三浦 俊章(みうら としあき、1957年 - )は、朝日新聞論説委員

来歴編集

鹿児島県鹿児島市出身。早稲田大学政治経済学部を卒業し、国際基督教大学大学院修士課程修了。

1984年には、朝日新聞社に入社。 政治部アエラ編集部、ワシントン特派員、政治部次長を経て、政治・外交担当の論説委員を長く務める。

2009年から2010年まで、米ハーバード大学研究員2011年4月から2013年3月まで、テレビ朝日系列報道ステーション」のコメンテーターを務める。

2013年4月から朝日新聞日曜版GLOBE編集長となる。

著書編集

  • オバマ演説集(2010年、岩波書店
  • オバマ:希望への道(2009年、岩波書店)
  • ブッシュのアメリカ(2003年、岩波書店)
  • 日米同盟半世紀:安保と密約(2001年、朝日新聞社)