メインメニューを開く

三浦 亨(みうら とおる 1946年 - )は、日本振付師ダンサー宮城県出身。

みうら とおる
三浦 亨
生誕 1946年
日本の旗 日本宮城県
別名 カーニバル三浦
職業 ダンサー
振付師
活動期間 1970年 -

カーニバル三浦という芸名での活動もしている[1]

来歴・人物編集

宮城県石巻高等学校日本大学芸術学部演劇学科卒業[2]

1970年西条満の元でダンサーとしてデビュー[2]。1973年に天地真理「恋する夏の日」で振付師としてデビュー[2]。1970年代中盤から1980年代まで放送されたNHK音楽番組レッツゴーヤング』でダンス指導を担当し、所謂「80年代アイドル」やバックダンサーのスクールメイツの振り付けを多く担当する[2][1]

1985年からはおニャン子クラブの振り付けを担当。以降フジテレビの番組の振り付けを多く担当する[2]

1997年、ピチカート・ファイヴの「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」の振り付けを担当[1]。この時の出会いから、以降解散まで振り付けを担当した。

2008年、『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット羞恥心の「羞恥心」の振り付けを担当[2]。この曲以後、ヘキサゴン関係の曲の振り付けのほとんどを担当している。同年の『第59回NHK紅白歌合戦』で羞恥心 with Pabo「羞恥心〜陽は、また昇る 紅白スペシャル」の振り付けを担当、バックダンサーとして出演もした。2009年には遊助(上地雄輔)の楽曲「海賊船」のPVに出演している[2]

主な振り付け担当番組編集

主な振付作品編集

ほか

脚注編集

外部リンク編集