三沢 村清(みさわ むらきよ)は、仙台藩一門第十一席・前沢三沢家第3代当主。

 
三沢村清
時代 江戸時代
生誕 宝永4年(1707年
死没 明和元年12月11日1765年1月2日
別名 亥子之助、信濃、頼母(通称
主君 伊達吉村宗村重村
仙台藩
氏族 伊達氏中村氏三沢氏
父母 父:伊達村和、母:於常(三沢宗直の娘)、
養父:三沢村為
兄弟 伊達村詮村清伊達村倫
しほ(白河村広室)、律道(伊達村敏室)
子:長(中島実信室)、優(伊達村保室)、養子:村保
テンプレートを表示

生涯編集

宝永4年(1707年)、元中津山藩伊達村和の次男として生まれ、幼名を中村亥子之助と名乗る。叔父・三沢村為(むらため)の養子となる。

父村和は、元禄12年(1699年)9月、土器町事件により改易され、兄の仙台藩主伊達綱村にお預けとなり、宮城郡野村に逼塞していた。享保4年(1719年)、村和の罪が赦免される。享保5年(1720年)に兄伊達村詮が一門の待遇を受け、村清も享保7年(1722年)、母の実家の一門三沢家を相続することとなる。享保8年(1723年)、藩主吉村の加冠で元服し、一文字拝領を受けて村清と名乗る。

村清は、領内の三沢家菩提所の西岩寺に釈迦堂を造り、本尊釈迦如来像を安置した。この像は、実父村和から拝領したもので、村和の生母三沢初子が信仰した像の1つであり、3つの釈迦如来像を香木で造り、それぞれ綱村、村和、宗贇の3兄弟に与えたものであった。

宝暦9年(1759年)、長病のため従兄弟(叔父・伊達村望の子)の村保(むらやす)が養子となって当主の名代を務めた。明和元年(1765年)12月11日死去。

参考文献編集

  • 『仙台人名大辞書』
  • 『岩手県の地名』(平凡社 1990年)
先代:
三沢村為
前沢三沢家
第3代:1723年 - 1765年
次代:
三沢村保