メインメニューを開く

三木 キヨ子(みき キヨこ、1919年4月8日[1] - 2018年10月26日[2][3])は日本の政治家。衆議院議員(1期)。現姓佐藤[4]

目次

来歴編集

大阪府大阪市出身。1936年大阪市立堀江高等家政女学校卒。卒業後は喫茶店アパートを経営、戦時中に商工省の官僚と結婚したが間もなく離婚した。

1946年第22回衆議院議員総選挙大阪民本党から立候補して当選、26歳の最年少議員となった。当選直後「大阪府立女専中退」という経歴が詐称であることが発覚し、三木はその事実を認め、裁判では禁錮2ヶ月の判決を受け控訴したが、5ヶ月後に免訴となった。

翌1947年の第23回衆議院議員総選挙日本自由党公認で、1949年の第24回衆議院議員総選挙民主自由党公認で大阪2区から立候補したがいずれも落選した。

落選後は朝日新聞の記者と再婚して宝塚市に居住し、日照権や建築公害に関する住民運動やホームレス支援に力を入れている[1][4]。同記事の掲載以降、2017年までに園田天光光三笠宮崇仁親王が没したため、この時点で10年以内に所在が確認されている最後の存命帝国議会議員経験者であった。

2018年10月26日、老衰のため死去[2]。99歳没。

著書編集

  • 『太陽はみんなのものだ―建築公害に挑戦し、本音で生きた91歳の人生』(ウインかもがわ、2010年)
  • 『日本初の女性国会議員 きよ子・95歳の人生奮闘記 生きた 愛した 闘った』(宝塚出版、2014年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『毎日新聞』1994年8月21日東京朝刊4頁「女性議員の先達たち 三木喜代子さん」
  2. ^ a b “女性初の国会議員・佐藤きよ子さん死去 99歳、老衰で”. 朝日新聞. (2019年2月15日). https://www.asahi.com/articles/ASM2H5FT1M2HPIHB01P.html?iref=comtop_latestnews_02 2019年2月15日閲覧。 
  3. ^ 女性初の国会議員、佐藤きよ子さん死去 99歳 - 神戸新聞NEXT 2019年2月15日
  4. ^ a b 『朝日新聞』2010年4月18日阪神朝刊25頁「日照権おばさん、波瀾万丈の自伝 初の女性国会議員 宝塚・佐藤きよ子さん」

参考文献編集