メインメニューを開く
 
三条公教
Sanjo Kin-nori.jpg
三条公教 『前賢故実』より
時代 平安時代後期
生誕 康和5年(1103年
死没 永暦元年7月9日1160年8月12日
官位 正二位内大臣
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇
氏族 三条家
父母 父:三条実行、母:藤原顕季の三女
兄弟 公教公行公宗、鳥羽院女房
藤原憲方の娘、藤原国隆の娘、
昭月(林覚の娘)、半物阿古、藤原清隆の娘
藤原実綱滋野井実国、琮子、実房、実円、公祐、松殿基房正室、松殿基房室、藤原俊憲
テンプレートを表示

三条 公教(さんじょう きみのり/きんのり)は、平安時代後期の公卿太政大臣三条実行の子。官位正二位内大臣

経歴編集

母方の祖父・藤原顕季の引き立てで13歳で鳥羽天皇侍従となった公教は、天皇が寵愛する従兄弟の美福門院(顕季の孫娘)との関係を利用し、31歳で参議として公卿に列した。譲位して院政を開始した鳥羽法皇も公教の質実で勤勉な態度を高く評価して院庁の執事別当として裁判・行政の中枢を任せた。

久寿2年(1155年)、美福門院所生の近衛天皇が急死すると、権大納言であった公教は鳥羽法皇・関白藤原忠通らごく数人と秘密裏に会議を開き、近衛天皇の異母兄雅仁親王(後白河天皇)の即位を決定した。翌年鳥羽法皇の崩御直後に保元の乱が起こると、公教は忠通・信西と共に後白河天皇の傍に近侍した。乱で天皇方が勝利すると、延期されていた鳥羽法皇の葬儀を執り行い、また信西の勧める記録所復興に賛同してその長官に就任した。これらの功績が評価されて保元2年(1157年)に内大臣(前年任ぜられた左大将を兼務)に就任している。

平治元年12月(1159年1月)に勃発した平治の乱においては、一旦は政局を手におさめた藤原信頼に気づかれないように二条天皇内裏から脱出させて平清盛がいる六波羅に御幸させる工作を行った(『愚管抄』)。これが信頼失脚と藤原経宗らの天皇親政派の勝利を決定づけた。

だが、その翌年に58歳で父・実行よりも先に急逝した。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 坊城為房の子
  2. ^ 公卿補任』の卒年齢53歳より逆算。但し、卒年齢については諸書に異同がある、『尊卑分脈』54歳、『山槐記』55歳。
  3. ^ 一説では母を藤原憲方の娘とする。