三村 元範(みむら もとのり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将三村氏の家臣。備中国杠城主。

 
三村元範
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文18年(1548年)?
死没 天正2年(1574年)11月
主君 三村元親
氏族 三村氏
父母 父:三村家親
兄弟 荘元祐、三村元親、元範元威元高
上田実親上野隆徳室、楢崎元兼室、
良樹院(お珊、水野勝成正室)、石川久式
テンプレートを表示

天文18年(1549年)、三村家親の三男として生まれる。父の死後は、家臣として兄であり当主・元親の補佐にあたった。元親が織田信長と手を結んで毛利輝元から離反すると(備中兵乱)、三村方として杠城(ゆずりはじょう、楪城とも書く)に篭城するも毛利氏小早川隆景に攻められ、衆寡敵せず玉砕した。元範は長刀の達人であり、最期の戦いでも奮戦したといわれる。享年27。

杠城の落城は「備中兵乱記」では天正3年(1575年)1月8日となっているが、「萩藩閥閲録」には天正2年(1574年)11月6日付けで輝元が楢崎豊景に宛てた感状が収録されており、それには「杠城落去」と書かれているので、杠城の落城は備中兵乱記より早かったものと考えられる。

新見市高尾には元範を顕彰する「三村元範討死の碑」がある。