[3]

2003年までは繊維素材メーカーの水着キャンペーンガールと同列には見られていなかったが、繊維素材メーカーのキャンペーンガールの減少により、また、山本梓杉本有美木下優樹菜菜々緒といった人気者を輩出したことにより、マスコミの注目度も上がっていった。

2008年頃より、繊維素材メーカーの東レ旭化成、業界団体の日本スイムスーツ協会東レ子会社等が加盟)と共同で水着ファッションショーイベントを行うことが多くなっている。

2015年に三愛は水着事業をワコールホールディングスに譲渡[4]、同HDが新たに設立した「株式会社Ai」がこれを受け継いだ[5]

2016年の15代目から、名称を「三愛水着楽園イメージガール」に変更[1]。この年の選出においては、スタート以来初めて「三愛水着楽園」の女性店長が審査に参加した[6]

2019年より、三愛水着楽園が「サンアイリゾート(San-ai Resort)」にリブランドされたことを受け、当イメージガールも「サンアイリゾートアンバサダー」に変更[2]

歴代イメージガール編集

以下が歴代イメージガールである。情報は全て当時のものとする。

年度 名前 生年月日 身長 スリーサイズ 出典
2002年 山本梓 1981年4月24日 157㎝ B78 W55 H80
2003年 佐藤麻紗 1983年3月3日 163㎝ B84 W58 H86
2004年 武田真理子 1983年3月9日 170㎝ B86 W58 H88
2005年 吉田智美 1983年4月28日 167㎝ B83 W59 H83
2006年 杉本有美 1989年4月1日 166㎝ B82 W58 H85
2007年 木下優樹菜 1987年12月4日 168㎝ B88 W58 H86
2008年 谷ちあき 1988年11月11日 169㎝ B80 W60 H88
2009年 宮田聡子 1988年9月12日 172㎝ B80 W58 H83
2010年 菜々緒 1988年10月28日 172㎝ B80 W58 H83
2011年 北川富紀子 1986年12月2日 162㎝ B82 W59 H85
2012年 宮原華音 1996年4月8日 170㎝ B82 W59 H86
2013年 斎藤夏美 1989年7月25日 167㎝ B82 W58 H86
2014年 久松郁実 1996年2月18日 165㎝ B83 W59 H86
2015年 朝比奈彩 1993年10月6日 170㎝ B80 W58 H83 [7][8]
2016年 松元絵里花 1995年12月14日 168㎝ B75 W55 H84 [1]
2017年 熊江琉唯 1995年4月17日 172㎝ B84 W58 H83 [9][10]
2018年 黒木麗奈 2000年11月26日 172㎝ B81 W56 H82 [11]
2019年 Kelly

日本ハムファイターズの始球式編集

2003年より毎年シーズン前半に開催されるプロ野球・日本ハムファイターズの主催試合(2004年の北海道移転以降は旧本拠地となった東京ドーム開催試合)でその年のトレンド水着を着用して始球式を行うのが恒例となっている[3]。2007年・2008年・2011年は行われなかった[注釈 1]。2014年はシーズン終盤に行われ、さらに千葉県鎌ケ谷市ファイターズスタジアムで行われたファームの試合でも行われた。

2003年4月18日:西武[3]
2004年6月7日:ダイエー
2005年7月4日:ロッテ
2006年7月30日:ソフトバンク戦
2009年4月22日:ソフトバンク戦
2010年3月31日:オリックス
2012年4月24日:ロッテ戦
2013年4月9日:楽天
2014年8月30日:ロッテ戦
2014年9月15日:DeNA戦(イースタン・リーグ)
2015年3月12日:ロッテ戦(オープン戦)
2016年4月2日:ソフトバンク戦

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2007年・2008年は日程の都合、2011年は東日本大震災による販促活動の縮小のため[3]

出典編集

  1. ^ a b c 菜々緒ら輩出・15代目三愛水着イメージガールに『Ray』専属モデル・松元絵里花”. ORICON STYLE (2015年11月4日). 2015年11月4日閲覧。
  2. ^ a b “三愛水着楽園からリブランディングした「サンアイリゾート」が初代アンバサダーにモデルのKellyを起用”. FASIONSNAP.COM. (2019年2月20日). https://www.fashionsnap.com/article/2019-02-20/sanai-resort-ambassador/ 2019年6月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d 三愛水着の歴史
  4. ^ “三愛の水着・下着事業、ワコールに売却”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年1月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO82272930S5A120C1TJ2000/ 2015年11月4日閲覧。 
  5. ^ “株式会社 Ai の設立について” (プレスリリース), 株式会社ワコールホールディングス, (2015年3月2日), http://www.wacoal.jp/news/newsrelease/201503/release21865.html 2015年11月4日閲覧。 
  6. ^ ““前代未聞”の審査で決定、 2016三愛水着楽園イメージガール選出のウラ話”. 日経トレンディネット (日経BP社). (2015年11月20日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/coltop/15/121104/111800004/ 2015年11月20日閲覧。 
  7. ^ 2015年三愛水着イメージガール
  8. ^ “【動画】14代目『三愛水着イメージガール』はRayモデル・朝比奈彩”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年11月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2044992/full/ 2018年1月26日閲覧。 
  9. ^ 【三愛水着楽園】イメージガール|水着、ランジェリーのAi(アイ)”. 株式会社Ai. 2016年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月26日閲覧。
  10. ^ “「2017三愛水着楽園イメージガール」決定、中国出身の股下86cmスレンダー美女”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年11月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1632550 2018年1月26日閲覧。 
  11. ^ “身長172cmの高校2年生・黒木麗奈、17代目三愛水着楽園イメージガールに 小学5年から菜々緒に憧れ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2104535/full/ 2018年1月26日閲覧。 

外部リンク編集