メインメニューを開く

三浦 信祐(みうら のぶひろ、1975年3月5日 - )は、日本の政治家、工学者公明党所属の参議院議員(1期)。専門は材料工学

三浦 信祐
生年月日 (1975-03-05) 1975年3月5日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
出身校 千葉工業大学工学部
東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程
前職 防衛大学校准教授
現職 公明党国際局次長、青年局次長
所属政党 公明党
称号 工学博士
公式サイト 三浦のぶひろ公式ウェブサイト

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 1回
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1975年宮城県仙台市に生まれる。福島県立福島高等学校千葉工業大学工学部を卒業した[1]

大学卒業後、防衛大学校で助手を務める[1]2003年、東京工業大学で工学博士号を習得[1]2012年、防衛大学校准教授に就任する[1][2][3]

2016年第24回参議院議員通常選挙公明党公認で神奈川県選挙区より立候補し、第2位で当選。3年前の佐々木さやかに続き、公明党は神奈川県選挙区で議席を獲得した[4]

政策編集

  • 安保法制は今の法制でよい[5]
  • 憲法改正に賛成[5]
  • 憲法9条は改正して自衛隊の役割や限界を明記すべきだ[5]
  • 緊急事態条項の創設に反対[5]
  • 政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対し、電波停止を命じる可能性に言及した総務大臣高市早苗の姿は問題だ[5]
  • 2017年4月の消費税率10%への引き上げについて、延期または中止すべきだ[5]
  • アベノミクスの恩恵が地方や中小企業に及んでいるとは思わない[5]
  • 原発は当面は必要だが、将来的には廃止すべきだ[5]
  • 米軍普天間飛行場辺野古に移設すべきだ[5]
  • 核武装について、将来にわたって検討すべきでない[5]
  • 選択的夫婦別姓についての選択式アンケートにおいて、「どちらかといえば賛成」としている[6]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集