メインメニューを開く

三浦 周行(みうら ひろゆき、1871年7月21日明治4年6月4日[1]) - 1931年昭和6年)9月6日[1][2])は、日本歴史学者法制史の研究者。文学博士[3]京都帝国大学教授。第10回帝国学士院恩賜賞の受賞者。文格院殿嵩山周行居士。

目次

来歴・人物編集

出雲国島根郡内中原町(現在の島根県松江市)に、三浦正祐の長男として生まれた。幼名は禄之助。元服し、周行と称した。読みは「ひろゆき」だが、学者としては「しゅうこう」と呼ばれることもある。

1890年東京英和学校を修業[4]し、東京帝国大学文科大学選科に入学[5]1893年に国史科を修業[4]し、史料編纂助員となる[4]。のち史料編纂官[6]。さらに東京帝国大学法科大学より法制類聚編纂を嘱託され、歴史学と法学双方の研究を経る過程で日本に「法制史」という新しい学問分野を打ち立てた。

1907年に京都帝国大学文科大学講師となり、1909年に教授[7]。以後、近畿地方を中心とする各地の寺社・旧家の古文書、古記録の調査、収集を行い、市史や地域史の編纂にも携わり、『鎌倉時代史』、『歴史と人物』(1916年)、『法制史の研究』(1919年)、『国史上の社会問題』(1920年)、『続法制史の研究』(1925年)、『日本史の研究』1・2・新輯(1922年1930年1982年)をその代表作とする[8]

1931年7月、定年退官[7]、京都帝国大学名誉教授[7]。同年9月6日、胃病のため死去[9]

著書編集

編・校注編集

脚注編集

参考資料編集