三池監獄 兇悪犯

日本の任侠映画

三池監獄 兇悪犯』(みいけかんごくきょうあくはん)は、1973年5月12日に公開された東映京都撮影所製作の任侠映画[1]。主演は鶴田浩二、監督は小沢茂弘[2][3]

三池監獄 兇悪犯
監督 小沢茂弘
脚本 高田宏治
出演者
音楽 渡辺宙明
撮影 古谷伸
編集 神田忠男
制作会社 東映京都撮影所
製作会社 東映
公開 日本の旗 1973年5月12日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

概要編集

東映が実録路線に急速に切り替えた1973年に公開されたこと[4]地名や会社名が実名で登場することから[4]実録映画と捉えられるケースもあるが[4]、本作は1973年頭頃までに完成していたと見られ[5]、任侠映画として製作された[1]杉作J太郎は「任侠映画の大スター・鶴田浩二が主演を務めた最も実録路線に肉薄した異色監獄映画」と表現している[4]

東映は「網走番外地シリーズ」「女囚さそりシリーズ」「松方弘樹脱獄三部作」など、多くの監獄映画を作ったが[3][6][7]、本作もそうした一本で[6]日露戦争直前の福岡県三井三池炭鉱内の三池集治監[8]に於ける強制労働囚人の暴動を描く[6][9]

あらすじ編集

明治36年、"北海常"の通り名を持つ友時常次は、20人の仲間と共に北海道・釧路集治監から福岡・三池集治監に移監された。三池集治監―そこに収容された懲役12年から無期懲役までの重犯罪人は、石炭採掘の重労働を強制され、九州炭鉱地帯の労働力として徹底的に酷使尽くされ、そのまま社会から抹殺することを目的とした監獄だった。鉄壁の警備にこれまでだれ一人として脱獄に成功した者はいなかった。囚人を過酷に扱う獄吏と常次たちが激突する[3][10]

スタッフ編集

キャスト編集

製作編集

キャスティング編集

ひし美ゆり子の役は、当初は横山リエにキャスティングされていたが[11]、ひし美がたまたま東映本社で、本作のプロデューサーに遭遇し、お茶をしながら台本を読ませてもらい、ムズムズして役を奪ったと話している[11]

ほぼノンクレジットながら、のちにピラニア軍団を結成する東映京都撮影所(以下、東映京都)の大部屋俳優が多数出演する[3][10]

エピソード編集

本作で初めて東映京都に参戦した元日活の看板俳優Sが[12][13]、東映になめられてはいけないという思いから[12]半グレみたいな取り巻きを東京から連れて来て、セットの中でもSを囲み周囲を威圧した[13]。鶴田浩二は後輩俳優や助監督には厳しいが[13]、「一番しんどいだろう」と照明部を大事にしていた[12][13]。鶴田が「カーッ」と来ているのを分かっていた照明部は、Sの座る椅子の手前30センチに、スイカ大の2キロライトを7メートル上の天井から落とした[12][13]。Sの顔は真っ青になり呆然と立ち尽くし、以降、半グレたちを東京に帰したという[12][13]。昔から東映京都は怖いイメージがあったが[14]、この事件が東京の役者たちに知れ渡り、さらに恐怖イメージを増した[12][13][15]。役者が東映京都に行くことを恐れ[15]内田裕也が東映京都で撮影した1988年の『花園の迷宮』に出演する際、製作会見で「金属バットを持って乗り込む」と宣言したりした[13]

興行編集

1971年8月に東映社長に就任した岡田茂は、非採算部門を次々に処理し[16]、撮影所の合理化、監督、俳優の専属制の解消を強行した[16]。社長就任直後に看板女優・藤純子は引退するわ、東映動画を中心とした東映東京撮影所労働争議は激化するわ、高倉健が高倉プロの設立を認めないことに腹を立て造反し[17]順法闘争に打って出て[17] 、高倉主演作が3本流れるなど[注 1]、社内がバタついた[18][19]。また「どんなスターでも人気は永遠のものではない」などとぶち上げたことから、東映の看板スターを囲っていた俊藤浩滋プロデューサーとの関係が悪化した[5][20][21][22][23]

1973年東映ラインアップに岡田が、ギャラの高い割にお客の入らない[24]当時の東映スター・ローテーションの軸・鶴田浩二と高倉健を外して[25]、二人の製作予定映画を0にし[5][25]、「子連れ狼シリーズ」出演を止めない若山富三郎も東映ラインアップから外し[26]菅原文太梅宮辰夫千葉真一松方弘樹渡瀬恒彦安藤昇梶芽衣子池玲子杉本美樹谷隼人中村英子ら、次世代スターをフル回転させ[27]、新路線開拓を狙うラインアップを組むと俊藤に相談なく決定しかけたことで[5][20][27][28]、鶴田や高倉、若山、菅原をかこっていた[20]俊藤の怒りが爆発した[5][20][23]。本作『三池監獄 兇悪犯』は1973年頭には完成し[5]、一旦、1973年2月9日公開と報道もされたが[29]、鶴田の興行力の落ち込み傾向が強かったことから[29]、これをお蔵入りさせ[5]、1973年4月後半公開を予定していた高倉主演の「新網走番外地」の新作を中止させた[5]。1973年の正月映画第二弾『仁義なき戦い』が鶴田、高倉抜きで大ヒットしたことから、岡田は鶴田、高倉抜きでも新しい路線を作れるという自信を深め[20][28]、従来の任侠路線を切り捨て[22][30]実録路線への転換を急速に進めた[30][31]。1973年に岡田と俊藤の確執がマスメディアに"東映お家騒動"として大きく取り上げられ[20]、俊藤が鶴田らを引き連れ、東宝に移籍するのではと噂されたが[20][30]、俊藤を嫌う岡田の腹心高岩淡東映京都所長と片山清企画製作部長で[20]、高倉らの説得にあたり[20][32]、結局、1973年3月に関東東映会の佐々木進会長を間に立て和解がなされ[5][20][30]、本作の公開も決まった[5]。しかし高倉の「新網走番外地」の新作は製作されることはなかった。

作品の評価編集

興行成績編集

小沢茂弘監督は「新境地として作ったが、お客は来なかった。私の最後の任侠映画」と述べている[1]

批評家評編集

先述した照明落下事件の他、小沢監督と鶴田浩二の関係が本作で悪化し、内容も殺伐したものになった[12]。小沢は「鶴田のおかげでここまでこれた」という気持ちを持ってそれまで鶴田に接していたが[12]、小沢が「鶴田、もう駄目だよ」と軽く言ってしまった。それが鶴田に聞こえ、鶴田も世代交代の時期を察していたから、撮影中、小沢と鶴田は直接口を聞かず、助監督を通じて打ち合わせする状況になった[12]。必然的に小沢からの要求を鶴田が拒否するため、鶴田があまりセリフを喋らない映画になった[12]。このため鶴田の凄まじさが増し、徹底して陰気な地の底のような監獄映画となっている[4][12]。この硬派な物語は近年再評価が高まっているとされる[6]

二階堂卓也は「鶴田浩二はそれまで長く演じてきたヒーロー像とは180度回転したかの如き、汚れ役を演じる。義理と人情も弁えて、意地と度胸で男を貫く渡世人を演じてきた鶴田がよくこんな役を引き受けたものだ。背景が背景とはいえ、全編を覆う暗さと陰惨さは尋常ではない。救い難い仕上がりである。鶴田の泥まみれ姿は哀れを誘い、任侠映画の無残な末路のような印象だ。当時、「殺れい(とれい)! 殺ったれい(とったれい)!」と吼える広島やくざたちの流血の抗争に見入っていた観客の目に、この映画はどう映ったか。任侠映画もかれこれ10年、ピークは過ぎていた。ポルノ作品との三本立てという扱いが本ジャンルの凋落を物語る。『博徒』以来、小沢と鶴田がコンビを組んだ最後の任侠映画になった。一つの時代が終わったのである」などと評している[9]

同時上映編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1972年6月下旬の公開予定だった『関東地獄一家』[17]、1972年夏公開予定だった「網走番外地シリーズ[17]、故大川社長追悼作品と銘打たれたオールスター映画『海軍特別攻撃隊』[17]

出典編集

  1. ^ a b c 映画人烈伝 其の六 小沢茂弘(下)、127–128頁。
  2. ^ 三池監獄 兇悪犯”. 日本映画製作者連盟. 2021年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 名脇列伝Ⅲ ピラニア軍団・役者稼業シネマヴェーラ渋谷
  4. ^ a b c d e 映画スターを"殺した"『三池監獄 兇悪犯』 文・杉作J太郎、224–225頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 「《話題の裏窓》 "お家騒動"が一見落着した東映 岡田社長と俊藤氏の和解は果たして本物か」『実業界』1973年3月号、株式会社実業界、 82-83頁。
  6. ^ a b c d プリズン無礼講~『網走番外地』発『女囚さそり』行き護送列車の旅~』 文・植地毅、226–229頁。
  7. ^ 4月の東映チャンネルは、スリルとサスペンスに溢れる“脱獄”をテーマにした作品を特集放送!【脱獄アクションスペシャル】INTRO | ラピュタ阿佐ヶ谷レイトショー『脱獄大作戦 娑婆ダバ!
  8. ^ 旧三池集治監外塀 | 県立三池工業高等学校外塀 | 大牟田市石炭産業科学館
  9. ^ a b 第七章 小沢茂弘の活劇世界 ―娯楽映画はこういう具合にしやしゃんせ、272–275頁。
  10. ^ a b c d e f シャバの匂いが血を騒がせる『三池監獄 兇悪犯』、220–221頁。
  11. ^ a b ひし美ゆり子 (2010年4月25日). “誘惑の女優列伝Part3『ひし美ゆり子』第二弾!”. あれから50年・・アンヌのひとりごと. gooブログgoo). 2021年5月4日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k 土橋亨インタビュー 文・杉作J太郎、197–198頁。
  13. ^ a b c d e f g h 角田龍平 (2020–08–06). “【元漫才師の交友録】第52回 土橋享(2) 「5年早い!」を勘違い”. 労働新聞 (労働新聞社). オリジナルの2020年9月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200926184343/https://www.rodo.co.jp/series/93396/ 2021年5月4日閲覧。 角田龍平 (2020–07–23). “【元漫才師の交友録】第51回 土橋享(1) 安岡力也から突然の架電”. 労働新聞 (労働新聞社). オリジナルの2020年7月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200723033243/https://www.rodo.co.jp/series/93113/ 2021年5月4日閲覧。 
  14. ^ 「しのぎに来たヤクザさえも撃退」伝説のアウトロー映画集団東映の血風録東映の歴史とは、すなわち、成功と蹉跌とが糾う、生き残りの歴史である。――水道橋博士(第3回)高倉健さん、鶴田浩二さん 任侠映画は本物ヤクザが演技指導土屋茂「映画の仕事Vol.7 プロデューサーの巻・前篇 ゲスト豊島泉」『プレイガイドジャーナル』1985年10月号、プレイガイドジャーナル社、 25頁。
  15. ^ a b 二田一比古 (2020年7月11日). “芸能記者稼業血風録 殴られると5000円 大部屋俳優は“危険手当”で食いつないだ”. 日刊ゲンダイデジタル. 株式会社日刊現代. 2020年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月4日閲覧。
  16. ^ a b 「東映・岡田茂会長インタビュー『製作配給の赤字をどう止めるか』」『AVジャーナル』1994年1月号、文化通信社、 22-29頁。
  17. ^ a b c d e 「観客の目 健さんはどこへ行った?」『週刊文春』1972年6月26日号、文藝春秋、 24頁。「NEWS OF NEWS 順法闘争なみ 健さんの造反劇」『週刊読売』1972年8月5日号、読売新聞社、 33頁。「意外!男ひとりメキシコ、イタリアなどを転々と…… 失踪まで噂されて… 高倉健がはじめて明かした謎の3ヵ月」『週刊明星』1972年7月30日号、集英社、 35–38頁。「観客の目 健さんはどこへ行った?」『週刊文春』1972年6月26日号、文藝春秋、 24頁。「LOOK スター 東映に造反した高倉健の言い分」『週刊現代』1972年7月6日号、講談社、 30頁。井口民樹「衝撃の軌跡 高倉健サンはなぜ蒸発しちゃうのか チエミは『手がとどかなかった』 "昭和一ケタ男"の求める人生番外地」『週刊平凡』1972年10月13日号、平凡出版、 172-176頁。「NEWS MAKERS 高倉健と東映の"出入り"の成りゆき」『週刊ポスト』1972年6月23日号、小学館、 38頁。笠原和夫荒井晴彦絓秀実『昭和の劇』太田出版、2002年、322−326、596頁。ISBN 487233695X
  18. ^ 竹中労「連載 日本映画横断その26 東映任侠路線の危機 出会いの映画とは何か? その5」『キネマ旬報』1972年7月下旬号、キネマ旬報社、 102-105頁。
  19. ^ 第九章 岡田茂、社長になる、277–292頁。
  20. ^ a b c d e f g h i j “東映、お家騒動のてんまつ記 社長と俊藤プロデューサー対立 "路線"で波紋、両者話し合いで一件落着”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 9. (1973年3月6日) 「ウの目タカの目 むしろこれから東映のお家騒動」『週刊文春』1973年3月26日号、文藝春秋、 27頁。井沢淳・高橋英一・鳥畑圭作・土橋寿男・嶋地孝麿「映画・トピック・ジャーナル 和解へ向かう"鶴田・高倉"問題/映画界の動き 東映の製作方針対立和解す」『キネマ旬報』1973年4月上旬号、キネマ旬報社、 150、174-175頁。黒井和男「一九七三年度日本映画/外国映画業界総決算 日本映画 製作」『キネマ旬報』1974年2月上旬号、キネマ旬報社、 96頁。 今村三四夫 (1973年3月10日). “製作事情内紛で暗かった東映問題 三者会談和解成る岡田、俊藤、佐々木三氏発言/今週の日記から 東映お家騒動解決の発表”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 堀英三「(特集)変動相場でゆく日本映画界五社体制崩壊後の『新体制』」『映画評論』1973年11月号、 28-29頁。滝沢一「日本映画四社首脳に直言する ―企画・製作面から見た四社の現状と問題点―」『月刊ビデオ&ミュージック』1974年11月号、東京映音、 18-19頁。「ニューズ オブ ニューズ お任侠路線コケれば東映ガタガタ 岡田社長と俊藤プロデューサーが対立」『週刊読売』1973年3月17日号、読売新聞社、 33頁。「NEWS MAKERS 鶴田・高倉の"二枚看板"復活の皮算用」『週刊ポスト』1973年8月10日号、小学館、 34頁。「藤純子が引退して一年 鶴田浩二と高倉健も東映映画から消える? 東映王国に何が起きたのか カギ握る俊藤プロデューサー 鶴田や健さんがポルノ、劇画路線に追われるなんて!」『週刊明星』1973年3月11日号、集英社、 193-195頁。
  21. ^ 1976年12月 岡田東映社長の5ヵ年 東映を安定さすものは商魂だ、81-82頁。
  22. ^ a b 第十章 岡田茂とのコンビ、227-231頁。
  23. ^ a b 日刊スポーツ文化社会部 相原斎と日刊スポーツ特別取材班『健さんを探して 最後の銀幕スターの秘密』青志社、2015年、172-180頁。ISBN 978-4-86590-007-1
  24. ^ 「LOOK映画 邦画界の"神様・仏様・ポルノ様"」『週刊現代』1972年11月30日号、講談社、 31頁。
  25. ^ a b 今村三四夫 (1974年12月15日). “ゆく年、くる年十大ニュースに代えて、ゆく年の反省とくる年の思惑”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 
  26. ^ “あんぐる 東映スターの人気に変動が”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 8. (1972年3月18日) “"子連れ狼"は至って神経細やか 若山富三郎に会う 『命令されるの大きらい "拝一刀"はおれにしかやれん』”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 7. (1972年5月6日) 
  27. ^ a b “四八年度経営方針 東映社長 岡田茂”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 2. (1973年1月13日) 波多啓「映画界の動き 東映の73年度経営方針」『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 163頁。
  28. ^ a b 1973年11月 49年の東映は激しく変貌する、35-36頁。
  29. ^ a b 「興行価値 東映は硬軟路線で」『キネマ旬報』1973年2月上旬号、キネマ旬報社、 160頁。
  30. ^ a b c d 日下部五朗『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年、94-95頁。ISBN 978-4103332312
  31. ^ 佐藤忠男(編)『日本の映画人 日本映画の創造者たち』日外アソシエーツ、2007年、122頁。ISBN 978-4-8169-2035-6早見俊 (2021年1月23日). “「ヤクザ映画」抜きに東映の成功は語れない理由「仁義なき戦い」を世に出した岡田茂の慧眼”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月4日閲覧。菅原文太「一代の梟雄・岡田茂」『文藝春秋』2011年8月号、文藝春秋、 82頁。春日太一『仁義なき日本沈没 東宝VS.東映の戦後サバイバル』新潮社、2012年、185-195頁。ISBN 9784106104596草壁久四郎「実録/戦後日本映画史 人と事件とー最終回 任侠・実録で血路を開いた東映・岡田 松竹・東宝、日活などの老舗に比べ新参だった東映は、岡田茂を中心に試行錯誤を繰り返しながら逞しく成長してきた...」『宝石』1983年1月号、光文社、 201-203頁。「【ざっくばらん対談】 ー異色経済人登場 映画界のあばれん坊 岡田茂(東映社長) ホスト勝田健」『月刊創』1977年5月号、創出版、 195頁。追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(3)石倉三郎は役者としての気概を教えられた
  32. ^ 岡田茂『波瀾万丈の映画人生 岡田茂自伝』角川書店、2004年、220-221頁。ISBN 4-04-883871-7
  33. ^ 実録!犯罪列島 渋谷文化プロジェクト

参考文献編集

外部リンク編集