三水会

三水会(さんすいかい)とは、三和グループの会長・社長クラスの役員のための親睦会である。この項目では三水会の後継社長会である水曜会(すいようかい)についても解説する。

目次

概要編集

三和グループの結束を強めるための経営者(社長級)の交流会として、三和系列の22社をメンバーとして1967年2月23日に発足した。名称は毎月第三週の水曜日に会合を開くことに由来する。以降、この三水会の下部組織としてクローバー会(副社長、専務級の交流会、加盟会社数44社)、みどり会(加盟会社数147社)が発足した[1][注 1]。三水会は三和グループの社長会であったが[2]、三和銀行が東海銀行と合併してUFJ銀行が設立されたのに伴い旧東海銀行の親密先4社が加入して水曜会に改組された[2]。クローバー会は三和グループの実働部隊であったがUFJ銀行の設立に伴い解散[2]。一方みどり会は法人化され今も活動しており、実質的に三和グループの活動主体となっている。

水曜会のメンバー企業編集

山口財閥・鴻池財閥系列編集

日窒コンツェルン系列編集

鈴木商店系列編集

岩井産業系列編集

日産コンツェルン系列編集

東洋紡系列編集

トヨタ自動車系列編集

旧東海銀行の親密先編集

重複加盟編集

その他編集

脱退編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ クローバー会およびみどり会の加盟会社数は1979年3月現在のもの[1]
  2. ^ 三菱銀行→東京三菱銀行は三菱グループ御三家で三菱金曜会及び三菱広報委員会に所属[6]
  3. ^ 但し三菱金曜会と三菱広報委員会に加盟しているのは親会社の三菱ケミカルホールディングスであり[4][5]、田辺三菱製薬は三菱金曜会と三菱広報委員会のどちらにも加盟していない。

出典編集

  1. ^ a b 植草益 『産業組織論』 筑摩書房1982年
  2. ^ a b c 「三和 三菱の軍門に下った野武士」『週刊ダイヤモンド』2017年7月29日号、56-57頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 「六大社長会の加盟企業 秘2017年版バージョン」『週刊ダイヤモンド』2017年7月29日号、32-33頁
  4. ^ a b 三菱金曜会 会員会社紹介
  5. ^ a b 三菱広報委員会 会員会社紹介
  6. ^ a b c 六大企業集団の無機能化 - 同志社大学学術情報検索システム内にあるPDFファイル。筆者は経済学者田中彰