メインメニューを開く

三木一草(さんぼくいっそう)は、後醍醐天皇建武政権下で寵遇を受けた4人の寵臣の呼称。楠木正成結城親光名和長年千種忠顕をあわせて呼ぶ。

名称の由来は、楠木は「クスノ」、結城は「ユウ」、名和は伯耆守であったことから「ホウ」、千種は「チグサ」と4人の姓や官職名にちなむ。

4人に共通する点は、

  • 鎌倉幕府体制の下では、日の目を見ることのなかった出自であること。
  • 寵恩に誇って高位に昇ったこと。
  • その栄耀栄華の期間が極めて短かったこと(4人ともに建武3年(1336年)の湊川の戦いやそれに続く戦いで足利軍に敗れて戦死している)。

などである。

南北朝騒乱の初期の段階で4人の軍事指揮官を失ったことで、南朝は軍事的にかなりの劣勢に立たされることとなった。

関連項目編集

外部リンク編集