メインメニューを開く

三木肇

日本のプロ野球選手

三木 肇(みき はじめ、1977年4月25日 - )は、大阪府大阪市住之江区出身の元プロ野球選手内野手、右投両打)・コーチ2019年より東北楽天ゴールデンイーグルス二軍監督。同じく元プロ野球選手の三木仁は実弟。2020年より一軍監督に就任する。

三木 肇
東北楽天ゴールデンイーグルス 監督 #88
H miki20190313.jpg
ヤクルト戸田球場にて(2019年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市住之江区
生年月日 (1977-04-25) 1977年4月25日(42歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
プロ入り 1995年 ドラフト1位
初出場 1997年4月5日
最終出場 2008年6月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

経歴編集

プロ入り前編集

上宮高校時代は高校通算23本塁打を記録した強打者として知られ、1995年のドラフト会議福留孝介(近鉄が指名権獲得)・澤井良輔(ロッテが指名権獲得)と、くじに敗れたヤクルトが1位指名(外れの外れ1位)をして入団。

プロ時代編集

2001年には79試合に出場するも、シーズン打率は2割を切り、首脳陣の評価を得るには至らなかった。

2002年以降は城石憲之の台頭や、野口祥順の成長、田中浩康らの入団もあり、内野手の控えの地位すらも固められないシーズンが続いていた。

2004年には打撃開眼を期してスイッチヒッターに転向。この年は26打数7安打、翌2005年は11打数4安打とチャンスは少ないもののある程度の結果を残している。

2007年10月9日代打でプロ最終試合に出場した古田敦也選手兼任監督代走に起用された。

2008年川島慶三橋本義隆押本健彦との交換トレードで、藤井秀悟坂元弥太郎と共に北海道日本ハムファイターズへ移籍。同年6月8日、3打数2安打・1四球・二塁打を含む2打点と活躍し、プロ13年目で初となるお立ち台を経験。10月23日付けで現役を引退。

引退後編集

引退後は、日本ハムの二軍内野守備走塁コーチに就任。2012年、一軍内野守備コーチに昇格。2013年10月14日に退団する事が球団より発表された[1]

2013年10月23日2014年シーズンより東京ヤクルトスワローズ二軍内野守備走塁コーチに就任することが発表された[2]。翌2015年シーズンは一軍作戦兼内野守備走塁コーチに昇格。翌2016年シーズンは一軍ヘッド兼内野守備走塁コーチに昇格。翌2017年シーズンは一軍ヘッドコーチ専任。翌2018年シーズンからは二軍チーフコーチに配置転換。

2019年より東北楽天ゴールデンイーグルスの二軍監督を努め、10月11日、2020年からの一軍監督就任が球団より発表された。 なお、現役時代の59安打での一軍監督は、前楽天監督の平石洋介の39安打、元阪急ブレーブス日本ハムファイターズ監督の上田利治の56安打に続いての少ない記録である。

選手としての特徴・人物編集

度重なる手首の故障によってバッティングが伸びず、打撃に関しては若手時代に期待をかけられたほどの成績は残せなかった。元は右打だったが、俊足に期待されて両打に転向した経緯がある。

打撃とは対照的に、俊足で、単純な短距離走の能力は10代がピークだったと本人が『週刊ベースボール』のインタビューで語っており、その衰えを晩年は走塁・盗塁の技術向上で補っていたという。反面、フライで飛び出すなどのミスもやや多く見受けられた。

守備範囲は広かったが、リストに問題があった為、送球の信頼度はさほど高くなかった。特に二塁での失策が多かった。

優れた身体能力から池山隆寛の後継者として期待されたが、打撃面で伸び悩み、専ら代走での出場から守備に付く起用がなされていた。入団直後から手首を中心に怪我が頻発し、一軍に顔を出すようになってからも故障を繰り返した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1997 ヤクルト 19 7 7 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1998 4 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1999 5 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 4 0 .000 .125 .000 .125
2000 16 13 11 1 2 0 0 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 3 0 .182 .182 .182 .364
2001 79 87 71 18 9 1 0 1 13 3 8 0 11 0 5 0 0 17 1 .127 .184 .183 .367
2002 45 113 100 9 24 3 0 0 27 7 7 1 5 0 7 0 1 23 1 .240 .296 .270 .566
2003 26 8 7 4 1 0 0 0 1 0 4 1 1 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .143 .286
2004 43 29 26 10 7 0 0 1 10 1 0 0 0 0 2 0 1 8 0 .269 .345 .385 .729
2005 23 11 11 4 4 0 1 0 6 1 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .364 .364 .545 .909
2006 59 27 27 5 4 0 0 0 4 0 8 3 0 0 0 0 0 7 0 .148 .148 .148 .296
2007 23 9 8 3 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 0 3 1 .000 .000 .000 .000
2008 日本ハム 17 31 28 5 8 2 0 0 10 2 0 1 1 0 2 0 0 7 0 .286 .333 .357 .690
NPB:12年 359 343 303 63 59 6 1 2 73 14 30 7 21 0 17 1 2 79 3 .195 .242 .241 .483

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 35 (1996年 - 2007年)
  • 33 (2008年)
  • 85 (2009年 - 2013年)
  • 88 (2014年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ コーチ退団のお知らせ北海道日本ハム球団公式サイト2013年10月14日配信
  2. ^ 2014年コーチングスタッフについて

関連項目編集

外部リンク編集