三沙市総合執法1号

三沙市総合執法1号中国語: 三沙市総合執法1号は、中華人民共和国海南省三沙市人民政府海洋主管部門の法執行活動の実施を目的とし所有している公有船である。

基本情報
艦歴
進水 2010年3月6日
竣工 2010年9月29日
就役 2010年11月16日
(→農業部漁業局)
移管 2013年7月
(→中国海警局
移管 2015年5月
(→三沙市人民政府)
要目
排水量 2,580 t
全長 110 m
最大幅 14 m
機関 ディーゼルエンジン
速力 最大22ノット
航続距離 6,000海里 / 18ノット
乗員 不明
兵装 撤去
搭載機 Z-9Aヘリコプター×1機
テンプレートを表示

概要編集

元は国務院農業部漁業局(BOF)所属の漁業取締船「漁政310」として2010年に就役した。その後2013年の中国海警局の発足にともない移管され、中国海警局執法船「海警3210」として再就役した。さらに2015年5月には海南省三沙市人民政府に移管され「三沙市総合執法1号」として三沙市が主管する海洋関係の法執行検査業務に着いている。

本船の設計は、中国からパキスタン海軍に輸出されたズルフィカル級フリゲート(F-22P型)から派生しているとされている[1]。F-22P型はおおむね、中国人民解放軍海軍の第1世代汎用フリゲートであった053H3型フリゲート (江衛-II型フリゲート) の近代化改良型であるとされている。

本船は、三沙市の管轄する水域での違法操業取締り及び違法な資源開発行為・海域使用・島嶼利用・海洋調査などの取締りを任務としている。漁業局や中国海警局所属の時は口径14.5mmの連装機関銃を2基装備していたが、三沙市に移管後は武装は取り外され放水砲は残された。[2]

出典編集

  1. ^ 陸易「中国のコースト・ガード組織はどうなっているのか? (特集 中国の海洋力)」『世界の艦船』第747号、海人社、2011年9月、 90-95頁、 NAID 40018930938
  2. ^ 三沙综合执法1号船正式交付使用 可抗12级风, 人民網海南新聞, 2015年5月29日閲覧