三日月大造

日本の政治家

三日月 大造(みかづき たいぞう、1971年昭和46年〉5月24日 - )は、日本政治家滋賀県知事(公選第18・19・20代)。関西広域連合広域連合総長。地域政党チームしが特別顧問(執行部員ではない[1])。

三日月 大造
みかづき たいぞう
内閣府地方創生推進室より公表された肖像
生年月日 (1971-05-24) 1971年5月24日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 滋賀県大津市
出身校 一橋大学経済学部卒業
前職 西日本旅客鉄道従業員
所属政党民主党→)
無所属→)
チームしが
称号 学士(経済学)(一橋大学・1994年
公式サイト 三日月 大造 健康しが

滋賀県の旗 第18・19・20代 滋賀県知事(公選)
当選回数 3回
在任期間 2014年7月20日 - 現職

選挙区滋賀3区→)
比例近畿ブロック
当選回数 4回
在任期間 2003年11月10日 - 2014年5月9日
テンプレートを表示

松下政経塾出身。JR西日本勤務を経て、衆議院議員国土交通大臣政務官鳩山由紀夫内閣)、国土交通副大臣菅直人内閣)、裁判官訴追委員会第2代理委員長などを務めた。元チームしが共同代表。

来歴 編集

政界入り前 編集

滋賀県大津市出身[2]。父は中小企業の従業員[3]。京都市右京区広沢小学校から2年時に大津市立日吉台小学校へ転校、大津市立日吉中学校滋賀県立膳所高等学校一橋大学経済学部卒業[2]。中学・高校時代は生徒会長を務め、一橋大在学中は財政学石弘光教授のゼミナールに所属していた[2]

指導教官の石から政治家に向いていると勧められ、政治家になるために他社の内定を辞退し[3]1994年JR西日本に入社。同社では地方勤務を希望して広島支社配属された[4]岩国駅で営業係として改札口に立つなどしたのち、1995年阪神・淡路大震災の支援業務を希望して新長田駅及び神戸駅の仮駅舎で2か月間勤務した[4]。その後、辞令を受けて運転士免許を取得し、1996年8月から一人乗務となった[5]。JR西日本では労務人事部門を歩むことを希望していたため、経験を積むことを目的として広島運転所の運転士となり[6]山陽本線岡山駅徳山駅間の運転や[5]、組合員との話し合いを行うなどした[6]。これは、多数派の組合に所属する運転士が少なく、数年前にはストライキも発生していた広島運転所への配属に反対する人事課長に直談判を行って認められたという経緯による[4]

研修後は、広島支社営業課営業スタッフ、本社総合企画本部グループ経営推進室勤務を経て、1999年から西日本旅客鉄道労働組合中央本部青年女性委員長及び日本鉄道労働組合連合会青年・女性委員会議長を務め、選挙活動にも従事した。2002年にJR西日本を退社し、松下政経塾に入塾する(第23期生)[6][7]

民主党衆議院議員 編集

 
国土交通大臣政務官在任中に公表された肖像

2003年11月、第43回衆議院議員総選挙に、民主党公認で滋賀3区から出馬し、自由民主党公認の宇野治を破り初当選する(宇野も比例復活)。2005年9月の第44回衆議院議員総選挙では小泉旋風をかわし、266票差で再選(宇野は比例復活)。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、自民党の宇野に比例復活を許さず、3選。同年9月、鳩山由紀夫内閣国土交通大臣政務官に任命される。なお、衆議院議員に当選後、JR西労組からの献金の記載漏れが発覚した。三日月の事務所は「献金に違法性はなく、政務官の職務も中立に遂行している。しかし、JRを所管する国土交通政務官の立場で、あらぬ疑いを抱かれるのは本意ではないため、献金の返還と今後の受け取りの自粛をしたい」とコメントした[8]

2010年6月、菅直人内閣国土交通副大臣に就任した。同年9月、菅直人第1次改造内閣発足により退任し、民主党国会対策筆頭副委員長に就任。2011年9月、民主党税制調査会副会長に就任。

2012年6月より裁判官訴追委員会第2代理委員長。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、滋賀3区で自民党新人の武村展英に敗れるが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、4選。2013年1月より社会保障と税の一体改革調査会事務局長。同年9月、民主党副幹事長及び国会対策委員長代理に起用される。

2014年滋賀県知事選挙 編集

2014年7月の滋賀県知事選挙に、三日月は民主党を離党し無所属で立候補した。出馬の検討段階であった同年3月、出馬に関する最初の報道がなされた[9]。民主党や滋賀県連の幹部は三日月を説得し、現職の嘉田由紀子の去就を見定めてから判断するよう翻意を促したが、地元の首長らに対し「離党してでも出馬したい。その節はよろしくお願いする」と述べ、出馬に向けた準備を進めた[10]。三日月の立候補に向けた動きを受け、嘉田知事は同年4月26日、三日月も同席する集会の席上で、候補者の一本化および同年5月7日に新たなグループ「チームしが」の設立を発表。4月28日、嘉田は自身を支持する地域政党対話でつなごう滋賀の会」の幹部らに対し、「嘉田県政を若い人に引き継ぎたい」と述べ、3選不出馬の意向を表明した。嘉田の不出馬表明により、事実上嘉田の後継指名を受ける形での三日月の立候補が確実になった[11]5月8日伊吹文明衆議院議長宛に辞職願を提出し、9日に受理された[12]。三日月の辞職に伴い、第46回衆議院議員総選挙において滋賀1区で落選し、比例近畿ブロック次点であった川端達夫繰り上げ当選した。また、三日月の離党に伴い、三日月が務めていた民主党滋賀県連代表に参議院議員林久美子が就任した。

 
2014年滋賀県知事選挙における三日月(青)と小鑓隆史(緑)の得票率の差を表した地図
三日月は無党派層が多い湖南の都市部(草津市湖南市守山市野洲市)を中心に票を伸ばした。

知事選挙は6月26日に告示され、三日月、嘉田に加え、武村正義ら滋賀県政の関係者で構成された「チームしが」が、「草の根自治」を標榜する選挙戦を展開した。三日月が離党して無所属で出馬したため、支持率が低迷する民主党は表立った推薦や選挙運動は控えたものの、民主党選挙対策委員長の馬淵澄夫が、三日月陣営の選挙対策本部長を務めて現地に張り付くほか、津村啓介泉健太ら、2003年に初当選した同期の議員らが、三日月の支援を行い[13]連合滋賀も、三日月がJR西日本に勤務していた当時、連合傘下のJR西労組に所属していた縁で全面的に支援した。三日月は民社協会員であったため、民社協会も全面支援した。当初は三日月の劣勢が伝えられていたものの、与党である自民・公明両党が推薦する元経産技官小鑓隆史を約1万3千票差で破り、当選[14]。同年7月22日滋賀県庁に初登庁。嘉田前知事が掲げていた「もったいない県政」や「卒原発」を継承する考えを表明した[15]。滋賀1区、2区は敗北したが、滋賀3区および4区で圧勝し、逆転勝利した。

滋賀県政 編集

2017年度第11回ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西受賞[16]

2018年6月、チームしがを始め前回は対立した自民・公明両党の推薦も受け、知事選挙に再選した。2019年4月、大津市の龍谷大学農学部で、入澤崇学長より辞令を受け任期1年の客員教授に就任。滋賀県政において推進する持続可能な開発目標に関し教鞭を執るなどした[17]

同月、凍結されていた大戸川ダムに関し、洪水対策にダムが有効であるとして「住民の安全、安心のためには必要だ」と表明。国土交通省にも報告し、面談した黒川純一良近畿地方整備局長からは「重く受け止める」との発言がなされた[18][19][20]

ハザードマップに基づいた安全なまちづくりの先駆的な取り組みの展開に対する多大な貢献により、2020年度日本地理学会賞(社会貢献部門)受賞[21]

2022年7月10日の知事選で自民・立民・国民・公明の各党から支持を受け3選。同年12月1日関西広域連合長に選出[22]

政策・主張 編集

国会議員時代の政策・主張 編集

滋賀県知事選挙における主な公約 編集

  • 北陸新幹線米原ルート支持、リニア中央新幹線の開業を見越した東海道新幹線の米原・京都駅間の新駅設置に向けた議論の促進、及びそれに向けた栗東地域の後継プランの完遂、米原駅の積極的な活用[27]
  • 国道バイパス整備の推進[27]
  • 小谷城や黒丸でのスマートICの増設の推進[27]
  • 風で止まらない湖西線への対策、草津線の利便性向上[27]
  • 関西広域連合と連携し、京滋ドクターヘリの共同運航の実現[27]
  • 歴史・文化遺産や豊かな自然の宝庫である滋賀県の観光振興に向け、「観光立県・しが」を目指す新たな観光振興ビジョンを策定し「ようこそ滋賀」キャンペーンを展開。湖上スポーツ、農山漁村体験、芸術鑑賞等の教育旅行や体験観光、環境観光をキーワードに全国・世界から琵琶湖への観光客の誘致を推進[27]
  • 激務やサービス残業が慢性化している医療・介護・福祉・保育に関わる処遇の改善及び人材の確保、ブラック企業の根絶。
  • 文化・スポーツ政策における国民文化祭の誘致、プロスポーツイベントが可能な施設整備。
  • 教育分野では、いじめ防止のための権力者による監視強化・管理教育よりも中高生のモニター制度、生徒会の権限強化等、生徒らの意見が反映される仕組みを作る。
  • 老朽化したトンネル等の整備及び自転車道の充実、通学路の安全確保。
  • 原発に依存しない電力の地産地消を目指し、家庭向け太陽光パネル設置の補助金制度の設立。
  • 琵琶湖のマザーレイク21計画及び内湖再生プロジェクトを推進し環境保護・再生によって観光資源の価値を高める。
  • 県民参加の事業仕分けの実施[28]

人物 編集

  • 2002年に父親をがんで失っており、父の死について「死への恐怖、痛みなどに耐える父の姿、逝く姿に接して、私は『有限の生』を完全燃焼させることをより強く誓った」と述べた[29]
  • 好物はキウイフルーツトンカツふな寿司(鮒鮨)[2]。鮒鮨は、琵琶湖の沖島で自ら仕込んでいる[30]
  • 趣味はテニス、旅行、版画[2]
  • 喫煙者である[26]
  • 家族は妻、2男1女[2]
  • 愛読書は松下幸之助の『崩れゆく日本をどう救うか』[3]

選挙歴 編集

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 32 滋賀3区 民主党 6万4225票 48.02% 1 1/4 /
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 34 滋賀3区 民主党 7万4272票 46.83% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 38 滋賀3区 民主党 10万3445票 60.84% 1 1/4 /
比当 第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 41 比例近畿(滋賀3区) 民主党 5万3257票 34.76% 1 2/4 2/3
2014年滋賀県知事選挙 2014年7月13日 43 無所属 25万3728票 46.32% 1 1/3 /
2018年滋賀県知事選挙 2018年6月24日 47 無所属 37万7132票 83.00% 1 1/2 /
2022年滋賀県知事選挙 2022年7月10日 51 無所属 53万460票 86.85% 1 1/2 /

所属団体・議員連盟 編集

  • 日韓議員連盟
  • 在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
  • 競馬産業研究会
  • 航空宇宙産業推進議員連盟
  • 自転車活用推進議連
  • ツーリズム推進議員連盟
  • 発達障害支援を考える議員連盟
  • 医療事故防止議員連盟
  • 医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟
  • ドクターヘリ推進議員連盟
  • 民主党難病対策推進議員連盟
  • 身体障害者補助犬を推進する議員の会
  • 臓器移植法改正推進議員連盟
  • チャイルドライン支援議員連盟
  • 少子化社会対策議員連盟
  • 子どもの未来を考える議員連盟
  • 民主党障がい者政策推進議員連盟
  • 海洋立国日本推進議員連盟
  • 日本伝統文化活性化議員連盟
  • 和装振興議員連盟
  • 米消費拡大・純米酒推進議員連盟
  • 食の安全研究議員連盟
  • 新交通システム推進議員連盟(事務局長代行)
  • リニア中央新幹線推進議員連盟
  • 整備新幹線を推進する議員の会

脚注 編集

  1. ^ チームしが公式ホームページでは三日月の写真や公式サイトへのリンクが存在するが、執行部役員一覧表には三日月の名前はない。
  2. ^ a b c d e f 公式プロフィール
  3. ^ a b c 滋賀県知事 三日月大造氏 未来への窓を開く日本経済新聞2023年5月6日 2:00
  4. ^ a b c (3ページ目)元鉄道運転士! 三日月大造・滋賀県知事が語るセノハチ、ノッチ、JR秘話”. 文春オンライン. 週刊文春 (2017年12月4日). 2019年9月7日閲覧。
  5. ^ a b “滋賀県知事 三日月大造(1) 電車運転のメモ 「阪神」で痛感 鉄道員の責務”. 日本経済新聞. (2017年5月8日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO16000940S7A500C1BE0P00/ 2019年9月7日閲覧。 
  6. ^ a b c (4ページ目)元鉄道運転士! 三日月大造・滋賀県知事が語るセノハチ、ノッチ、JR秘話”. 文春オンライン. 週刊文春 (2017年12月4日). 2019年9月7日閲覧。
  7. ^ 首長一覧 | 松下政経塾
  8. ^ ※記事名不明※『京都新聞』2010年4月27日
  9. ^ ““ポスト嘉田”へ民主・三日月氏が出馬意向 滋賀県知事選、離党し無所属で”. 産経新聞. (2014年3月11日). https://web.archive.org/web/20140312040032/http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140311/waf14031112230007-n1.htm 2014年7月24日閲覧。 
  10. ^ “「民主」捨てます…いよいよ現職議員にも波及 執行部ピリピリ”. 産経新聞. (2014年3月21日). https://web.archive.org/web/20140321173533/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140321/stt14032120060002-n1.htm 2014年7月24日閲覧。 
  11. ^ “選挙:滋賀県知事選 嘉田知事が3選不出馬へ”. 毎日新聞. (2014年4月29日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140429k0000e010166000c.html 2014年7月24日閲覧。 
  12. ^ “三日月氏の辞職許可=衆院”. 時事通信. (2014年5月9日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201405/2014050900050&g=pol 2014年7月24日閲覧。 
  13. ^ “滋賀知事選、自民・野田総務会長「問題は三つ」”. 読売新聞. (2014年7月10日). https://web.archive.org/web/20140713081635/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20140710-OYT1T50019.html 2014年8月2日閲覧。 
  14. ^ “集団的自衛権に敏感反応した「滋賀の独自事情」…滋賀県知事選「自民敗北」「嘉田勝利」のメカニズム”. 産経新聞. (2014年7月19日). https://web.archive.org/web/20140719055413/http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140719/waf14071912000004-n1.htm 2014年7月24日閲覧。 
  15. ^ “三日月・滋賀知事が初登庁 「もったいない県政継承」”. 朝日新聞. (2014年7月22日). http://www.asahi.com/articles/ASG7P3QY3G7PPTJB00J.html 2014年8月16日閲覧。 
  16. ^ 2017年度 第11回 ベスト・プラウド・ファーザー賞 in 関西
  17. ^ 龍谷大農学部客員教授に 滋賀県の三日月知事 」日本経済新聞(2019年4月12日16:44配信)
  18. ^ 大戸川ダム 凍結見直し説明 滋賀知事、近畿地方整備局に」日本経済新聞(2019年4月23日15:18配信)
  19. ^ 「滋賀県、大戸川ダム容認 知事が方針転換「住民の安全に必要」」産経新聞(2019年4月16日12:15配信)
  20. ^ 「大戸川ダム 復活の足音 滋賀知事が建設容認」日本経済新聞(2019年4月16日20:23配信)
  21. ^ 日本地理学会» 学会賞”. 日本地理学会. 2021年5月14日閲覧。
  22. ^ 関西広域連合長に三日月大造・滋賀県知事を選出読売新聞2022/12/02 06:00
  23. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  24. ^ a b c d e “2012衆院選 滋賀3区 三日月大造”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A25003001001 2014年4月12日閲覧。 
  25. ^ mネット 民法改正情報ネットワーク:2004年2月 国会議員への民法改正に関するアンケート(2022年11月22日閲覧)
  26. ^ a b 衆議院議員選挙031109の当選者の回答”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会 (2003年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
  27. ^ a b c d e f “候補者に聞く 三日月大造氏(43)=無新”. 産経新聞. (2014年7月4日). https://web.archive.org/web/20140704034600/http://sankei.jp.msn.com/region/news/140704/shg14070402110004-n1.htm 2014年7月24日閲覧。 
  28. ^ 基本政策 三日月大造公式ホームページ
  29. ^ ※記事名不明※『毎日新聞』2014年7月8日
  30. ^ 親交があり、鮒寿司を贈られた小泉武夫発酵学者)による。【食あれば楽あり】鮒鮨と日本酒 発酵の神秘的な香り『日本経済新聞』夕刊2022年10月31日くらしナビ面

関連項目 編集

外部リンク 編集

公職
先代
嘉田由紀子
  滋賀県知事
公選第18 - 20代:2014年 -
次代
現職
先代
仁坂吉伸
関西広域連合広域連合長
第3代:2022年 -
次代
現職
先代
辻元清美
馬淵澄夫
  国土交通副大臣
馬淵澄夫と共同
2010年
次代
三井辨雄
池口修次
先代
谷口和史
西銘恒三郎
岡田直樹
  国土交通大臣政務官
長安豊
藤本祐司と共同

2009年 - 2010年
次代
長安豊
津川祥吾
藤本祐司