メインメニューを開く

三林 京子(みつばやし きょうこ、1951年7月17日 - )は、日本女優声優ナレーター落語家[1]。高座名、三代目 桂 すずめ(さんだいめ かつら すずめ)。本名、宮永 佳代子。

みつばやし きょうこ
三林 京子
本名 宮永 佳代子
別名義 三代目 桂 すずめ
生年月日 (1951-07-17) 1951年7月17日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪市住吉区
身長 162 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優声優ナレーター
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1970年[1] -
著名な家族 桐竹勘十郎(父)
三世桐竹勘十郎(弟)
吉田簑次(甥)
事務所 米朝事務所
公式サイト 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
元禄太平記
ふたりっ子
だんだん
三代目 桂 すずめさんだいめ かつら すずめ
三代目 桂 すずめ
結三柏は、桂米朝一門定紋である。
本名 宮永 佳代子
別名 三林 京子
生年月日 (1951-07-17) 1951年7月17日(67歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪市住吉区
活動期間 1997年 -
活動内容 1997年3代目桂米朝に入門
1998年:初高座
公式サイト 公式プロフィール

大阪市住吉区(現・住之江区粉浜出身。米朝事務所所属。過去に文化審議会委員と大阪府教育委員大阪芸術大学短期大学部専任教授などを務めた。

目次

人物・来歴編集

実父は、文楽の人形遣いで人間国宝の二世桐竹勘十郎[2]。弟は同じく人形遣いの三世桐竹勘十郎(元吉田蓑太郎)。同吉田簑次は甥に当たる。

前述の通り、文楽の人間国宝の家に生まれる。子供時代にNHK大阪放送児童劇団に加わり、女優となる。

大谷中学校在学中の1965年より、東宝所属の大物女優・山田五十鈴に師事する[2]

1970年大谷高等学校を卒業[2]東宝演劇部と契約[2]。プロデューサーで東宝重役の菊田一夫が「三林京子」と命名した。同年の東宝の舞台『女坂』にて芸術座で初舞台に立ち[2]、デビュー[1]

1975年にはNHK大河ドラマ元禄太平記』でテレビデビュー。1978年にフリーとなり、新歌舞伎座明治座前進座などの舞台を中心に、俳優としてのキャリアを積む。

他にも浄瑠璃、藤間流、井上流などの日本舞踊、狂言も修行をする。

70年代後半にはNHKによる連続テレビ時代劇路線で相次いでヒロインに起用された。

NHKの連続テレビ小説には1985年度後期放送の『いちばん太鼓』から2019年度後期放送予定の『スカーレット』まで昭和平成令和の3時代にわたって8作品に出演し[3]数多く出演しており、役名のある出演としては、森田直幸と並んで最多出演している。

落語編集

1997年6月、京都南座での舞台『海道一の男たち』で米朝一門と共演したのをきっかけに、3代目桂米朝に落語家として正式に入門。大いに話題となった。従来は米朝は女性の弟子はとらなかったので、一門初の女性落語家となる。三代目桂 すずめ(かつら すずめ)の名をもらう。翌1998年には噺家としての初高座。現在も所属事務所米朝事務所

受賞歴編集

役職編集

  • 1992年 大阪市いちょう大学(大阪市の高齢者大学)初代学長
  • 1998年 大阪府教育委員( - 2002年9月)
  • 2000年 大阪市総合計画審議委員
  • 2001年 日本ユニセフ協会大阪支部評議委員
  • 2002年 大阪駅地区都市再生懇談会委員
  • 2003年 文化審議会委員
  • 2007年 - 2018年 大阪芸術大学短期大学部広報学科 専任教授
  • 2007年 文化審議会文化政策部会臨時委員

出演編集

舞台編集

テレビドラマ編集

映画編集

吹き替え編集

ラジオ編集

バラエティ編集

CM編集

著書編集

DVD編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 三林 京子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2019年5月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e 週刊テレビ番組(東京ポスト)1984年5月11日号 p.32
  3. ^ “三林京子 昭和、平成、令和…3時代で朝ドラ出演決まる”. デイリースポーツ online. (2019年5月23日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/23/0012357960.shtml 2019年5月23日閲覧。 

外部リンク編集