三条公行

1105-1148, 平安時代後期の廷臣。三条実行の次男。官位は従三位・参議、右兵衛督、播磨権守、越前権守。初名は公輔。勅撰集『詞花和歌集』以下に5首入集
 
三条公行
時代 平安時代後期
生誕 長治2年(1105年
死没 久安4年6月22日1148年7月9日
別名 三条
官位 従三位参議
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇
氏族 三条家
父母 父:三条実行、母:藤原顕季の三女
兄弟 公教公行公宗、鳥羽院女房
源顕親の娘、藤原忠宗の娘
実長行雅、実海、実慶、実豪、尊実
テンプレートを表示

三条 公行(さんじょう きんゆき)は、平安時代後期の公卿太政大臣三条実行の次男。官位従三位参議三条と号す。内大臣三条公教の同母弟。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『公卿補任』の卒年齢55歳から逆算。但し『尊卑分脈』では卒年齢56歳とする。
  2. ^ 寿永元年12月27日のため、ユリウス暦では1183年1月22日。