メインメニューを開く

三浦大知

日本の歌手、ダンサー、振付師、作詞家、作曲家

三浦 大知(みうら だいち、1987年8月24日[1] - )は、日本ダンサー[2]歌手[3]エンターテイナー[1]作詞[1]作曲[1]、自身のライブなどの振付[1]、演出[4]も行う。沖縄県出身[1]で、身長175cm[5]血液型はAB型[5]。「大知識」という公式ファンクラブが存在する[6]

三浦大知
MTV VMAJ 2014 023 三浦大知
基本情報
別名 DAICHI、三浦大地 (Folder時代の名義)
生誕 (1987-08-24) 1987年8月24日(31歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県
ジャンル R&Bポップダンス
職業 歌手ダンサー振付師
エンターテイナー
担当楽器 ボーカルピアノギター
ドラムカホン
活動期間 1997年 -
レーベル SONIC GROOVE
事務所 ライジングプロダクション
共同作業者 KREVAFolder
公式サイト 三浦大知 OFFICIAL WEBSITE

目次

音楽性編集

影響編集

音楽を始めたきっかけはマイケル・ジャクソン[7] 6歳の頃に初めて買ったCDもマイケルのアルバム『ヒストリー』で今でも大切に持っているという。幼少期にグループでデビューしその後ソロデビューしたという共通点もある。また、「ブラック・オア・ホワイト」のミュージック・ビデオでマイケルがいろんな国のダンスを踊っている様子を見て、マイケルは何をやってもオリジナルなんだと感じ、自分もマイケルのようになりたいと子供ながらに思ったという。だから一度もマイケルのマネをしたことはなく、別の山を登って同じ高さに行きたい、三浦大知にしかできないことをやってオリジナルになりたいと語っている。また、2009年には24歳までに日本武道館のステージに立つという目標を立てた。それはマイケルが「ビリー・ジーン」を発表、曲中にムーンウォークを披露し大きな転換期になったのが24歳であったことに由来している(2012年にその目標を達成している)[8]

その他に歌って踊ることに関して大きく影響を受けたアーティストとしてアッシャーをあげている[9]。また、転機となった曲として、松本人志作詞の「チキンライス」を上げている[7]

ライブパフォーマンス編集

単独公演ではダンス&ボーカル[10]のパフォーマンス以外にも、ピアノでの弾き語り[11]やアコースティックギターでの弾き語り[10]のほか、ドラムボーカル[12]、カホンを叩きながらの歌唱[13]、Ableton Pushを使ったパフォーマンス[14]も披露している。

来歴編集

デビューまで編集

テレビ番組のアニメ戦隊モノ仮面ライダーの主題歌や動きに合わせて踊っている様子を見た母に連れられて[15][16]、6歳頃からダンススクールに通い歌唱も練習を始める。1996年には、NHK教育テレビユメディア号こども塾」で、当時の自宅から路線バスで90分かけてダンススクールに通う様子などが取り上げられた。父親が自衛官であることから、沖縄県内、広島県江田島[17]などのほか、変声期の活動休止前は神奈川県綾瀬市に居住した。

Folderのメンバーとしてデビュー編集

1997年に「Folder」の一員として芸能活動を開始し、9歳でメインボーカル「DAICHI」としてシングルパラシューター」を発売して『ポンキッキーズ』にレギュラー出演した。以後「三浦大地」として「Big_heart〜ミクロマンのテーマ〜」などのソロシングルを発売する。

2000年から変声期を理由にFolderの活動を1年間休業し、グループはFolder5に改編された。(Folder5には不参加。)休業中はボイストレーニングを抑えてダンスを中心に練習、並行して中学校ではバレーボール部に所属「めちゃくちゃしごかれて」いた[18]。その後はニューヨークで練習し、帰国後にピアノギターを独習した[要出典]

2004:三浦大知として復活ライブ編集

  • 2004年
    • 8月1日、原宿アストロホール(VISION FESTAvol.2)にて、芸名を本名に戻し、三浦大知として復活ライブ[19]
    • 夏、J.Que (Patrick J.Que Smith。Usherの「Yeah!」のコンポーザー)が三浦大知の為に来日し、三浦大知と共に約1週間スタジオに一緒にこもって数曲書き下ろす。世界レベルの作曲の過程に驚愕する。"D-ROCK"というニックネームもこの時J.Queからもらう[19]
    • 9月19日、O-WEST(VISION FESTA vol.3)に出演[19][20]
    • 10月23日、O-WEST(VISION FESTA vol.4)に出演[19][21]
    • 11月20日、O-WEST(VISION FESTA vol.5)に出演[19]
    • 12月9日、デビュー曲「Keep It Goin' On」のPV撮影の為、米・LAへ[19]
    • 12月16日、BeyonceUsherなどのバックダンサーを務める世界のトップダンサー達と共演[19]

2005 - 2011年:ソロデビュー・自身による振り付け編集

  • 2005年
    • 1月19日、渋谷O-WESTにて初ワンマンライブ<LIVE CHAPTER-O>が行なわれた[22]
    • 3月30日、ソロシングル「Keep It Goin' On」を発売[22]、「日本では珍しいソロでR&Bを歌って踊るスタイルをポピュラーにしたい」と語った。
    • 4月1日、MTVの「ADVANCE WARNING」の初代ADVANCE ARTISTに選出される[19]
    • 4月22日より全国ツアーを開始[23]
    • 5月29日、MTV「VIDEO MUSIC AWARD」にプレゼンターとして出演[19]
    • 6月1日、2ndシングル『Free Style』リリース[19]
    • 10月12日、シングル「Southern Cross」をリリース[24]
  • 2006年
    • 1月11日、シングル「No Limit featuring 宇多丸」をリリース[25]
    • 1月25日、1stアルバム「D-ROCK with U」をリリース[26]
    • 2月5日、ライブツアー「MTV presents 三浦大知LIVE Chapter-2 "D-ROCK with U"」を開始[27]
    • 3月23日、ゴスペラーズ黒沢薫のソロライブ「LOVE UNLIMITED」@品川ステラボールに、サプライズゲストとして参加[19]
    • 3月29日、ライブDVD「LIVE D-ROCK with U~DAICHI MIURA LIVE Chapter-2~」をリリース[27]
  • 2007年
    • 4月29日から全国ツアーを行う[28]
    • 7月18日、シングル「Flag」をリリース[29]
    • 7月23日よりニューヨークで行われた「Rock Steady Crew 30th Anniversary Festival」に参加[30][31]
  • 2008年
    • 7月9日、FORCE OF NATUREのDJ KENTによる「Inside Your Head」のリミックスを収録した12inchアナログが発売される[32]
    • 7月23日、6枚目のシングル「Inside Your Head」リリース[33][34]。以降自身で振り付け、作詞、作曲を頻繁に手掛ける。
    • 8月30日、avex主催フェス「a-nation'08」に出演[35][36]
    • 11月26日、「Inside Your Head」が収録されたDJ KOMIRIのミックスCD「WHAT'S R&B?」がリリース[37]

2009 - 2012年:KREVAと共作・共演編集

  • 2009年
    • 2月11日、シングル「Your Love feat.KREVA」をリリース[38][39]
    • 2月12日、NHK総合「MUSIC JAPAN」に出演[40]
    • 4月19日、KREVAのライブ「意味深2」に出演[41][42]
    • 5月20日、シングル「Delete My Memories」をリリース[43]
    • 6月18日、イベント「BMO MUSIC FEST '09」に出演[44][45]
    • 7月18日、ワンマンライブ「SUMMER SEMINER ~Encore of Our Love」を開催、ゲストにKREVAを迎える[46]
    • 9月16日、2ndアルバム「Who's The Man」とライブDVD「DAICHI MIURA LIVE 2009 -Encore of Our Love-」を同時リリース[47][48]。ラゾーナ川崎でライブイベントを開催[49]
    • 12月9日、参加作品「Mellow Disney -R&B Revisited-」がリリース[50]
  • 2010年
    • 2月1日、「SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 10」のCHOREOGRAPHY VIDEO部門にノミネートされる[51]
    • 2月10日、参加作品のBoAのアルバム「IDENTITY」がリリース[52]
    • 3月19日、ライブイベント「Producer meets BLITZ」に出演[53]
    • 5月、単独ライブ「DAICHI MIURA LIVE 2010」を開催する[54]
    • 6月5日、イベント「UNITED~RISING DANCE FESTIVAL~」に出演[55]
    • 6月24日、ビルボード東京で開催となった<ひかりTV×myシアターpresents 『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』ワールド・プレミア supported by CLINIQUE>でマイケル・ジャクソンHuman Nature」のライブとトークショーを行う[56][57]
    • 10月13日・14日、KREVAのライブ「意味深3」に出演[58][59]
    • 10月23日、J-WAVEが主催のライブイベント「J-WAVE LIVE~AUTUMN」に出演[60]
    • 10月31日より、全国10都市でライブツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010」を開催する[61]
    • 12月15日、10thシングル「Lullaby」をリリース[62]
  • 2011年
    • 5月29日、野外ダンスミュージックフェス『響 MUSIC FESTIVAL 2011』に出演[63][64]
    • 7月23日、SEAMOが発起人の野外イベント「TOKAI SUMMIT'11」に出演[65]
    • 8月3日、SUGAR SHACK FAMILYとしてアルバム「SUGAR SHACK FACTORY」をリリース[66]
    • 8月24日、シングル「Turn Off The Light」をリリース[67]
    • 8月30日、新木場STUDIO COASTにて行われた「dwango.jp presents R-Festa 2011」に出演[68]
    • 9月8日、参加作品のKREVAのアルバム「GO」がリリース[69]
    • 10月15日、J−WAVE主催のライブイベント「J-WAVE LIVE~AUTUMN」に出演[70]
    • 10月29日、KREVAの日本武道館ライブに出演[71]
    • 11月30日、3rdアルバム「D.M.」をリリース[72]
    • 12月14日、参加作品のチャリティーシングル「H♡PE」がリリース[73]
    • 12月25日、代々木競技場第一体育館で行われるライブイベント「LAWSON presents MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE supported by スカパー!」に出演[74][75]

2012 - 2015:初の日本武道館編集

  • 2012年
    • 5月2日、シングル「Two Hearts」をリリース、ドラマ「Answer~警視庁検証捜査官」の主題歌に[76]
    • 5月3日、初めて日本武道館公演を開催した[77][78]
    • 9月2日、J-WAVE主催のライブイベント『J-WAVE LIVE 2000+12』に出演する[79][80]
    • 12月31日、千葉・幕張メッセ国際展示場で開催された音楽イベント『COUNTDOWN JAPAN 12/13』に出演する[81][82]
  • 2013年
  • 2014年
    • 3月5日、シングル「Anchor」をリリース[87]
    • 3月14日、洋楽カバーアルバム「Covers EP」をリリース[88]
    • 4月1日、全国ツアー『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2014 「The Entertainer」』を開始[87]
    • 5月31日、FM802主催のライブイベント「RADIO MAGIC」に出演する[89]
    • 6月14日、MTV VMAJ 2014・最優秀R&Bビデオ賞を「I'm On Fire」で受賞[90]し、10月23日にMTV EMA 2014でBest Japan Actに選出される。韓国代表・B.A.Pとの日本・韓国代表を決める最終決戦では敗れ、Best Worldwide Actへのノミネートはならなかった。
    • 6月18日、参加作品のKREVAのベスト・アルバム「KX」がリリース[91]
    • 8月17日、イベント「a-nation island Asia Progress ~Departure~」に出演[92]
    • 8月31日、JWAVE主催のイベント「サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+14」に出演[93]
  • 2015年
    • 4月1日、参加作品のDREAMS COME TRUEのカバーアルバム『私とドリカム2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』がリリースされる[94][95]
    • 7月11日、リリー・フランキー主催のイベント『ザンジバルナイト2015』にゲスト歌手として出演した[96][97][98]
    • 11月22日、ストリートダンスの祭典 『Shibuya StreetDance Week 2015』に登場した[99][100]

2016 - 2017:ミュージックステーション出演・紅白歌合戦初出場編集

  • 2016年
  • 2017年
    • 1月22日、国立代々木競技場第一体育館で (RE)PLAYツアー を追加公演して12,000人を動員した[108]。また、「関ジャム 完全燃SHOW」に出演した[109]
    • 2月3日、「ミュージックステーション」に出演[110]
    • 3月16日、音楽番組「ダイスキ!フェス」に出演[111]
    • 3月22日、アルバム「HIT」、ライブDVD「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2016 (RE)PLAY」を同時リリース[112][113][114]
    • 4月9日、6枚目のアルバム「HIT」が2017年3月度最優秀ハイレゾ音源大賞作品を受賞した。[115]
    • 4月15日、AbemaTVの本開局1周年を記念したライブイベント「AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE」に出演[116]
    • 5月13日、招待制ライブ「三浦大知×TSUTAYA プレミアムアコースティックライブ」を行う[117]
    • 10月14日、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の企画「岡村オファーシリーズ」に出演する[118]
    • 12月31日、紅白歌合戦に初出場する[119]

2018 - :初のベストアルバムリリース編集

  • 2018年
    • 2月20日、ミュージックマガジン3月号の表紙を飾る[120]
    • 3月7日、初のベスト・アルバム「BEST」をリリース[121]
    • 4月より名称を改めるNHKの国際放送、「NHKワールドJAPAN」のキャンペーン・キャラクターに起用、プロモーション映像に出演[122]
    • 5月9日リリースのSOIL&”PIMP”SESSIONSのアルバム「DAPPER」に参加[123]
    • 7月11日、アルバム「球体」をリリース[124]
    • 8月1日、SOIL&”PIMP”SESSIONSの中野サンプラザ公演にゲスト出演[125]
    • 8月22日、シングル「Be Myself」をリリース[126]
    • 8月31日、KREVA主催のライブイベント「908 FESTIVAL 2018」に出演[127]
    • 9月26日リリースのレキシ6thアルバム「ムキシ」に参加[128]
    • 10月10日配信の小沢健二がホストを務めるApple Musicのオリジナル映像コンテンツ「Tokyo, Music & Us 2017-2018」にゲスト出演[129]
    • 12月19日、シングル「Blizzard」をリリース[130]
    • 12月31日、第69回NHK紅白歌合戦に二回目の出場を果たす[131]
  • 2019年
    • 1月23日、レキシの横浜アリーナ公演にビッグ門座衛門としてゲスト出演[132]
    • 2月、スポーツブランド「ニューバランス」のアンバサダーに就任[133]
    • 2月24日、日本政府主催・天皇陛下御在位30年記念式典に出席[134]。自身は上皇明仁作詞・上皇后美智子作曲の『歌声の響』を歌唱・披露[135]
    • 6月12日、シングル「片隅」・ライブDVD「DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール」をリリース[136]
    • 7月29日、ハノイベトナム)日越特別大使で日・ASEAN特別大使を務める歌手で俳優の杉良太郎がプロデュース役を担う「日・ASEAN音楽祭~平和への祈り」へ出演[137][138][139]
    • 8月1日、ニューバランスの新プロジェクト「Runs in the Family」に参加することが発表された[140][141][142][143][144][145]
    • 8月16日(金)~18日(日)に上映される「直木賞・本屋大賞受賞 恩田陸『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート ~ひかりを聴け~」への出演が発表された[146]
    • 9月21日の千葉・幕張イベントホールを皮切りに、11月5日の東京・国立代々木競技場第一体育館まで4会場にて6公演のアリーナツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2020」を行うことが発表された[147]
    • 9月26日にKREVAが主催するライブイベント「908 FESTIVAL 2019」への出演が決定[148]

人物・エピソード編集

評価編集

  • KREVA「歌が上手いと言っても、色々な上手いがあると思うが、その中のどれかでは確実に最高と呼べるレベルにいる」[163]
  • 藤井フミヤ「久しぶりにスーパースターの予感がする」[164]
  • 宇多丸RHYMESTER)「世界レベルのスキルで歌って踊れて、曲も作れて……なんて話が、大知基準ではもはや当たり前のことにさえ思えてくるから怖い」「ただでさえ天才なのに、頭も性格も良くてそのうえ努力し続けちゃってんだもんなー!」[163]
  • 坂見誠二「大知は天才だね」「あったまくるね」[165]
  • 武井壮「僕は大知くんのようなエンターテイナーに対して、最大限のリスペクトを持っています。だって自分という個体ひとつで、観ている人々に魔法をかけているんだから。大知くんは魔法使いですよ。大知くんが呪文を唱えたら、みんな泣いたり感動したり楽しんだりするんだから。」[166]
  • 笑福亭鶴瓶「三浦大知が、グラミー賞を獲るいちばん近い人」[167]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

リリース日 タイトル 週間
最高
収録アルバム
1st 2005年3月30日 Keep It Goin' On 14位 D-ROCK with U
2nd 2005年6月1日 Free Style 19位
3rd 2005年10月12日 Southern Cross 34位
4th 2006年1月11日 No Limit featuring
宇多丸 (from RHYMESTER)
29位
5th 2007年7月18日 Flag 62位 Who's The Man
6th 2008年7月23日 Inside Your Head 48位
7th 2009年2月11日 Your Love feat.KREVA 20位
8th 2009年5月20日 Delete My Memories 36位
9th 2010年8月18日 The Answer 24位 D.M.
10th 2010年12月15日 Lullaby 16位
11th 2011年8月24日 Turn Off The Light 16位
12th 2012年5月2日 Two Hearts 9位 The Entertainer
13th 2012年12月12日 Right Now/Voice 7位
14th 2013年7月10日 GO FOR IT 8位
15th 2014年3月5日 Anchor 7位 FEVER
16th 2014年12月3日 ふれあうだけで 〜Always with you〜/
IT'S THE RIGHT TIME
6位
17th 2015年2月25日 Unlock 8位
18th 2015年6月17日 music 11位
19th 2016年3月30日 Cry & Fight 9位 HIT
20th 2016年11月23日 (RE)PLAY 10位
21st 2017年1月18日 EXCITE 1位[168][169]
22nd 2017年8月2日 U 8位 BEST
23rd 2018年8月22日 Be Myself 12位 TBA
24th 2018年12月19日 Blizzard 4位
25th 2019年6月12日 片隅 / Corner 12位

アルバム編集

リリース日 タイトル 週間
最高
1st 2006年1月25日 D-ROCK with U 18位
2nd 2009年9月16日 Who's The Man 27位
3rd 2011年11月30日 D.M. 7位
4th 2013年11月20日 The Entertainer 5位
5th 2015年9月2日 FEVER 3位
6th 2017年3月22日 HIT 4位
7th 2018年7月11日 球体 5位

ベストアルバム編集

リリース日 タイトル 週間
最高
1st 2018年3月7日 BEST 1位

配信限定編集

シングル
リリース日 タイトル 収録アルバム
2007年8月25日 Everlasting Love 2007 -
2011年6月1日 Touch Me D.M.
2012年8月29日 Elevator The Entertainer
2016年1月25日〜4月28日 stay ever (セブンイレブン限定 伊藤園 春歌プレゼントキャンペーン) *収録未定(期間限定配信)
2016年10月2日 EXCITE(テレビオープニングサイズ) -
2017年9月27日 普通の今夜のことを -let tonight be forever remembered- BEST
アルバム
リリース日 タイトル 備考
2012年8月22日 DAICHI MIURA LIVE 2012「D.M.」in BUDOKAN EP LIVE音源(6曲)
2014年3月14日 Covers EP 洋楽カバーミニアルバム
2016年2月17日 DJ大自然 Presents 三浦大知 NON STOP DJ MIX 2015年2月25日よりレンタル限定リリース
2016年2月17日 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2015 "FEVER" LIVE音源

レンタル限定編集

アルバム
リリース日 タイトル 備考
2016年2月17日 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013 -Door to the unknown- in YOKOHAMA ARENA LIVE音源
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2014 - THE ENTERTAINER
2017年12月27日 DAICHI MIURA Live Chronicle 2005-2017

映像作品編集

リリース日 タイトル 収録会場
ライブ映像
2006年3月29日 LIVE D-ROCK with U 〜DAICHI MIURA LIVE Chapter-2〜 @Shibuya AX 5th February SHIBUYA-AX
2009年9月16日 DAICHI MIURA LIVE 2009 -Encore of Our Love- 赤坂BLITZ
2011年5月25日 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010 〜GRAVITY〜 ZEPP TOKYO
2012年2月22日 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2011 〜Synesthesia〜 TOKYO DOME CITY HALL
2012年8月22日 DAICHI MIURA LIVE 2012「D.M.」in BUDOKAN 日本武道館
2013年1月16日 DAICHI MIURA "exTime Tour 2012" 東京国際フォーラム ホールA
2014年1月29日 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013 -Door to the unknown- in YOKOHAMA ARENA 横浜アリーナ
2014年10月1日 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2014 - THE ENTERTAINER 東京国際フォーラム ホールA
2016年2月10日 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2015 "FEVER" 中野サンプラザホール
2017年3月22日 DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL at 国立代々木競技場第一体育館 国立代々木競技場第一体育館
2017年12月27日 DAICHI MIURA Live Chronicle 2005-2017 ライブ映像集
2018年6月27日 DAICHI MIURA BEST HIT TOUR in 日本武道館 日本武道館
2019年6月12日 DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール 大阪城ホール
ミュージック・ビデオ
2013年3月20日 Choreo Chronicle 2008-2011 Plus
2015年12月16日 Choreo Chronicle 2012-2015 Plus

参加作品編集

リリース日 アーティスト タイトル 収録作品
2006年4月26日 ajapai 声をかさねて... ajapai「声をかさねて...」
2007年11月21日 三浦大知 Wishing on a groove VISION FACTORY「CHRISTMAS HARMONY」
2008年3月19日 三浦大知 Special Story VISION FACTORY「FLOWER FESTIVAL」
2009年1月21日 千晴 STOP!! feat. 三浦大知 千晴「バカ正直」
2009年7月22日 Full Of Harmony,LL BROTHERS,
三浦大知,HI-D,LEO
Sugar Shack V.A.「SUGAR SHACK Official soundz mixed by DJ HAL」
2009年12月9日 三浦大知 When She Loved Me (Toy Story 2) V.A.「Mellow Disney -R&B Revisited-」
2010年2月10日 BoA Possibility duet with 三浦大知 BoA「IDENTITY
2010年12月1日 Sowelu 年下の君に feat. 三浦大知 Sowelu「Love & I.〜恋愛遍歴〜」
2010年12月8日 三浦大知 Can't Help Falling In Love (Lilo&Stitch) V.A.「Urban pop Disney」
2010年12月15日 Full Of Harmony,LL BROTHERS,
三浦大知,HI-D,LEO
君がいるなら 〜White Love Song〜 Full Of Harmony,LL BROTHERS,三浦大知,HI-D,LEO
「君がいるなら 〜White Love Song〜」[170]
2011年3月9日 lecca First Sight feat.三浦大知 lecca「箱舟〜ballads in me〜」
2011年6月29日 SUGAR SHACK ALL STARS 明日の太陽 SUGAR SHACK ALL STARS「明日の太陽」[170]
2011年8月3日 三浦大知 熱帯夜 SUGAR SHACK FAMILY「SUGAR SHACK FACTORY」
2011年9月8日 KREVA 蜃気楼 feat. 三浦大知 KREVA「GO」
2011年12月14日 MAJOR MUSIC H♡PE MAJOR MUSIC「HOPE」
2012年5月16日 福原美穂 Dream On feat. 三浦大知 福原美穂「Dream On feat. 三浦大知」
2013年8月14日 DJ DECKSTREAM HOLIDAY feat. 三浦大知 DJ DECKSTREAM「DECKSTREAM.JP」
2014年6月18日 KREVA 全速力 feat. 三浦大知 KREVA「KX
2015年4月1日 三浦大知 未来予想図II V.A.「私とドリカム2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-
2015年10月28日 黒沢薫ゴスペラーズ Supernova duet with 三浦大知 黒沢薫「Supernova duet with 三浦大知」[171]
2015年11月4日 May J. 輝く未来 with 三浦大知 May J.「May J. sings Disney」
2015年11月18日 三浦大知 愛を感じて V.A.「ドリーム〜ディズニー・グレイテスト・ソングス〜 邦楽盤」
2017年7月7日 三浦大知 決戦は金曜日 V.A.「The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタ Vol.1」
2017年10月25日 三浦大知 星に願いを V.A.「Thank You Disney」
2017年11月8日 MIYAVI vs 三浦大知 Dancing With My Fingers MIYAVI 「SAMURAI SESSIONS vol.2」
2018年1月31日 千晴 NAMIDA feat. 三浦大知 千晴「始まり feat. 三浦大知」
始まり feat. 三浦大知
2018年2月14日 絢香 & 三浦大知 ハートアップ 絢香 & 三浦大知「ハートアップ」(シングル)
2018年5月23日 三浦大知 すべりだい V.A.「アダムとイヴの林檎」(椎名林檎トリビュート・アルバム
2018年5月9日 SOIL&"PIMP"SESSIONS comrade feat. 三浦大知 SOIL&"PIMP"SESSIONS「DAPPER」
2018年9月26日 レキシ GOEMON feat. ビッグ門左衛門 レキシ「ムキシ」[172]
2018年12月5日 MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知 Rain Dance MIYAVI「SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide -」[173]

タイアップ編集

楽曲 タイアップ 収録作品
2005年 Keep It Goin' On TBS系「CDTV」3月度オープニングテーマ 1stシングル「Keep It Goin' On
Free Style vodafone vodafone live! BB CMソング 2ndシングル「Free Style
2006年 No Limit (PGR3 Version) Microsoft PGR3 CMソング 4thシングル「No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
2007年 Flag MBS・TBS系「ランキンの楽園」エンディングテーマ 5thシングル「Flag
2009年 Your Love feat.KREVA TBS系「あらびき団」2・3月度エンディングテーマ 7thシングル「Your Love feat.KREVA
Delete My Memories 日本テレビポシュレデパート深夜店」5月オープニングテーマ 8thシングル「Delete My Memories
2010年 The Answer テレビ朝日系「Future Tracks→R」8月度 エンディング・トラック 9thシングル「The Answer
Lullaby テレビ東京「女子☆ブロ」エンディングテーマ (12月・1月度)
テレビ朝日系「FutureTracks→R」12月度 オープニング・トラック
10thシングル「Lullaby
2011年 Touch Me テレビ東京系「流派-R」5月度オープニングトラック 配信シングル「Touch Me
Turn Off The Light テレビ東京系「流派-R」8月度エンディングトラック
テレビ東京系「SHOWBIZ COUNTDOWN」8月度エンディングテーマ
11thシングル「Turn Off The Light
Black Hole テレビ東京系「流派-R」12月エンディングトラック 3rdアルバム「D.M.
SHOUT IT テレビ東京系「流派-R」11月エンディングトラック
2012年 Two Hearts テレビ朝日系ドラマ「Answer〜警視庁検証捜査官」主題歌 12thシングル「Two Hearts
Elevator テレビ東京系「流派‐R」8月度オープニングトラック 配信シングル「Elevator
Right Now テレビ朝日系「musicるTV」12月度オープニングテーマ 13thシングル「Right Now/Voice
Voice ネスレ キットカット オトナの甘さ CMソング
2013年 GO FOR IT レコチョク 7月度 CMソング
フジテレビ系「怪生伝」第二章エンディングテーマ
14thシングル「GO FOR IT
Twinkle Shiny Star TOKYO CITY KEIBA・トゥインクルレース CMソング
Half of You ネスレ キットカット オトナの甘さ CMソング
2014年 Anchor TBS系金曜ドラマ「夜のせんせい」主題歌 15thシングル「Anchor
ふれあうだけで 〜Always with you〜 NIVEAブランド・2014年テレビCMソング 16thシングル
ふれあうだけで 〜Always with you〜/IT'S THE RIGHT TIME
IT'S THE RIGHT TIME 日本テレビ系アニメ「寄生獣 セイの格率」エンディングテーマ
Bring It Down dビデオオリジナルドラマ「ハング」主題歌
2015年 Unlock フジテレビ系ドラマ「ゴーストライター」オープニングテーマ 17thシングル「Unlock
music 日本工学院2015テレビCMソング
TBS系テレビ「ひるおび!」7月度エンディングテーマ
18thシングル「music
2016年 Cry & Fight 日本テレビ系バラエティ「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」4月度エンディングテーマ 19thシングル「Cry & Fight
(RE)PLAY Red Bull BC One World Final 2016 テーマソング
フジテレビウチくる!?」12月&1月度エンディング曲
20thシングル「(RE)PLAY
EXCITE テレビ朝日系ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」主題歌[174] 21stシングル「EXCITE
2017年 Rise Up feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS オリオンビール社 数量限定販売商品「サザンスターサマーエディション2017」CMソング 6thアルバム「HIT
Life is Beautiful 映画「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」主題歌 22ndシングル「U
U 日本テレビ系ドラマ「脳にスマホが埋められた!」主題歌
2018年 Be Myself サントリー食品インターナショナル社 「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」CM起用およびCMソング 23rdシングル「Be Myself
Blizzard 映画「ドラゴンボール超 ブロリー」主題歌 24thシングル「Blizzard
2019年 片隅 日本テレビ系ドラマ「白衣の戦士!」挿入歌 25thシングル「片隅 / Corner

ライブ/ライブツアー編集

※単独公演のみ記載

タイトル 規模・月日・会場
2005年 LIVE「Chapter-0」
LIVE「Chapter-1」
2006年 LIVE「Chapter-2 "D-ROCK with U"」
D-ROCK JAM supported dowango
2007年 三浦大知 LIVE
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2007
HAMAKAZE LIVE'07 BY Daichi Miura
2009年 DAICHI MIURA LIVE 2009 "Our Love"
DAICHI MIURA SUMMER SEMINAR '09 〜Encore of Our Love
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2009 "Who's The Man"
DAICHI MIURA “Who's The Man:Returns”[175]
2010年 DAICHI MIURA LIVE 2010 〜Emotion〜
DAICHI MIURA SUMMER SEMINAR '10 〜The Answer〜
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010 〜GRAVITY〜
DAICHI MIURA “Zero GRAVITY”[176]
2011年 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2011 〜Synesthesia〜
2012年 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2012「D.M.」
DAICHI MIURA "exTime Tour 2012"
2013年 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013-Door to the unknown-
DAICHI MIURA SPECIAL LIVE IN SETSUNAN UNIV.
2014年 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2014「The Entertainer」
三浦大知 Special Live in 出雲大社
DAICHI MIURA FANCLUB EVENT 2014
2015年 DAICHI MIURA FANCLUB EVENT 2015
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2015“FEVER”
2016年 DAICHI MIURA FANCLUB EVENT 2016
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2016 (RE)PLAY
2017年 三浦大知 Special Live in 中城城
AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE in 三浦大知
DAICHI MIURA FANCLUB EVENT 2017
DAICHI MIURA FREE LIVE “U” supported by uP!!!
DAICHI MIURA BEST HIT TOUR 2017
2018年 ”完全独演”公演「球体
DAICHI MIURA LIVE 2018 ONE END TOUR

交友関係編集

2017年10月8日に大宮ソニックシティ大ホールで行われたDAICHI MIURA BEST HIT TOUR 2017に参加した。これは三浦からのオファーによる出演であり、岡村はこのライブのために2か月に及んでダンスの練習をしていた。
10月14日に「めちゃ²イケてるッ!」にて「ダンシングヒーローでゴイゴイスーペシャル!!」と題し放送された。[178]
本編以外にも3回、「めちゃ²イケてるッ!」にて番外編が放送された。
  • 2017年10月11日、めちゃ²イケてるッ!岡村オファー最新作で超難関ダンス特訓スペシャル<Tナイト>
  • 2017年10月14日、めちゃ²イケてるッ!ダンシングヒーローでゴイゴイスーペシャル
  • 2017年10月28日、めちゃ²イケてるッ!岡村隆史×三浦大知オファーSP完全版 最高難易度「Cry&Fight」の奇跡再び
  • 2017年11月4日、めちゃ²イケてるッ!2017めちゃイケハロウィーンSP ダンス界のヒーローVS悪役界のヒーロー?
2018年10月28日には「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in 横浜アリーナ2018」に三浦がゲスト出演した[179]
「MUSIC STATION SUPER LIVE 2017」のリハーサル日に楽屋が隣で三浦がの鼻歌で「Family Song」歌っていたところを星野に聞かれたことがきっかけで挨拶を交わし[180]、その後星野のAERAでの連載「ふたりきりで話そう」にゲストとして登場[181]し、友人関係になる[180]。また、星野の冠番組「星野源のオールナイトニッポン」の第101回に三浦がゲスト出演する[182]
2018年8月20日にリリースされた星野の配信限定シングル「アイデア」のMVにおけるダンスシーンの振付を三浦が担当。三浦が他アーティストの振付を担当するのは初[183]。なお、同MVに一瞬だけ三浦が映っている[184]
8月20日にNHKで放映された星野の冠番組である音楽番組「おげんさんといっしょ」に、星野演じる「おげんさん」の次男役として三浦本人が出演し[185]、アイデアのMVの撮影風景が流されるとともに、撮影秘話が語られた。

書籍編集

出演編集

テレビドラマ編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2017年(平成29年)/第68回[187] 三浦大知 紅白スペシャル[注釈 1] 9/23 TWICE
2018年(平成30年)/第69回 2 Be Myself 〜紅白スペシャル〜 19/22 aiko

CM編集

ラジオ編集

ブランドモデル編集

  • ダンスウェア・ブランド「ADPJ」(エーディーピージェー)ブランドモデルに就任(2016年9月)[195]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ Cry & Fight」「EXCITE」を順に披露。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 三浦大知の13年間。これを読めばわかる、ブレイクまでの軌跡”. CINRA.NET. 2019年8月8日閲覧。
  2. ^ a b “関係者が語る星野 源の思考の跡。”. ダ・ヴィンチ (株式会社KADOKAWA) 25 (12): 27. (2018-12-6). 
  3. ^ “式典で三浦大知さん熱唱 両陛下が合作した沖縄の思い出”. 朝日新聞社. (2019-2-24 20:10). https://www.asahi.com/articles/ASM2L4SVKM2LUTIL00Y.html 
  4. ^ “三浦大知のスキルとセンスが炸裂。「球体」独演の世界同時フル上映が必然だった理由について”. 株式会社ロッキング・オン. (2018年12月25日13:10). https://rockinon.com/news/detail/182658 
  5. ^ a b “MISIAは「和製マイケル」と評価/三浦大知メモ”. 日刊スポーツ. (2017-3-12 7:42). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1790950.html 
  6. ^ 大知識
  7. ^ a b c 三浦大知、転機となったのは松本人志の作詞曲”. オリコン. 2015年7月3日閲覧。
  8. ^ 三浦大知、ソロ7年目で人気急伸の理由 ORICON BiZ online、2012年6月25日
  9. ^ 【あなたの人生のスパイスは?】<第1回>三浦大知”. 株式会社イープラス (2017年4月15日). 2019-8-4閲覧。
  10. ^ a b 三浦大知/日本武道館”. rockinon.com. 2019年8月5日閲覧。
  11. ^ 三浦大知、代々木第一体育館公演で新たな最高到達点へ「音楽でつながってくれて本当にありがとう!」”. musicman-net. 2019年8月5日閲覧。
  12. ^ 【ライブレポート】三浦大知の10周年FEVERツアー終了。「みなさんとの思い出が、三浦大知を歌わせるパワーの源」”. BARKS. 2019年8月5日閲覧。
  13. ^ 三浦大知、雨の中で見せたエンターテインメントの力!  代々木公園フリーライブレポート”. Real Sound. 2019年8月5日閲覧。
  14. ^ “最新ナンバーからデビュー曲まで、三浦大知が引くほど歌って踊った六本木の夜”. 株式会社ナターシャ. (2017-4-16 15:25). https://natalie.mu/music/news/228986 
  15. ^ アーティスト 三浦大知さん|進路新聞バックナンバー|進路ナビ
  16. ^ Mst_comのツイート(827478988171849729)
  17. ^ 三浦大知 - LIVE ON RADIO 2010年10月9日
  18. ^ 噂の大型新人、三浦大知ついにデビュー! INTERVIEW編(1/2)”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2005年3月28日). 2018年4月6日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k BIOGRAPHY”. avex. 2019年8月4日閲覧。
  20. ^ VISION FESTA Vol.3ライブレポート”. 2019年8月4日閲覧。
  21. ^ VISION FESTA Vol.4ライブレポート”. 2019年8月4日閲覧。
  22. ^ a b “三浦大知4年間の沈黙を破り再始動!”. (2005-1-20 12:37). https://www.barks.jp/news/?id=1000004991 
  23. ^ “大型新人の三浦大知、デビュー前に早くも全国ツアー決定!”. (2005-3-11 8:47). https://www.barks.jp/news/?id=1000006138 
  24. ^ “三浦大知、話題のシングルの全貌を語る!”. (2005年10月12日00:00). https://www.oricon.co.jp/news/5146/full/ 
  25. ^ “三浦大知、新曲リリース! ライヴ招待も!”. BARKS. (2006-1-10 11:49). Lay summary 
  26. ^ “三浦大知、新曲リリース! ライヴ招待も!”. (2006-1-10 11:49). https://www.barks.jp/news/?id=1000017089 
  27. ^ a b “三浦大知、ライヴDVD発売! 読者レポートも到着!”. BARKS. (2006-3-28 17:00). https://www.barks.jp/news/?id=1000017827 
  28. ^ “[三浦大知 全国8都市の春ツアー決定”]. 株式会社ナターシャ. (2007年4月5日22:35). https://natalie.mu/music/news/1176 
  29. ^ “[三浦大知 最新型ハウスチューンをリリース”]. (2007-4-17 10:44). https://natalie.mu/music/news/1383 
  30. ^ “[三浦大知 3年越しの夢かなえニューヨークへ”]. (2007-7-24 21:45). https://natalie.mu/music/news/2785 
  31. ^ 三浦大知、ニューヨークライブ!”. ameba. 2019年8月2日閲覧。
  32. ^ “三浦大知をFORCE OF NATUREのKENTがリミックス”. 株式会社ナターシャ. (2008-6-26 22:52). https://natalie.mu/music/news/7966 
  33. ^ “三浦大知、約1年振りのシングルリリース決定”. (2008-5-30 20:27) 
  34. ^ “オトナになった三浦大知、新作は本格派R&Bチューン”. 株式会社ナターシャ. (2008-6-19 20:40). https://natalie.mu/music/news/7821 
  35. ^ “「a-nation'08」に安室、あゆ、レミオロメン他登場”. 株式会社ナターシャ. (2008-6-19 14:51). https://natalie.mu/music/news/7813 
  36. ^ 三浦大知 「a-nation'08」”. RISINGPRODUCTIONch(youtube). 2019年8月3日閲覧。
  37. ^ “DJ KOMORIが邦楽R&Bの本質を問うミックスCD”. 株式会社ナターシャ. (2008年11月19日21:27). https://natalie.mu/music/news/11108 
  38. ^ “天才三浦大知と、国民的ラップスターKREVAのコラボ、早くも話題”. (2009年2月9日13:53). https://www.barks.jp/news/?id=1000046918 
  39. ^ “三浦大知ニューシングルでKREVAの強烈ラップ炸裂”. 株式会社ナターシャ. (2008年12月18日18:28). https://natalie.mu/music/news/11925 
  40. ^ “ユニコーン、大知×KREVA、シギら「MJ」登場”. 株式会社ナターシャ. (2009-2-12 12:19). https://natalie.mu/music/news/13331 
  41. ^ “KREVA、陽性の感動を生み出す<意味深2>のパフォーマンス”. BARKS. (2009-4-26 18:23). https://www.barks.jp/news/?id=1000048971 
  42. ^ “KREVA「意味深2」で新境地発揮&新曲初公開”. KREVA「意味深2」で新境地発揮&新曲初公開. (2009-4-20 17:11). https://natalie.mu/music/news/15659 
  43. ^ “三浦大知の新作シングルは切なさ全開高速エレクトロ”. 株式会社ナターシャ. (2009-3-25 19:09). https://natalie.mu/music/news/14736 
  44. ^ “DA PUMP、三浦大知が豪華海外R&Bアーティストと競演”. 株式会社ナターシャ. (2009-5-14 17:32). https://natalie.mu/music/news/16472 
  45. ^ “三浦大知&DA PUMP“日本代表”の圧巻ライブを披露”. 株式会社ナターシャ. (2009-6-20 14:02). https://natalie.mu/music/news/17836 
  46. ^ “三浦大知、ゲストにKREVA迎えて赤坂BLITZ熱狂ライブ”. 株式会社ナターシャ. (2009-7-27 21:16). https://natalie.mu/music/news/19153 
  47. ^ “三浦大知が3年ぶりアルバム&赤坂ライブDVD同時発売”. 株式会社ナターシャ. (2009-8-18 21:35). https://natalie.mu/music/news/20074 
  48. ^ “三浦大知のフリースタイルを堪能できる新曲PV完成”. 株式会社ナターシャ. (2009年9月5日15:04). https://natalie.mu/music/news/20813 
  49. ^ “三浦大知、魅惑の歌声&ダンスで1000人を魅了”. 株式会社ナターシャ. (2009-9-18 15:15). https://natalie.mu/music/news/21359 
  50. ^ “ディズニーの名曲をJ-POPアーティスト12組がR&Bカバー”. 株式会社ナターシャ. (2009年11月20日18:49). https://natalie.mu/music/news/24065 
  51. ^ “スペシャ「MUSIC VIDEO AWARDS」ノミネート70作品発表”. 株式会社ナターシャ. (2010年2月1日15:00). https://natalie.mu/music/news/27101 
  52. ^ “BoA、ニューアルバムで三浦大知と初コラボレーション”. 株式会社ナターシャ. (2009年12月23日17:07). https://natalie.mu/music/news/25569 
  53. ^ “今井了介、寺岡呼人、いしわたり淳治のBLITZ3本勝負”. 株式会社ナターシャ. (2010-1-25 13:17). https://natalie.mu/music/news/26779 
  54. ^ “三浦大知、5カ月ぶり単独ライブをAX&BIG CATで実施”. 株式会社ナターシャ. (2010-3-12 11:42). https://natalie.mu/music/news/28930 
  55. ^ “w-inds.、DA PUMP、Lead、三浦大知ら総勢81人が大合唱”. 株式会社ナターシャ. (2010年6月8日19:35). https://natalie.mu/music/news/32981 
  56. ^ “マイケル・ジャクソン映画公開を記念し、三浦大知がMJをパフォーマンス”. (2010-6-24 22:26). https://www.barks.jp/news/?id=1000062177 
  57. ^ ““和製マイケル”三浦大知、MJ元マネージャーから実力認められる”. (2010年6月24日20:45). https://www.oricon.co.jp/news/77514/full/ 
  58. ^ “KREVA、挑戦に満ちた「意味深3」でレア曲&未発表曲披露”. 株式会社ナターシャ. (2010-10-20 1:12). https://natalie.mu/music/news/39127 
  59. ^ “<意味深3>でみせたKREVAの伝説、小室哲哉も登場”. BARKS. (2010-10-20 1:12). https://www.barks.jp/news/?id=1000065001 
  60. ^ “J-WAVE秋ライブにケミ、さかい、秦、hiroko、大知登場”. 株式会社ナターシャ. (2010年10月25日). https://natalie.mu/music/news/39567 
  61. ^ “三浦大知、秋冬に全国10都市ライブツアー決定”. 株式会社ナターシャ. (2010-8-22 13:05). https://natalie.mu/music/news/36488 
  62. ^ “三浦大知、10thシングルは大人も聴ける子守唄バラード”. 株式会社ナターシャ. (2010年10月25日21:09). https://natalie.mu/music/news/39582 
  63. ^ “未成年歓迎の野外ダンスフェス『響 MUSIC FESTIVAL』にTOWA TEI、中田ヤスタカら”. (2011年4月22日15:04). https://www.cinra.net/news/2011/04/22/154406.php 
  64. ^ “未成年歓迎!響フェスにTOWA TEI、ヤスタカ、三浦大知ら”. 株式会社ナターシャ. (2011年4月22日12:27). https://natalie.mu/music/news/48317 
  65. ^ “「TOKAI SUMMIT」にSEAMO、mihimaru、三浦大知ら出演”. 株式会社ナターシャ. (2011-4-18 20:01). https://natalie.mu/music/news/48067 
  66. ^ “三浦大知、JAY'EDら男性R&B歌手11組がコラボアルバム”. 株式会社ナターシャ. (2011年8月3日19:44). https://natalie.mu/music/news/54186 
  67. ^ “三浦大知、新曲はlecca作詞作曲&自身振り付けの会心作”. 株式会社ナターシャ. (2011-8-12 15:04). https://natalie.mu/music/news/54704 
  68. ^ “恒例「R-Festa」でKGDR、ミリヤ、らっぷびとら23組競演”. 株式会社ナターシャ. (2011年9月6日21:41). https://natalie.mu/music/news/56079 
  69. ^ “KREVA「5」づくしアルバムに阿部真央、三浦大知が参加”. 株式会社ナターシャ. (2011年8月1日17:26). https://natalie.mu/music/news/54050 
  70. ^ “J-WAVE秋ライブにBoA、スキマ、大知、ケミ川畑、クリケイ”. 株式会社ナターシャ. (2011-8-27 14:00). https://natalie.mu/music/news/55466 
  71. ^ “ピアノ“押し語り”も披露、KREVA武道館で怒涛の攻めライブ”. 株式会社ナターシャ. (2011年10月31日23:22). https://natalie.mu/music/news/58919 
  72. ^ “三浦大知ツアーファイナルで3rdアルバム「D.M.」発売告知”. 株式会社ナターシャ. (2011年10月11日22:36). https://natalie.mu/music/news/57897 
  73. ^ “KREVA、SEEDA、アジカン後藤ら参加チャリティ曲発売”. 株式会社ナターシャ. (2011年10月31日21:02). https://natalie.mu/music/news/58926 
  74. ^ “代々木Xmasライブにレミオ藤巻、AKB48、ファンモン追加”. 株式会社ナターシャ. (2011年11月22日10:27). https://natalie.mu/music/news/60003 
  75. ^ “代々木Xmasライブにきゃりぱみゅ、SPYAIR、三浦大知ら追加”. 株式会社ナターシャ. (2011年11月14日19:08). https://natalie.mu/music/news/59619 
  76. ^ “三浦大知 新曲がテレ朝新ドラマの主題歌に”. ビルボード・ジャパン. (2012年3月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/4568/2 
  77. ^ “三浦大知、来年5月に初の日本武道館ワンマン開催”. 株式会社ナターシャ. (2011年11月14日20:50). https://natalie.mu/music/news/59621 
  78. ^ “三浦大知、初の日本武道館公演を開催。「今ここがまた新しいスタート地点」”. (2012年5月4日17:00) 
  79. ^ “代々木体育館『J-WAVE LIVE 2000+12』にカエラ、THE BAWDIES、スガシカオら”. (2012年5月18日12:05). https://www.cinra.net/news/2012/05/18/121339.php 
  80. ^ “<J-WAVE LIVE 2000+12>、13アーティストの熱き競演”. (2012年9月3日11:24). https://www.barks.jp/news/?id=1000082877 
  81. ^ “三浦大知 | COUNTDOWN JAPAN 12/13 | クイックレポート”. (2012年12月31日). https://rockinon.com/quick/cdj1213/detail/76641 
  82. ^ “『CDJ 12/13』第4弾でPerfume、くるり、星野源、きゃりー、吉川晃司ら32組追加”. (2012年11月2日21:11) 
  83. ^ “クインシー・ジョーンズ、来日公演に参加する日本アーティスト決定”. (2013年6月14日18:00). https://www.barks.jp/news/?id=1000091314 
  84. ^ [https://okmusic.jp/news/23681 “感動のフィナーレ!クインシー・ジョ ーンズ32年振りの来日公演レポート”]. (2013年8月2日20:00). https://okmusic.jp/news/23681 
  85. ^ “代々木体育館3DAYS『J-WAVE LIVE 2000+13』にBAWDIES、サカナ、きゃりーら13組”. (2013年5月16日12:05). https://www.cinra.net/news/2013/05/16/122938.php 
  86. ^ 【ライブレポート】1万2000人が興奮、熱狂、そして感動。三浦大知が初の横浜アリーナ単独公演を開催。アルバム11月決定もサプライズ報告”. BARKS. 2019年8月2日閲覧。
  87. ^ a b “三浦大知、ドラマ主題歌シングル化&春の20公演ツアー発表”. 株式会社ナターシャ. (2014年1月17日). https://natalie.mu/music/news/107965 
  88. ^ “三浦大知、本日ホワイトデーに洋楽カバーアルバム急遽配信”. 株式会社ナタリー. (2014-3-14 11:34). https://natalie.mu/music/news/111993 
  89. ^ “大阪城ホールにスガ、ウルフルズ、高橋優、矢野顕子ら集結”. 株式会社ナターシャ. (2014年4月1日13:40). https://natalie.mu/music/news/113453 
  90. ^ “lecca、2年連続<MTV VMAJ>最優秀レゲエビデオ賞を受賞”. (2014年6月16日18:04). https://www.barks.jp/news/?id=1000104612 
  91. ^ “KREVAベストに“ゴリゴリの四つ打ち”三浦大知コラボ曲”. 株式会社ナターシャ. (2014-5-13 11:54). https://natalie.mu/music/news/116476 
  92. ^ “「a-nation」開催決定、初のシンガポール+台湾公演も”. 株式会社ナターシャ. (2014-5-14 17:41). https://natalie.mu/music/news/116578 
  93. ^ “「J-WAVE LIVE」第1弾発表でスガシカオ、秦、ミリヤら”. 株式会社ナターシャ. (2014-5-22 12:00). https://natalie.mu/music/news/117179 
  94. ^ “「私とドリカム2」にモンパチ、大森靖子、NICO、JUJU、三浦大知ら”. (2015年2月18日). https://natalie.mu/music/news/138812 
  95. ^ “ドリカムカバー盤第2弾『私とドリカム2』に徳永英明、大森靖子、MONGOL800ら14組”. (2015年2月18日12:35). https://www.cinra.net/news/20150218-watashitodreamscometrue 
  96. ^ “アヴちゃん、Negiccoらが歌謡ショーに登場、リリー主催『ザンジバルナイト』”. (2015年4月9日12:39). https://www.cinra.net/news/20150409-zanzibarnight 
  97. ^ “「ザンジバルナイト2015」、追加発表にサンボ山口ら3組”. (2015年6月23日13:30). https://rockinon.com/news/detail/126206 
  98. ^ “真心や三浦大知ら出演「ザンジバルナイト2015」WOWOWで8/8放送”. (2015-7-27 20:45). https://www.musicman-net.com/artist/44395 
  99. ^ “『Shibuya StreetDance Week』初開催、SAMや三浦大知も登場”. (2015年11月17日19:02). https://www.cinra.net/news/20151117-streetdanceweek 
  100. ^ “三浦大知、<SSDW>のフラッシュモブにサプライズ出演決定。本人による「music」振付動画も公開”. (2015年11月10日22:12). https://www.barks.jp/news/?id=1000121445 
  101. ^ “次週「Mステ」にRADIO FISH再び”. (2016年4月30日). https://natalie.mu/owarai/news/185637 
  102. ^ “次週「Mステ」にT.M.R.、aiko、三浦大知、RADIO FISH”. (2016年4月29日). https://natalie.mu/music/news/185631 
  103. ^ “RHYMESTER主催『人間交差点』にKOHH、RIP、三浦大知、モンパチ追加”. (2016年3月7日12:35). https://www.cinra.net/news/20160307-ningenkousaten 
  104. ^ 【ライブレポート】「人間交差点2016」に三浦大知が登場。話題のパフォーマンスを披露!”. WWS JAPAN 株式会社. 2019年8月2日閲覧。
  105. ^ “「MTV VMAJ 2016」宇多田ヒカルとBABYMETALが最多2冠を獲得”. (2016年10月27日21:15). https://www.musicman-net.com/artist/56738 
  106. ^ “三浦大知が新曲"(RE)PLAY"のミュージックビデオ公開。豪華ダンサー陣も集結したダンサーズアンセム”. FNMNL(フェノメナル). (2016年11月4日). https://fnmnl.tv/2016/11/04/12707 
  107. ^ “三浦大知インタビュー ー (RE)PLAYし続けて、自分の可能性を追い求める”. FNMNL(フェノメナル). (2016年12月7日). https://fnmnl.tv/2016/12/07/16617 
  108. ^ 三浦大知、代々木で初ワンマン1万2千動員
  109. ^ “三浦大知「関ジャム」振り付け特集第2弾でダンスへのこだわり語る”. 株式会社ナターシャ. (2017年1月21日). https://natalie.mu/music/news/217765 
  110. ^ “次回「Mステ」にYUKI、水カン、大知、A.B.C-Z、スキマ、リトグリ”. 株式会社ナターシャ. (2017-1-27 21:23). https://natalie.mu/music/news/218596 
  111. ^ “NHK福岡「ダイスキ!フェス」で藤原さくら、ブルエンらが若者にエール”. 株式会社ナターシャ. (2017-2-14 12:54). https://natalie.mu/music/news/220657 
  112. ^ “三浦大知『HIT』リリースインタビュー | 僕の一番の理想は流行りすぎないこと”. FNMNL(フェノメナル). (2017年4月4日). https://fnmnl.tv/2017/04/04/26910 
  113. ^ “三浦大知ニューアルバム『HIT』は 夜明け前のグッドミュージック”. FNMNL(フェノメナル). (2017年3月22日). https://fnmnl.tv/2017/03/22/25684 
  114. ^ “三浦大知、6thフルアルバム&初の代々木体育館ワンマン収めたライブDVD/BD同時リリース”. 株式会社ナターシャ. (2017-1-22 22:00). https://natalie.mu/music/news/217844 
  115. ^ [1][リンク切れ]
  116. ^ “金爆、ももクロ、山本彩、大知、SECONDらがAbemaTVの1周年記念ライブ”. 株式会社ナターシャ. (2017年2月9日15:32). https://natalie.mu/music/news/220083 
  117. ^ “三浦大知、各回260名限定の招待制アコースティックライブ”. 株式会社ナターシャ. (2017年2月24日 19:31). https://natalie.mu/music/news/222202 
  118. ^ “「47歳岡村隆史を全部出し切った」岡村オファーシリーズ、三浦大知とコラボ”. 株式会社ナターシャ. (2017-10-9 21:00). https://natalie.mu/owarai/news/252022 
  119. ^ “紅白初出場の三浦大知、無音シンクロダンスを披露「いよいよと実感」”. 株式会社ナターシャ. (2017年12月29日19:13). https://natalie.mu/music/news/263438 
  120. ^ “ミュージック・マガジン3月号で「三浦大知」と「アジアのヒップホップ最前線」を特集”. FNMNL(フェノメナル). (2018年2月20日). https://fnmnl.tv/2018/02/20/47784 
  121. ^ “【特集】三浦大知 『BEST』| 三浦大知のビートヒストリー”. FNMNL(フェノメナル). (2018年3月7日). https://fnmnl.tv/2018/03/07/48715 
  122. ^ 新生「NHKワールド JAPAN」4月よりスタート!NHK WORLD - JAPAN
  123. ^ “SOIL&"PIMP"SESSIONSが三浦大知をフィーチャーした"comrade"のミュージックビデオを公開”. (2018年4月25日). https://fnmnl.tv/2018/04/25/51724 
  124. ^ “【レビュー】三浦大知『球体』の衝撃 | 新たなリスナーにまで訴えかける、ポップスの傑作”. FNMNL(フェノメナル). (2018年7月20日). https://fnmnl.tv/2018/07/20/56475 
  125. ^ “SOILツアーファイナルゲストに三浦大知、Shun Ikegai、Kiala Ogawa”. 株式会社ナターシャ. (2018年6月8日). https://natalie.mu/music/news/285895 
  126. ^ “三浦大知ニューシングル「Be Myself」の詳細発表、新アー写も公開”. (2018-7-26 11:15). https://natalie.mu/music/news/292710 
  127. ^ “KREVA、三浦大知や高畑充希らと“今日ここにしかない音色”響かせた「908 FESTIVAL」”. (2018年9月1日19:26). https://natalie.mu/music/news/297885 
  128. ^ “レキシ「ムキシ」特設サイトで試聴第2弾スタート、三浦大知コメントも”. (2018-9-11 12:02). https://natalie.mu/music/news/299128 
  129. ^ “小沢健二と三浦大知、銀座の真ん中で「麝香」セッション”. (2018-10-9 8:00). https://natalie.mu/music/news/302903 
  130. ^ “三浦大知が氷の世界で自分を解放、映画ドラゴンボール主題歌「Blizzard」MV”. (2018年12月11日11:25). https://natalie.mu/music/news/311629 
  131. ^ “三浦大知、ISSA兄ちゃんとの紅白共演を喜ぶ「一緒に出られてうれしい」”. (2018年12月29日15:30). https://natalie.mu/music/news/314429 
  132. ^ レキシ・イズム健在なままアリーナをくまなく笑顔にした驚愕のステージ、ビッグ門左衛門(三浦大知)も駆けつけた横浜アリーナ公演を振り返る”. spice. 2019年8月5日閲覧。
  133. ^ “三浦大知がニューバランスのアンバサダー就任、夢を持つ若者へ「すべてを楽しんで」”. (2019-2-13 20:25) 
  134. ^ 天皇陛下在位30年 記念式典で国民への感謝の思い - NHK NEWS WEB 2019年2月24日
  135. ^ 天皇陛下御在位三十年記念式典の細目について - 内閣官房内閣広報室 2019年1月17日内閣総理大臣決定
  136. ^ “三浦大知、最新LIVE DVDが6/20付けオリコンウィークリーBlu-rayランキング、音楽DVD・Blu-rayランキング2冠達成”. music.jp. (2019年6月21日). http://music-book.jp/music/news/news/272518 
  137. ^ “ATSUSHI「杉さんの活動に敬意」、三浦大知「すてきなイベント」”. (2019年7月30日05:03). https://www.sanspo.com/geino/news/20190730/geo19073005030003-n1.html 
  138. ^ “ATSUSHI、倖田來未、三浦大知が出演 杉良太郎プロデュース「日・ASEAN音楽祭」”. (2019年7月30日06:03). https://hochi.news/articles/20190730-OHT1T50016.html 
  139. ^ “7/28(日)開催「響きあうアジア2019」ASEAN-Japan Music Festival 2019 in VIETNAM -prayer for peace-参加決定!”. (2019年7月9日). https://avex.jp/daichi/news/detail.php?id=1074504 
  140. ^ “三浦大知、ニューバランスの新プロジェクト「Runs in the Family」に参加。ダンサーを目指す若者を応援”. (2019年8月2日12:38). https://www.barks.jp/news/?id=1000170223 
  141. ^ “三浦大知&ダンサー×ニューバランス 新企画『Runs in the Family』始動”. CINRA.NET. (2019年8月2日19:30). https://www.cinra.net/news/20190802-nb 
  142. ^ “ニューバランスのブランドアンバサダーに三浦大知とトップダンサーや若手ダンサーを起用した「Runs in the Family」が始動!”. エキサイトニュース. (2019年8月1日09:00). https://www.excite.co.jp/news/article/Qetic_325373/ 
  143. ^ “ブランドアンバサダー三浦大知さんと三浦さんを支えるトップダンサーや若手ダンサーを起用し「Runs in the Family」プロジェクト始動”. 産経新聞. (2019年8月2日10:19). https://www.sankei.com/economy/news/190802/prl1908020245-n1.html 
  144. ^ “New Balanceが三浦大知とコラボレートしてダンスシーンにフォーカスした新プロジェクトを始動”. FNMNL(フェノメナル). (2019年8月2日). https://fnmnl.tv/2019/08/02/78176 
  145. ^ “三浦大知「ダンサーはいち表現者としてもっと評価されていい」トップダンサーや若手ダンサーを起用した「Runs in the Family」プロジェクト始動”. music.jp. (2019年8月2日15:00). http://music-book.jp/music/news/news/293549 
  146. ^ “「蜜蜂と遠雷」シリーズ第3弾に三浦大知、家入レオ、松下優也、中村中、木村優一”. (2019年7月16日). https://natalie.mu/stage/news/339823 
  147. ^ “三浦大知、9月よりアリーナツアー開催”. (2019年6月12日). https://natalie.mu/music/news/335249 
  148. ^ “KREVA主催「908 FESTIVAL」今年も開催、出演者第1弾に三浦大知”. (2019-7-5 9:08). https://natalie.mu/music/news/338448 
  149. ^ A-Studio 三浦大知 2017年3月17日放回”. gooテレビ (2017年3月17日). 2018年4月3日閲覧。
  150. ^ 三浦大知と観劇DAY Archived 2014年8月21日, at the Wayback Machine.AKINA オフィシャルブログ
  151. ^ “ステージドリンク「三浦大知」はミルクティーで、星野源は?”. 光文社. (2018年4月28日). https://smart-flash.jp/entame/39676 
  152. ^ a b c d 三浦大知がヘッドセッドではなくハンドマイクにこだわる理由”. excite. 2018年8月4日閲覧。
  153. ^ 三浦大知、20年のキャリアを支えた身体論とは?”. 2019年8月4日閲覧。
  154. ^ ゲストは・・・三浦大知さん坂本美雨のディアフレンズ、2013年7月22日
  155. ^ チーム作りに大切なことは? 小島秀夫×三浦大知が語るゲーム、そしてクリエイティブ”. 2019年8月4日閲覧。
  156. ^ インタビューでゲームの話をさせてもらえない! ゲーマー三浦大知の悩み”. TBSラジオ. 2019年8月4日閲覧。
  157. ^ 三浦大知が選ぶダンスパフォーマンスがすごいアーティスト10選”. MEETIA. 2019年8月4日閲覧。
  158. ^ 三浦大知 『D.M.』”. タワーレコード. 2019-8-4閲覧。
  159. ^ “星野源と三浦大知 Ben L’Oncle Soul『Soulman』を語る”. (2019-8-4). https://miyearnzzlabo.com/archives/49680 
  160. ^ 三浦大知 『BEST』 ベストな選曲というよりもベストを尽くしてきた軌跡が追えるものとなったアルバム”. タワーレコード. 2019年8月4日閲覧。
  161. ^ 【インタビュー】三浦大知と雑談をしよう。後編 「みんなの“気づき”になりたいですね」BARKS、2013年2月18日
  162. ^ “三浦大知に第1子男児誕生「感謝の気持ちでいっぱいです」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2082888/full/ 2016年12月11日閲覧。 
  163. ^ a b 三浦大知 アルバム発売にKREVA、Rhymester、BoAらの応援コメントが続々到着 MUSICMAN-NET
  164. ^ 3rd ALBUM『D.M.』応援コメント到着! Archived 2013年12月15日, at the Wayback Machine. DAICHI MIURA OFFICIAL WEBSITE
  165. ^ BIOGRAHY Archived 2013年1月7日, at the Wayback Machine. DAICHI MIURA OFFICIAL WEBSITE
  166. ^ エンターテイナーの条件 武井壮(百獣の王)× 三浦大知(ミュージシャン)TOKYO PAPER for Culture 第13号、2016年7月27日発行
  167. ^ 「A-Studio」出演の三浦大知を笑福亭鶴瓶が絶賛。「グラミー賞にいちばん近い人」M-ON!MUSIC、2017年3月18日
  168. ^ 三浦大知の新曲がオリコンデイリーランキング1位、「仮面ライダー」TV主題歌で初”. マイナビニュース. マイナビ (2017年1月19日). 2017年1月24日閲覧。
  169. ^ “【オリコン】三浦大知、20年目で初首位「すごくうれしい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2084916/full/ 2017年1月24日閲覧。 
  170. ^ a b 配信限定
  171. ^ ゴスペラーズ黒沢薫ソロ10周年記念シングルの全貌が明らかに”. 音楽ナタリー (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  172. ^ レキシのニューアルバム特設サイトオープン、三浦大知参加曲など試聴スタート”. 音楽ナタリー (2018年9月2日). 2018年9月2日閲覧。
  173. ^ MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知、コラボ曲「Rain Dance」MV公開”. BARKS (2018年12月4日). 2018年12月14日閲覧。
  174. ^ “新・仮面ライダーに“ジュノンボーイ”飯島寛騎「憧れていたヒーロー」”. ORICON STYLE. (2016年8月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2077587/full/ 2016年8月30日閲覧。 
  175. ^ J-WAVE 「I A.M.」YEAR END SPECIAL LIVE
  176. ^ J-WAVE 「I A.M.」YEAR END SPECIAL LIVE
  177. ^ 「「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018 ONE END」9/30(日)愛知公演 延期日程・払戻し詳細のご案内” (2018年10月2日). 2018年10月2日閲覧。
  178. ^ 三浦大知が岡村隆史にオファー 『めちゃイケ』オファーシリーズでコラボ - 音楽ニュース : CINRA.NET”. 2017年10月14日閲覧。
  179. ^ “「岡村隆史のオールナイトニッポン」番組イベント、『U.S.A.』で1万2,500人が大盛り上がり!”. ニッポン放送. (2018-10-28 24:00). http://www.allnightnippon.com/news/20181029-32492/?cat=editorial-department&pg=okamura 
  180. ^ a b 星野源 ふたりきりで話そう. 朝日新聞出版. (2019-8-15). pp. 106-117. 
  181. ^ 星野源 official”. Twitter. 2019年8月8日閲覧。
  182. ^ 星野源のオールナイトニッポン|第101回 「 三浦大知さんを迎えて 」”. ニッポン放送. 2019年8月8日閲覧。
  183. ^ 星野源“アイデア”のMV振付は三浦大知が担当。昨日『おげんさんといっしょ』で発表”. rockin'on.com (2018年8月20日). 2018年8月25日閲覧。
  184. ^ 星野源、『半青』主題歌MVは「アイデア」満載 三浦大知参加にファン興奮”. ORICON NEWS (2018年8月20日). 2018年8月25日閲覧。
  185. ^ おげんさんといっしょ 出演者”. NHK (2018年8月20日). 2018年8月25日閲覧。
  186. ^ 満島ひかりニヤリ!三浦大知を「次はどこに引っ張り出そうかな」”. 芸能ニュース. サンケイスポーツ (2016年5月20日). 2018年8月19日閲覧。
  187. ^ “【紅白】出場歌手決定 安室の名前なし 初出場はHey!Say!、エレカシら10組”. ORICON NEWS. (2017年11月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2100731/full/ 2017年11月16日閲覧。 
  188. ^ 「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」 新TV-CM 『自然は、力だ。』篇オンエア開始”. サントリー食品インターナショナル (2018年8月17日). 2018年8月19日閲覧。
  189. ^ 三浦大知、大自然の力を即興ダンスで表現するサントリー新商品「PEAKER」CM”. ナタリー (2018年8月17日). 2018年8月19日閲覧。
  190. ^ 三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開”. cinra.net (2018年8月17日). 2018年8月19日閲覧。
  191. ^ 三浦大知、大自然のエナジーを即興ダンスで表現”. BARKS (2018年8月17日). 2018年8月19日閲覧。
  192. ^ 三浦大知、標高2800mの山頂で即興ダンス。「サントリー 南アルプス」新CMに出演”. rockin'on.com (2018年8月17日). 2018年8月19日閲覧。
  193. ^ JAPAN FM NETWORK OnAir 三浦大知 D-ROCK STATION
  194. ^ Active Life|K-mix ALWAYS BE WITH YOU Archived 2013年10月20日, at the Wayback Machine.
  195. ^ [2][リンク切れ]


外部リンク編集