三条 冬子(さんじょう ふゆこ、1441年嘉吉元年) - 1489年延徳元年9月9日))は、後花園天皇後宮。父は左大臣三条実量。上臈局と称した。従三位

生涯編集

左大臣三条実量の娘として生まれる。母は正親町三条実雅の養女。後花園天皇の上臈局となり、後土御門天皇にも旧院上臈局として仕えた。以後、清華家出身の宮廷女房は上臈となり、赤青色の衣を許され、陪膳に候した[1]

1489年延徳元年9月9日)、死去。享年49[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b 「日本人名大辞典」(講談社
  2. ^ 「朝日日本歴史人物事典」(朝日新聞出版