メインメニューを開く

三文役者』(さんもんやくしゃ)は、2000年12月2日日本で公開された映画。生涯に300本もの作品に出演し、脇役俳優として知られる殿山泰司の生涯を描いた。殿山と長年の交友関係があった新藤兼人が、自身の著した評伝『三文役者の死』を原作として脚本・監督を手がけた。語りは新藤の妻であり、また殿山と多くの作品で共演した乙羽信子

三文役者
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
原作 新藤兼人「三文役者の死」
製作 新藤次郎
出演者 竹中直人
荻野目慶子
吉田日出子
乙羽信子
音楽 林光
撮影 三宅義行
編集 渡辺行夫
製作会社 アリゴス・フィルム
オセアニック
配給 近代映画協会
東京テアトル
公開 日本の旗 2000年12月2日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー編集

スタッフ編集

キャスト編集

参考文献編集

  • 『新藤兼人の足跡』 著作集全6巻、岩波書店