メインメニューを開く

三月のパンタシア(さんがつのパンタシア)は、日本クリエイターユニットボーカリストみあを中心に、コンポーザーイラストレーターなど複数のクリエイターから構成されている[1]2015年に活動を開始し、2016年メジャー・デビューを果たした。所属レコードレーベルSACRA MUSIC

三月のパンタシア
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル
公式サイト www.phantasia.jp
メンバー みあ(ボーカル
すこっぷ(コンポーザー
n-buna(コンポーザー)
ゆうゆ(コンポーザー)
40mP(コンポーザー)
buzzG(コンポーザー)
浅見なつ(イラストレーター
loundraw(イラストレーター)
bob(イラストレーター)
みのり(ノベリスト)

ユニットのコンセプトは「終わりと始まりの物語を空想する」であり[2]、ユニット名の「パンタシア」はラテン語で「空想」を意味する[3]。略称は「三パシ」[1]

メンバー編集

みあ
ボーカリスト
すこっぷ
コンポーザー
n-buna
コンポーザー。
ゆうゆ
コンポーザー。
40mP
コンポーザー。
buzzG
コンポーザー。
浅見なつ
イラストレーター
loundraw
イラストレーター。
bob
イラストレーター。
みのり
ノベリスト。

来歴編集

インディーズ時代編集

2015年8月16日、YouTubeでオリジナル楽曲「day break」を公開し、活動を開始する[1]。その後、「青に水底」や「星の涙」といった楽曲を発表して注目を集め[4]2016年2月9日発売の『リスアニ! Vol.24』の付録CDに本ユニットの楽曲「イタイ」が収録されるに至る[5]

なお、インディーズ時代に発表された楽曲のキービジュアルは、全て浅見なつが手掛けている[6]

メジャー時代編集

2016年6月1日、1stシングル「はじまりの速度」をリリースし、メジャー・デビューを果たす[7]。その後、12月14日に2ndシングル「群青世界」をリリースする[8]

2017年2月1日に3rdシングル「フェアリーテイル」[9]3月8日に1stアルバム『あのときの歌が聴こえる』をリリースする[10]。また、1stアルバムリリース前日の3月7日に、ニコニコ生放送にて初めて歌唱パフォーマンスを披露した[11]

特徴編集

三月のパンタシアの音楽は、三月という「終わりと始まりが重なる」時期に生まれる感情を音楽にして届けたい、という想いから生まれた[12]。音楽ライターの榑林史章は、三月のパンタシアの楽曲について「青春時代を謳歌しながらも、その裏側に同時に存在する心の『揺れ』」が感じられるとし、そのような「表と裏が同時に存在する、今の若者のリアル」が体現されていると評している[1]

また、榑林は、三月のパンタシアについて、文章のようなユニット名であり、かつ顔を公開せずに活動していると述べ、こうした点も2000年前後に生まれた音楽ユーザーにフィットしていると分析している[1]

ボーカル編集

三月のパンタシアは、ボーカリスト・みあの憂いを秘めた歌声に惹かれたクリエイターが集まる形で結成されたユニットである[3]。みあの歌声は外部のライターからも評価されており、榑林史章は、みあの「純粋さと儚さを持った」歌声が、若者のリアルを体現することに貢献していると評した[1]。橋川良寛は、みあの「透きとおり、ときに切なく絞り出すような」歌声が、どの楽曲にも深く溶け込んでいると評し、この点が本ユニット最大の魅力であると述べている[13]

みあ自身は、三月のパンタシアの楽曲を歌う際、「まっすぐ歌う」ことを意識していると述べている[14]

ノベライズ企画編集

三月のパンタシアは、楽曲と連動したノベライズ企画にも取り組んでいる。

2016年、ケータイ小説サイト「野いちご」とコラボレートして、テーマ曲「ブラックボードイレイザー」を基に執筆された作品を募集するというコンテストを開催した[15]。また、2017年には、「野いちご」にて「星の涙」のノベライズの連載を行っている[16]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位[17]
初回生産限定盤 通常盤 期間生産限定盤
1st 2016年6月1日 はじまりの速度 KSCL-2726/7 KSCL-2728 KSCL-2729/30 38位
2nd 2016年12月14日 群青世界 KSCL-2812/3 KSCL-2814 KSCL-2815/6 43位
3rd 2017年2月1日 フェアリーテイル KSCL-2845/6 KSCL-2847 KSCL-2848/9 39位
4th 2017年8月30日 ルビコン KSCL-2959/60 KSCL-2961 KSCL-2962/3 40位
5th 2018年3月7日 風の声を聴きながら/コラージュ VVCL-1167/8 VVCL-1169 VVCL-1170〜3 39位
6th 2018年11月21日 ピンクレモネード VVCL-1355/6 VVCL-1357 VVCL-1358/9 54位

アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位[18]
初回生産限定盤 通常盤
1st 2017年3月8日 あのときの歌が聴こえる KSCL-2858/9 KSCL-2860 33位
2nd 2019年3月13日 ガールズブルー・ハッピーサッド VVCL-1423/4 VVCL-1425 21位

書籍編集

タイアップ一覧編集

楽曲 タイアップ
はじまりの速度 テレビアニメ『キズナイーバー』エンディングテーマ[20]
花に夕景 MUSIC ON! TVリスアニ!TV 5th Season』オープニングテーマ[21]
群青世界 OVA『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』オープニングテーマ[22]
フェアリーテイル テレビアニメ『亜人ちゃんは語りたい』エンディングテーマ[9]
ルビコン テレビアニメ『Re:CREATORS』エンディングテーマ[23]
風の声を聴きながら テレビアニメ『スロウスタート』エンディングテーマ[24]
コラージュ Webアニメ『衛宮さんちの今日のごはん』エンディングテーマ[25]
ピンクレモネード テレビアニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』オープニングテーマ

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 榑林史章 (2017年3月8日). “注目の音楽ユニット・三月のパンタシアとは? 日常の“表と裏”を同時に描くリアルに共感”. ORICON NEWS. オリコン. 2017年4月2日閲覧。
  2. ^ 三月のパンタシアの記事まとめ”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2017年4月2日閲覧。
  3. ^ a b 酒井政利 (2017年3月8日). “アニメ界席巻する「三月のパンタシア」って何? 動画サイトから誕生”. zakzak. 産業経済新聞社. p. 1. 2017年4月2日閲覧。
  4. ^ 三月のパンタシアのプロフィール”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2017年4月2日閲覧。
  5. ^ 動画サイトで話題の“三月のパンタシア”、「リスアニ!Vol.24」付録CDにて新曲収録が決定!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年1月24日). 2017年4月2日閲覧。
  6. ^ 「リスアニ!TV」のOPテーマを担当する「三月のパンタシア」デビューシングル「はじまりの速度」カップリング楽曲「花に夕景」のミュージックビデオショートバージョンをオフィシャルHPにて初公開!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年5月13日). 2017年4月2日閲覧。
  7. ^ 三月のパンタシア、ケータイ小説サイト『野いちご』楽曲ノベライズコラボ企画スタート”. Real Sound (2016年6月21日). 2017年4月2日閲覧。
  8. ^ OVA『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』OPテーマ、三月のパンタシアの新曲「群青世界」が2ndシングルとして12月14日リリース決定&ジャケ写公開!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年9月28日). 2017年4月2日閲覧。
  9. ^ a b 三月のパンタシア、すこっぷ作の新曲が「亜人ちゃんは語りたい」EDテーマに”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年11月30日). 2017年4月2日閲覧。
  10. ^ 三月のパンタシア、初のフルアルバム「あのときの歌が聴こえる」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年1月31日). 2017年4月2日閲覧。
  11. ^ 三月のパンタシア、アルバムリリース記念WEB特番放送決定!歌唱パフォーマンスも披露”. BARKS (2017年2月24日). 2017年4月2日閲覧。
  12. ^ TVアニメ『キズナイーバー』エンディングに抜擢!2016年最注目プロジェクト“三月のパンタシア”とは?”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年2月24日). 2017年4月2日閲覧。
  13. ^ 橋川良寛 (2017年3月10日). “すこっぷ、ゆうゆ、n-buna、buzzG、40mP……三月のパンタシア、異彩放つクリエイター陣を分析”. Real Sound. p. 2. 2017年4月2日閲覧。
  14. ^ 中野明子. “ボーカルみあ&コンポーザー証言で紐解く「あのときの歌が聴こえる」の世界”. 音楽ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2017年4月2日閲覧。
  15. ^ “三月のパンタシア”とケータイ小説サイト「野いちご」がコラボレーション ノベライズ・コンテストを開催”. CDジャーナル. 音楽出版社 (2016年8月1日). 2017年4月2日閲覧。
  16. ^ 三月のパンタシア「フェアリーテイル」TVサイズ配信開始!TVアニメ『亜人ちゃんは語りたい』主題歌CD連動購入特典も決定!さらに「星の涙」ノベライズ連載もスタート!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2017年1月8日). 2017年4月2日閲覧。
  17. ^ 三月のパンタシアのシングル作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年3月20日閲覧。
  18. ^ 三月のパンタシアのアルバム作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年3月20日閲覧。
  19. ^ スターツ出版文庫×三月のパンタシア 楽曲ノベライズ『星の涙』いよいよ明日発売!”. 三月のパンタシア公式サイト (2017年3月27日). 2017年4月2日閲覧。
  20. ^ 三月のパンタシア、テレビアニメ『キズナイーバー』ED曲でメジャーデビュー”. BARKS (2016年3月11日). 2017年4月2日閲覧。
  21. ^ 「リスアニ!TV 5th Season」、あらたにMBSにてオンエアがスタート!OPテーマは三月のパンタシア!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年4月1日). 2017年4月2日閲覧。
  22. ^ 西尾維新デビュー作「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」OVAのOPテーマに、三月のパンタシア「群青世界」(コバルトワールド)が決定!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年8月29日). 2017年4月2日閲覧。
  23. ^ 三月のパンタシア新曲が「Re:CREATORS」第2クールED飾る”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年6月9日). 2017年6月9日閲覧。
  24. ^ 三月のパンタシア初ワンマンで新曲披露、来年6月にO-EASTでライブ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年11月26日). 2017年11月26日閲覧。
  25. ^ 「衛宮さんちの今日のごはん」アニメ化!「Fate」シリーズ題材のグルメ作品”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年1月1日). 2018年1月1日閲覧。

外部リンク編集