メインメニューを開く

三木理史

三木 理史(みき まさふみ、 1965年9月3日 - )は、日本の地理学者奈良大学文学部地理学科教授大阪府出身。

三木 理史
みき まさふみ
生誕 1965年9月3日-
大阪府
職業 地理学者
奈良大学文学部地理学科教授

目次

略歴編集

桃山学院高等学校から関西大学に進学し、1991年関西大学大学院文学研究科博士課程後期課程中退した。その後、奈良大学講師・助手を経て、現在は歴史地理学・近現代日本の輸送問題、植民地問題を専門分野とし、地理学演習、調査法・野外研究、日本地誌を担当とし、学生に教えている。 また、日本地理学会人文地理学会・歴史地理学会、奈良地理学会、社会経済史学会、日本産業技術史学会に所属している。

講師・助手歴編集

  • 関西大学Ⅱ部一般教育非常勤講師(1995-96年度)
  • 京都教育大学教育学部非常勤講師(1996年度)
  • 関西大学経済学部一般教育非常勤講師(1998年度)
  • 奈良女子大学文学部非常勤講師(1998年度)
  • 関西大学文学部非常勤講師(1999-2005年度)
  • 関西学院大学文学部非常勤講師(2001年度)
  • 大阪教育大学教育学部非常勤講師(2001年度・集中講義)
  • 和歌山大学教育学部非常勤講師(2001年度・集中講義)
  • 立命館大学文学部非常勤講師(2002-2003年度)
  • 佛教大学大学院文学研究科非常勤講師(2004年度)
  • 佛教大学文学部非常勤講師(2005年度)

著書編集

単著編集

  • 『近代日本の地域交通体系』(大名堂、1999年) 
  • 『地域交通体系と局地鉄道 その史的展開』(日本経済評論社、2000年)
  • 『水の都と都市交通 大阪の20世紀』(成山堂書店、2003年)
  • 『近・現代交通史調査ハンドブック』(古今書院、2004年)
  • 『国境の植民地・樺太』(塙書房、2006年)
  • 『世界を見せた明治の写真粘』(ナカニシヤ出版、2007年)
  • 『局地鉄道』(塙書房、2009年)
  • 『都市交通の成立』(日本経済評論社、2010年)
  • 『移住型植民地樺太の形成』(塙書房、2012年)

共著編集

監修編集

外部リンク編集